2010年10月12日

初秋の付知峡

Nコン感想、講評といった検索ワードが来てはいるのですが、連休前半は練習、昨日は家族で森林浴に出かけたのでまだ録画したままのならずもので・・・(^^;)
Nコン課題曲は今年豊田の定演のステージ曲でもあるので、後日じっくり見たいと思います。


中津川の奥地、付知峡の不動滝。

IMG_1808.jpg


ものすごい水圧。水のパワーを存分に感じました。

IMG_1811.jpg


不動滝から森林浴を楽しみながら仙樽の滝へ。

IMG_1828-1.jpg

マイナスイオン満点のパワースポットです。
この谷から3人以上では渡れないつり橋を望む。

IMG_1826.jpg


高所恐怖症のワタシですが、ヒエ〜〜〜!!と叫びながら渡ってしまいました。

IMG_1830.jpg


秋の山道を行くイイ女?!

IMG_1838.jpg


楓からの木漏れ日が優しかった。
紅葉の頃はさぞかし美しいことでしょう。

IMG_1841.jpg

付知峡、お金をとっても十分いい程の絶景パワースポットです。
是非お出かけになってみて!
そして、お帰りには付知峡温泉おんぽいの湯へ立ち寄られることをオススメします。
下呂温泉〜昼神温泉のピキピキ感と、硫黄の成分で、お肌スベスベですよんぴかぴか(新しい)


IMG_1851.jpg

帰りは下呂経由で、飛騨牛の焼肉ハウス「和光」でやきにくぅ〜♪
このお店も昔からスキーの帰りによく立ち寄りました。
飛騨牛の味、サイコー♪

posted by ひろこ at 01:13| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

昼神温泉〜馬籠宿

IMG_1361.jpg

南信州・飯田市の水引工芸館「せきじま」に展示してある水引きでできた金の龍です。
高さ2メートルほどの、大きな作品。
水引きって、のし袋なんかについている水引きですよ。
よく見ると、龍のうろこの1つ1つに結び目があるのがわかります。
実演シアターでは職人さんが実際に水引きで鶴をあっという間に作ってしまう技を目の前で見せてもらえました。
ここでは、もうひとつのお目当てが・・・

IMG_1384.jpg

ここ「せきじま」にしか売っていない、<ざるそばだんご>。
おそばの生地の中に、そばつゆのあん、わさび、ねぎが入っていて、パックンと食べるとまさにざるそばなんです。
以前お友達にいただいて、もう一度食べたくてここまで来ました。やみつきになる味ですよ〜。

IMG_1359-1.jpg

泊まった宿は部屋にこんな囲炉裏のテーブルもあって、レトロな感じ。

IMG_1355.jpg

こんな電話でフロントにつながります。

昼神温泉から山を越えて、馬籠へ。

IMG_1368.jpg

お盆休みとあって大勢の観光客で賑わっていました。

IMG_1365.jpg

坂の上、恵那山の見渡せる見晴台には、この地で生まれ育った島崎藤村の句碑がありました。

「心を起さうと思はゞ先づ身を起こせ」 ニーチェの言葉より

藤村の紀行書「海へ」の副題につけられた句とのことです。
ここの見晴らしとこの言葉でとても元気になれました。

IMG_1364.jpg



posted by ひろこ at 00:36| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

富士山満喫。その2

IMG_3092.jpg

富士山見物旅行2日目、朝一で出かけたのが「芝桜まつり」。
混雑を避けるために9時の開園と同時に入ったのですが、ご覧の人混み。
駐車場、通路、トイレ、飲食ブース、どこもかしこも人・人・人・・・さすがGWピークの3日ですね。。。


IMG_3121.jpg

青木ヶ原にある洞窟、富岳風穴と鳴沢氷穴へ。
今から約1140年前(864年)に富士山の側火山・長尾山の爆発の際、溶岩流が流れ下ってできたのがこの二つのトンネル式洞窟。昭和4年に天然記念物の指定を受けています。
↑は富岳風穴を下りていくところ。洞窟内は3℃と、かなり寒い!夏場の観光はよさそうですね。


IMG_3122.jpg

天然の氷柱。


IMG_3124.jpg

昔は蚕の繭玉や、木の実を保存する天然の冷蔵庫として活用されていたらしい。


IMG_3119.jpg

青木ヶ原の木の根っこは、溶岩などの土壌からこんなふうにむき出しになっているところが多いようです。

IMG_3135.jpg

根っこがヘビにも見えたりして・・・ニョロ〜〜〜ン!(>0<)


IMG_3117.jpg

風穴入り口の売店にて、とうもろこしソフトクリームをゲット!
おいしかったよん♪


IMG_3137.jpg

↑は鳴沢氷穴。風穴から車で5〜10分程度の距離にありました。
ここもかなり下降していくと・・・

IMG_3141.jpg

こんな究極のルートも通ります。
かなりスリリング&上って帰る頃には、息切れ・・・(^^;)


IMG_3148.jpg

お昼ご飯は139号沿いの「あづま」と言うお蕎麦屋さんに入りました。
野菜の天ぷらざるそばをたのんだら、こごみやうどなど、春の山菜の天ぷらがあって(^^)お蕎麦も美味しくてゴキゲンでした。



IMG_3100.jpg

ご覧の風景、どこかで見覚えありませんか?
本栖湖から見た富士山。千円札の富士山とほぼ同じ位置ではないかと思われます。
千円札のような「逆さ富士」の光景には出会えませんでしたが、とても幻想的な富士山がここでは見られました。


帰りは河口湖ICまでがめちゃめちゃ混んでいたので、一宮御坂ICまで下道で行きましたが、とても早かった!関東方面へ帰る車が圧倒的に多かったから、名古屋方面は帰りはこのルートがゼッタイ早そう。
河口湖から自宅まで、渋滞もなく4時間弱で着きましたよ。東名へ回らなくて正解でした。



posted by ひろこ at 06:55| 岐阜 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

富士山満喫。

IMG_2967.jpg

富士山、見てきました〜!
いや〜最高でしたよ♪
「富士は日本一の山」ですね。こんなに際立って美しい山、世界中探しても富士山しかないんじゃないかな。
存在感、すごいわ〜がく〜(落胆した顔)
2日(土)の朝に出発し、中央道・岡谷ジャンクションまではノロノロ運転のところも何箇所かありましたが、サービスエリアでお昼ご飯を食べて、自宅から河口湖まで6時間弱。お昼過ぎには到着しましたから、さほどの渋滞ではありませんよね。(高速代はモチロン1000円!)
↑は、河口湖に着いて早々に乗ったモーターボートから見えた富士山。
このモーターボートが、またものすごいスピードで・・・スリル満点で楽しかった!(^^)また乗りたいな〜。


IMG_3153.jpg

ボート乗り場の桟橋にはこんなにカワイイ鴨ちゃんたちがお散歩してました。


IMG_2996.jpg

同じ河口湖でも、ボート乗り場やホテル、土産物屋のある人や車の多い観光ゾーンよりずっと西にある小海公園は、芝生の広がるとてもステキな公園でした。

IMG_3005.jpg

湖畔にある火山岩のかけらのような穴のあいた石を無心に投げて遊ぶ娘たち。


IMG_3011.jpg

そこから車を走らせ、山道をガンガン登っていったところにある紅葉台からの富士山。
この展望台は、かなり鄙びたレストランの屋上にありますが、意外にも有名芸能人の写真がたくさん飾られていました。
360度見渡せる、めちゃめちゃオススメのスポットです。


IMG_3016.jpg

展望台の西側に広がる青木ヶ原の樹海も見下ろせます。


IMG_3044.jpg

富士山の東側の裾野。裾野の美しさ・豊かさに見とれてしまいました。


IMG_3030.jpg

イエ〜〜イ!富士山パワーだ〜〜!


IMG_3045.jpg

展望台のある紅葉台から少し散策ルートを歩きました。目指すは「三湖台」。


IMG_3047.jpg

きれいな色の山野草もあちらこちらに。。。


IMG_3048.jpg

こんなハーフパイプ状の山道を登っていくと・・・


IMG_3049.jpg

広々〜とした原っぱに出ました。そして後ろを振り返ると・・・


IMG_3062.jpg

なんとも壮大な富士山!!
時代劇に出てきそうな風景で、この後ウチの姉妹はチャンバラごっこを楽しんでいました。
み「おぬし・・・いざ、勝負!」
さ「受けてたとう!」
二人「ヤァァ〜〜〜!! トォォ〜〜〜!!」


IMG_3050.jpg

三湖台、小鳥の泣き声しか聴こえないような、静かで最高にいい場所です。
また行きたいな〜。

(続く)


posted by ひろこ at 01:05| 岐阜 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

花見ランチ

IMG_2865.JPG

今日は絶好の花見日和でした。
稲沢の練習の後、メンバーの皆さんと稲沢公園へ花見ランチに行きました。


IMG_2861.JPG

さざんか名物、「さかいさんのおはぎ」
小豆も豆から炊かれたすべて手作りのおはぎですよ〜。素晴らしいでしょう!!
あんこ、きなこ、青のり、桜でんぷ、かぼちゃ、ココナッツプードル、けしの実。全7種類のおはぎ、めっちゃおいしいです♪
見た目もとても美しくて・・・私も作ってみた〜いと思いました。
さかいさん、ありがとうございました!


IMG_2867.JPG

青空と満開の桜。


IMG_2868-1.JPG

ハッピーなランチタイムでした。
コーラス仲間と過ごすこういう時間、とってもいいよね〜♪

posted by ひろこ at 20:16| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

なばなの里

IMG_2795.JPG

今日は久々の完全休業日。
子どもたちと子どものお友達と一緒に三重県長島のなばなの里へ行ってきました。
ご覧の通り、見事なチューリップ畑!
今日は風が強くて冷たい1日でしたが、美しい色とりどりの、お花のパワーで元気いっぱいになりました。

IMG_2797.JPG

IMG_2784.JPG

IMG_2803.JPG


IMG_2774.JPG

桜が3分〜5分咲きくらいでした。


IMG_2764.JPG

てへへ・・・(´▽`ゞ


IMG_2807.JPG

なんとなんと、巨大なちびまる子ちゃんとたまちゃんがぁぁぁ・・・!!


IMG_2816.JPG

強風に当たって冷えた身体を足湯で温めたらポカポカいい気分(温泉) 元気になりました。気持ちよかった〜。


IMG_2821.JPG

ここの名物「チューリップソフトクリーム」
とても品の良いフローラルなお味で、美味しかったです(^0^)。


IMG_2823.JPG

ちょっとふしぎな看板でしょ?
松阪牛と、たこ焼きと、あんかけ・・・
どんなものか、はじめ想像つかなくて、頼んでみたら、揚げたたこ焼きに、牛ミンチの和風あんかけのタレ(スープ)がとろ〜っとかかっていました。これも風変わりで美味しかったよ!

IMG_2825.JPG

帰りは伊勢湾岸道を走りました。
「名港トリトン」
名古屋港にかかる3つの大きな橋を渡ります。
手前から、名港西大橋(赤)、名港中央大橋(白)


IMG_2831.JPG

最後に青の名港東大橋。
アルファベットの「A」を象った3色の橋、お洒落ですよね〜。
景観はバツグン!道も広くて新しくて運転も快適!
絶好のドライブ日和となりました車(セダン)
posted by ひろこ at 18:10| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

飛騨小坂の春

IMG_1202.JPG

昨日・一昨日と大家族旅行で訪れた飛騨の春の風景をお届けします。


IMG_1194.JPG

飛騨小坂の道の駅「はなもも」前には子供達が入って遊べる川原があります。流れる小坂川は御岳からの雪解け水でもあるのでしょう、本当に透き通ってきれいです。


IMG_1203.JPG

はなももの花。今真っ盛りで、あちらこちらに咲いていました。この枝をよくご覧ください。2色の花が咲いています。はなももには、このように1本の木に2色の花の咲く品種もあるようです。めずらしいですね。


IMG_1205.JPG

約54,000年前の御岳の噴火により流出した溶岩が形成したといわれる「巌立峡(がんだてきょう)」。スケールの大きな岩壁です。


IMG_1206.JPG

巌立峡からの遊歩道。森林浴には最適です。これから円空が修行をした三ツ滝を目指します。


IMG_1214.JPG

三つの滝が連続して落ちる三ツ滝はマイナスイオンがいっぱい。
歩いていて気持ちよいはずです。


IMG_1213.JPG

三ツ滝です。写真ではわかりにくいかもしれませんが、ここはかなりの急斜面というか、絶壁に近いようなところです。足元の歩道の鉄板が老朽化してもろくなっていて、崩れたらどうしようかと冷や冷やしながら、スリル満点の散策でございました。
上から下までの3つの滝、わかりますか?


IMG_1173.JPG

私たちが泊まった湯屋温泉から歩いてでも行ける、「ふれあいの森」。
大自然の中でアスレチック。木製の遊具にきゃあきゃあ飛びつく娘たちと姪っ子たちでした。


IMG_1179.JPG

何かいるのかな?


IMG_1154.JPG

こちらはふれあいの森から歩いて降りたところにある郷土館。
江戸文政年間(1818〜1830年)に建てられた格式のある農家清原家のお屋敷です。
建物の中には囲炉裏の間や座敷などが当時のまま残されており、昔の野良道具や調度品などがたくさん展示されています。


IMG_1127.JPG

なんと、木製の足踏みオルガンです。
かなり古いものだと思われますが、鍵盤の上のところには「YAMAHA」「HAMAMATHU」としっかり書かれていました。
いつ頃のものだろう?


IMG_1149.JPG

となりの土蔵には、こんなたばこのリストが展示されていました。
「ゴールデンバット」とか、昔おじいちゃんにお使いにいかされた記憶があります。


IMG_1142.JPG

他にも木枕や手鏡など、時代劇の中で見るような昔の人たちが使われたものがいろいろ展示されています。
子供達も興味津々でした。
飛騨の春の食材をふんだんに使ったこの地方ならではのお料理もまた近々UPしようと思います。
お楽しみに!
posted by ひろこ at 09:19| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。