2014年07月29日

第30回 宝塚国際室内合唱コンクール 

7287.bmp

7月26日・27日と開催された宝塚国際室内合唱コンクール。
豊田市少年少女合唱団は、26日の本選・近現代部門にて銀賞を受賞し、全てのカテゴリーの中から8団体が選抜された27日の聴衆審査による無差別級グランプリ大会では第2位を獲得いたしました!!!

10523976_251670905032167_3016668131423982095_n.jpg

7289.bmp

7281.bmp

7285.bmp

豊田は本選ではコチャールの「Tel(冬)」「Szerelem emleke(愛の想い出)」「O havas erdo nemasaga(ああ、雪の森の静寂)」
グランプリ大会ではマーハ「Hoj,hura hoj!(おーい、山よ)」福島雄次郎:無伴奏女声合唱のための「南島歌遊び」より「その1 版画 ー 朝の祈り・収穫・憩い・陽気な娘たち」
を演奏しました。
本選は、初めて演奏するコンクール(ホール)ということで幾分硬くなっていたかも知れませんが、これまで積み重ねてきたことは十分発揮できた演奏になったと思います。
グランプリ大会の曲は、正直言ってあまり練習できていなかったため、当日は本番直前まで円陣を組んでリズムを合わせる練習をしていました。
いつにない緊張感を持って迎えた本番でしたが、ピリッとしたメンバーの表情がかえって集中した演奏につながったようでした。
またその日の午前中に講師の先生方からお一人ずつ講評をいただけたことも、グランプリ大会での演奏に生かすことができたと思います。
良い演奏ができて本当によかったですかわいいかわいいかわいい

審査結果などはこちらをご覧ください。
http://takarazuka-c.jp/page0328.html


宝塚駅前にはこのような歓迎の旗が・・・
72711.bmp

72814.JPG

7283.bmp

7286.bmp

72815.JPG/A>

72814.bmp

7288.bmp

7284.bmp

729.JPG

72812.bmp

お世話になった皆様、ありがとうございました!
posted by ひろこ at 01:42| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

今週末は宝塚

今週末の7月26日(土)、宝塚ベガホールで行われる宝塚国際室内合唱コンクール・近現代部門に、豊田市少年少女合唱団ユース20名が出場します。
このコンクールはこれまで何度か聴きにいったことはありますが、出場するのは私も初めて。
今年はその翌週の土日開催(8月2・3日)の全日本こどもコーラスフェスティバル(東京・昭和女子大学人見記念講堂他)で、豊田のメンバー75名が昨年末初演した信長先生の「ひびかせうた」の披露などで参加するため、同日開催の全日本コンクール県大会に出場できないこともあり、宝塚のコンクールにエントリーしました。本選では、コチャールの作品を演奏します。
先日のサボー先生のご指導や、プロムジカの演奏会をみんなで聴けたことがメンバーにとって良い刺激となったようで、マジャール語が生き生きと歌えるようになってきたのは嬉しいことです。
豊田の本番は14:40ごろの予定。よい演奏ができますようにかわいい

コンクールの参加団体等の情報 
http://takarazuka-c.jp/page0323.html

posted by ひろこ at 01:47| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロムジカ女声合唱団2014土岐公演

714.JPG

7月13日(日) 土岐市文化プラザ サンホール で行なわれたプロムジカ女声合唱団2014公演を聴きにいきました。
は、土岐市駅から徒歩移動中、遠足気分の豊田ユース。部活等で休日もこの時期何かと忙しいユースメンバーです。開演ギリギリにしか到着できなかったため、先に入場したリリアスの優しいお姉さまたちが20人分の席を確保していてくださいました。お姉さま方、ありがとうございましたm(_ _)m

7142.JPG

プログラムによると、今回は60曲以上のレパートリーを掲げて来日されたプロムジカ。
相変わらずの確実なピッチのセンスと、声・・・特に今年は低音が光っていましたね〜日本人はちょっとマネできない感じの声でした。サッカーもそうでしたが身体の大きさが根本的に違いますね。
土岐公演では、コダーイの曲をたくさん歌われました。
コダーイ「夕べの歌」カライ「夕暮れの歌声」タリク・オリーガン「アレルヤ」コチャール「愛の想い出」石丸寛「会津磐梯山」など、近年豊田でもやったことのある曲もたくさん演奏されたので、メンバーにはとても良い勉強になったと思います。

コンサートの後、幸運なことにサボー先生のレッスンを受けることができました。

7146.jpg

予定ではプロムジカ&歓迎演奏合唱団の皆さんとの交流会の後にレッスンということになっていましたが、先生のご意向により先にレッスン、ということになり、リハーサル室であわてて発声をしていると、コンサートを聴きにこられていた恩師の小泉孝先生ご夫妻、谷鈴代先生らが続々と聴講に来られて・・・メンバーよりも私が一番緊張していたかもです^^;
1時間という短い時間でしたが非常に中身の濃いレッスンになり、子どもたち共々貴重な経験ができました。
お世話になりました多治見西高校北野良徳先生はじめ西高卒業生の皆さま、岐阜県合唱連盟関係者の皆さま、ごとうだふきこさんはじめハンガリー合唱交流委員会の皆さま、そしてサボー先生、
本当にありがとうございました!!

posted by ひろこ at 01:13| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おかあさんコーラス中部支部大会

7147.JPG

7月6日(日) 福井県のハーモニーホールふくいにて、おかあさんコーラス中部支部大会が行われ、1週間前にコンサートを終えたばかりのコールリリアスが出場しました。
は、本番を終えたメンバーです。ハーモニーホールの建物と、右側の赤いオブジェ、こうしてみると恐竜にようにも見えますね。
中部支部の規定により、前年全国大会に出場した団体は全国推薦対象外ということになっているため、昨年全国大会に出させていただいたリリアスも無論ヴィーナス対象外。
なのに、翌々日の朝日新聞朝刊(翌日が新聞休刊日だったため)の記事には、「愛知県の3団体全国出場逃す」との見出しで・・・その3団体は全て昨年全国出場したにも関わらず・・・おもけに本文にも「愛知県から出場した3団体はいずれも全国出場を逃した」と書かれてしまい・・・いやいや、これにはまいりました〜あちらこちらで、リリアスさん残念でしたね、と言われるのにいちいち説明していかねばならず・・・
翌日水曜日の朝刊にはお詫び・訂正の記事が載りましたが・・・天下の朝日新聞社主催の大会ですからね〜ちゃんと関係者に取材をして記事というものは書いていただきたいですよね。ちょっとびっくりな感じの出来事でした。

こちらは大会当日各合唱団に配られた特別号外です。このサービスはうれしかったですね

7145.JPG

帰りのバスの中では事前に注文しておいた<かにめし>とノンアルコールビールで、ささやかな北陸路の楽しみを味わいました。

7144.JPG

1週間前のお疲れ様プチ親睦旅行を兼ねた大会となりました。
2週連続で大変でしたけど、素晴らしいホールで歌えたことは身体に残るものがあるはずです。それを大事にしていきたいですね。


posted by ひろこ at 00:30| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

コール リリアス 5thコンサート終了。

6281.jpg800.jpg

先週末に開催されたコールリリアス5thコンサート。
心配された雨の影響もなく多くのお客様に恵まれ、15周年記念として客演指揮にお招きした大谷研二先生のお力添えあって、生涯思い出に残る感動的な雰囲気の中無事終了することができました。
ご来聴賜りました皆様、本当にありがとうございました。


T.北欧のア・カペラ作品

6283.jpg800.jpg

ホールいっぱいのお客様を前に初めはちょっと緊張したね〜(*^^*)

V.日本のうたア・ラ・カルト

6284.jpg800.jpg

お客様と一緒に「ほたるこい」と「たなばたさま」を歌いました。
皆さん楽しそうに歌ってくださったのが何よりでした

6282.jpg800.jpg

ウィーン楽友協会、大阪フェスティバルホール、そして最後は名古屋しらかわホール・・・
この衣装で世界屈指の憧れのステージに立つことができました。


W.女声合唱とピアノのための「くちびるに歌を」




6289.jpg

私たち歌う者も聴衆も魅了する大谷先生の渾身のパフォーマンス、
指揮に導かれ優しく包み込むような柴田先生のピアノ、
素晴らしい指揮者とピアニストとの共演はリリアスにとって大きな宝物になりました。
15周年の節目に育まれたハーモニー、ここまでがんばってきてよかったね

********************************************************************
コール リリアス 5thコンサート
〜15周年記念コンサート〜

Program

T.北欧のア・カペラ作品
Alleluia      Reijo Kekkonen      
Ave Maria    Alice Tegner   
Regina angelorum  Pekka Kostiainen 
Hosanna    Knut Nystedt   

U.無伴奏女声合唱のための「南島歌遊び}その2 伝説 より
                              福島雄次郎 作曲    
嗚咽
野茶坊
哀怨

V.日本のうた ア・ラ・カルト
月あかり<Instrumental>  渡辺雅二 作曲
さくらさくら       日本古謡    上田真樹 編曲
茶摘み         文部省唱歌   大田桜子 編曲
<会場の皆さんと一緒に> ほたるこい・たなばたさま
椰子の実        島崎藤村 作詞 大中寅二 作曲 北爪道夫 編曲     
三地方の子守歌    信長貴富 編曲
祝い唄 三つ、     横山潤子 作曲

W.女声合唱とピアノのための「くちびるに歌を」
                              信長貴富 作曲

1.白い雲       (ヘルマン・ヘッセ 詩 / 高橋健二 訳)
2.わすれなぐさ    (ヴィヘルム・アレント 詩 / 上田敏 訳)
3.秋         (ライナー・マリーア・リルケ 詩 / 茅野蕭々 訳)
4.くちびるに歌を   (ツェーザー・フライシュレン 詩 / 信長貴富 訳)

アンコール
Sandmannchen(眠りの精) ブラームス
きみ歌えよ    信長貴富 作曲  谷川俊太郎 作詩


客演指揮 大谷研二 (W)
指揮    永 ひろこ(T〜V)
ピアノ   柴田理恵(V・W)

********************************************************************

6287.bmp

打ち上げにて、大谷先生、柴田先生とともに。


6285.bmp

フロントお手伝いの大学生のみんなと。
11年前に初めて大谷先生を客演でお招きした豊田市少年少女合唱団で当時ジュニアで歌っていたメンバーもいます。
同じ年(2013年12月)に1stコンサートを開いたリリアス・・・子どもも、大人も、ずいぶん成長しましたね。

posted by ひろこ at 23:34| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

5月報告

ご無沙汰している間に真夏のような暑さになり、そして梅雨入りしてしまいました。。。
ここ数年、春秋の過ごしやすい気温の時期が短くなってますよね。いきなり暑くなったり寒くなったり、夏冬が長くなっている感じです。身体も急な気温の変化についていくのが大変ですね。

遅ればせながら、のご報告を少しだけ・・・

◇5月11日、豊田市少年少女合唱団の親睦会が豊田市総合野外センターで行われました。

54.JPG
新入団員の仲間も加わり、爽やかな新緑の景色と同じくこの時期はフレッシュな合唱団の表情です。


55.JPG
お姉さん団員たちはみんな優しく下級生に接してくれました。
兄弟がいっぱいいるみたいなアットホームな合唱団だね。


58.JPG
班に分かれてアリーナでゲームをした後は、みんなで楽しく五平餅作りをしました。
ボールにいれたご飯をつぶしています。


57.JPG
炭火で焼いた五平餅は、美味しかったね〜
みんなあっという間にたいらげてしまいました。


56.JPG
爽やかな青空と新緑に囲まれて、ワイワイガヤガヤ、楽しい1日でした。
仲間あっての合唱団。今年も新しいメンバーで仲良くがんばっていきましょう


◇5月25日・・・My Birthday

53.JPG
すっかり自分の誕生日が来たことを忘れていましたが、豊田の稽古場に入ると合唱団のみんなが「Happy Birthday」の歌を合唱してくれました
もう半世紀も生きてしまったのですが、気持ちは子どもの頃とあまり変わってないような・・・
多分これからもこのままかも^^;

52.JPG
役員さんが用意してくださったケーキ。
?本(十の位のみ^^;)のロウソクの火は一息で吹き消しました。
年の数だけ全部立ててあったら・・・一息では無理だったかな〜

51.JPG
翌日、守山区の合唱フェスタに出演されたおばたコーラスの皆さんからも「Happy Birthday」を歌っていただきました
こちらも若々しい爽やかな優しい歌声でした。私もいくつになっても清々しくありたいです。
大好きな赤いバラのアレンジメントをいただきました

皆さま、ありがとうございました!!
合唱に関わっていられることに感謝して、あと半世紀も元気にがんばりたいです

posted by ひろこ at 01:58| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

3月〜4月報告<3>

401.JPG
4月1日・長女入学式学内の桜


408.JPG
4月8日・次女入学式校内の桜



3226.JPG
4月5日・合唱団入団式に出していただいた桜茶

豊田市少年少女合唱団では今年度28名の新入団員を迎え、総勢127名で活動をスタートしました。
今期も楽しくて一人一人が生き生きと歌える合唱団となるように、指導者の先生方と協力してがんばります!
今はお鍋に入れたての硬いお野菜がゴロゴロしている感じですが、一年経つとそれぞれの具の旨みを含み合ったまろやかな美味しいスープのような合唱になっていきますから!!
お楽しみに


<愛知県ヴォーカルアンサンブルコンテスト>

3225.JPG

4月20日、三井住友海上しらかわホールにて行われた愛知のアンコン、
大学・職場・一般同声部門において、豊田市少年少女合唱団エンジェル・グレイスとも金賞を受賞、またグレイスは同部門の最優秀賞を獲得して、来年3月に行われる福島県声楽アンサンブルコンテスト全国大会に出場が決まりました
そして、会場のお客様の投票によって選ばれる聴衆賞も1位グレイス、3位エンジェルと、多くの方々の応援を受けられました。心より感謝申し上げます。

グレイスは2年ぶりにハンガリーの作品(コチャール「O,havas erdo nemasaga」「Tel」)に挑みましたが、マジャール語の発音(特に母音の音色)やブレスコントロールが精緻なハーモニーに影響するため、最後の最後まで苦労しました。1フレーズずつ、コツコツと自主練の中で合わせあっていたことが良い結果につながり、本当によかったですね。
エンジェルは福島雄次郎「南島歌遊び その1 版画」を演奏しました。琉球の独特な音階が用いられた作品で、こちらも少人数で演奏するにはブレスコントロールが難しい曲ですが、メンバーが常に前向きに努力していたため、チーム結成時の何倍も力をつけてきました。若い力の素晴らしさを感じる今回のエンジェルの演奏でした。

7月26日(土)には、宝塚国際室内合唱コンクールに出場することになっています。
声とハーモニーと表現力に磨きをかけて、良い演奏になるようにがんばっていきたいですね。
チケットなど、大会に関する情報はこちらから。

posted by ひろこ at 14:04| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月〜4月報告<2>

<ボブ・チルコット氏の講習会in京都>
3月27日に、リリアス千絵ちゃんと京都へチルコットさんの合唱講習会に行ってきました。
受験が終わり、ようやく落ち着いた娘2人を伴っての京都日帰りツアー

午前中は、講習会場近くの北野天満宮へ
昨年3月の終わりに京都へ来た時はちょうど桜が見頃でしたが今年は桜の開花が遅く、その代わりに北野天満宮ゆかりの梅の花が見られたのはラッキーでした。
「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主無しとて 春を忘るな」
菅原道真公が遺した梅の花

32710.JPG
(みのり撮影)

まずは合格のお礼参りをする二人。
3272.JPG

梅に囲まれて。
3273.JPG32712.JPG

風情のある町家が並ぶ通り、上七軒の豆腐料理「くろすけ」にてランチ
3271.JPG

美味しくて美しくて、大満足
3274.JPG3275.JPG

京都の伝統的な町家を改装したお店ならではの面白さ。階段下の収納です。
3276.JPG

これは舞妓さんのお名前が書かれた団扇かな?
3277.JPG


さて、午後からはチルコットさんの講習会場、アスニーへ。

32711.JPG

3278.JPG
女声の平日昼間の講習とあって、熟年女声多数。
さて、どんなサウンドになるかと思いきや、参加者の皆さんはとてもよく勉強されていて、発声も透明感のある「ハモる声」で、京都のおかあさんの水準の高さが伺えました。
チルコット先生の講習も時間を忘れるほど楽しく充実したもので、曲も良くてハッピーなひとときでした
みんなを誘ってこればよかったな〜。

講習後は、錦市場で京都の「Frisches Ei」の指揮者・三浦真理子先生にご案内いただき、お漬物、麩まんじゅう、豆腐ドーナツ・・・と主婦らしく美味しいお土産を買い込んで、お洒落なカフェにて話が弾みました。楽しかった〜
3279.JPG
三浦先生、ありがとうございました!

春の京都は、毎年訪ねたいです



posted by ひろこ at 12:49| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月〜4月報告<1>

すっかりご無沙汰致しておりました。
3月、4月とニュースが多い中、一度も投稿できず・・・申し訳ありませんでした。
娘2人のダブル受験、卒業、入学があり、家族の新生活のリズムにもようやく慣れてきた感じの今日この頃です。
最近はスマホからフェイスブックに書き込むことが手軽になりそちらにはちょこちょこ書き込んでおります。
フェイスブックをご利用になられる方はお友達申請を

では、3月〜4月のできごとをまとめてUPいたしま〜す

<3月8日・とよた防災フェスタ>
豊田市のスカイホールにて開催されたイベントにて、30分のミニコンサートに出演させていただきました。
3222.JPG

閉会セレモニーでは豊田市長さんの指揮で「ふるさと」を市内公募合唱団の皆さんとともに歌いました。
東日本大震災の被災地の方々を招かれてのイベント。「ふるさと」の大合唱は心に響きました。
3221.JPG
3223.JPG


<3月21日・豊田市少年少女合唱団修了式・終了パーティー>
一年の締めくくりとなる合唱団の修了セレモニーー。
パーティーでは、まずはユースのお姉さんたちによるパフォーマンスから
3211.JPG

ゲームでにぎわうボーイズのテーブルと、司会進行のお姉さま3人組。
3212.JPG3213.JPG

なんと今年は、役員のお母様方による合唱も披露されました〜
お母さんたち、若い
3214.JPG

そしてクラス別合唱の披露です。
まずはJ1クラスによる「ふるさと」・・・一年の成長が一番感じられるクラスでした。新芽の歌声の美しく爽やかなこと!二部合唱もきちんと演奏できました。
3219.PNG

続いてJ2クラス「Believe」・・・だんだんと響きのある歌声に成長してきたね。まとまりのある演奏ができるようになりました。
3220.PNG

シニアクラス「YELL」・・・大急ぎで練習した曲でしたが、短い期間で自分たちだけでよく最後まで演奏できましたね。自分たちが歌いたい曲、というのは大切にしたいですね。
32110.PNG

ユースクラス「友」・・・仲間や先輩とのお別れのセレモニーでこの曲の演奏は、格別に気持ちが高まったようでした。思い出に残る曲になったね。
32111.PNG
こうしてみると、4曲中3曲はNコン課題曲のポップスアレンジものなんですね〜。
コンクール課題曲としては学校の先生方から賛否両論あるものの、若い世代の合唱を育む上では貴重な分野となってきていますね。

最後に現役生から卒団生へのプレゼント贈呈
卒団しても合唱団はみんなのふるさと、みんなの場所だからね。いつでも遊びにきてください。
3215.JPG

卒団生のみんなと。
3216.JPG

「チーム森」で記念撮影。新年度で移動となられた事務局の森さん、鈴木さんには大変お世話になりました。特に昨年度のイギリス派遣では短期間ですばやい準備をしていただけて滞りなく親善派遣団としての務めを果たすことができました。子どもたちにも親しく関わってくださったことは何よりでした。本当にありがとうございました!
3217.JPG

一年の修了記念に保護者会で準備してくださった品々。
「ひびかせうた」の衣裳と同じ、手作りの絞り染めのティッシュカバーは信長先生にも贈呈されたものです。
またイギリス演奏旅行のカレンダーも、とてもよい記念になります。
素敵なプレゼント、ありがとうございました。
3224.JPG

さあ、今年度もがんばっていきましょう



posted by ひろこ at 11:33| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

週末

こんばんは!
ソチオリンピック、日本選手の活躍が毎日のように見られてうれしい限りです。
私は特に、ジャンプの葛西選手の「レジェンド」には本当に感動しました。数々の壁を乗り越えてきた精神力の強さが技の強さにつながるということ、そして年齢を重ねてもどんどん進化している葛西選手の姿は多くの人々の励みとなることでしょうね。
また昨夜のNHKスペシャルで見た、フィギュアスケート金メダリスト・羽生選手の、ジャンプを1日何十回と練習してきた際の無数の足の傷も・・・彼のしなやかで美しいパフォーマンスからは全く想像できない、厳しい練習とあのような傷みには驚きでした。
スポーツは芸術だな〜と感じる今回の冬季オリンピックです。

さてさて話は変わって先週の日曜日は、豊田市産業文化センターでの「男女参画フェスタ」というイベントのオープニングに、合唱団のシニアクラス(中学生主体)の小編成コーラスで出演させていただきました。

216.JPG

100名を超える大人数の合唱団なので、出演を依頼される行事によってはユースクラスで出てみたり、小学生主体のクラスで出てみたり・・・とケースバイケースですが、今回は中軸学年を抜き出して演奏しました。
普段はユースクラスの高校大学生のお姉さんたちを頼って練習していることが多いのですが、今回はそういうわけにもいきません。自分たちがアンサンブルの柱になるしかない、と思うことが一人一人の心をしっかりさせ、声も良く出てくるのですね。
学年の幅が広く経験年数も増してくると、どうしても上に頼って意識が弱くなりがちな中だるみのような時期も出てきます。なので、今回のような機会は今後も取り入れていけたらなと思います。

また先週末は、高校・大学の先輩にあたる指揮者の山田信芳さんの突然の訃報がありました。
長年名古屋の音楽界をリードされてきた信芳先生です。何百人もの生徒さんや音楽仲間で、斎場はかなり混雑していましたが、名古屋北高音楽部の同期生の先輩方が、まだ弔問の方が来られる前に早々にお集まりになり、棺を囲んであたたかい時間を過ごされていたというお話を聞き、根っこの絆ってかけがえのない大切なものだなと改めて思いました。
私も学指揮になった時や進路を音大に決めた頃、信芳先生にはいろいろと相談にのっていただきお世話になりました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
posted by ひろこ at 00:33| 岐阜 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

雪。

208.JPG

雪〜〜〜!!
今シーズン初めての積雪となり、豊田の合唱団も練習がお休みになりました。
アンコンの団内オーディションの練習や、来週本番の行事のリハーサルの予定で、今日の練習は外したくなかったけれど、仕方ありませんね。午後からもかなり降っていたので、夜の練習の送迎でスリップ事故の恐れもあります。
今日は自宅で自主練ですね

先週末は、岐阜県のアンコンの審査にお伺いしました。
会場の大垣スイトピアセンター音楽堂は、アンサンブルにはもってこいの響きのよいホールです。
数年前にもお伺いしたことのある岐阜のアンコンですが、年々レベルアップされているようで、ジュニア・高校・フリーの各部門、全47団体全ての演奏を楽しく聴かせていただくことができました。
ジュニア部門には、中学校のグループとともに大垣少年少女合唱団のチームも出演され、ドイツ民謡「わかれ」など、少年少女のスタンダードナンバーという感じの曲を清楚な美しいハーモニーで演奏してくださいました。こういったハーモニーの原点となるような作品をきちんと演奏することも大事ですね。
若手主流になりつつあるアンコンの中で大人の方々も健闘されていましたが、もっと大人に出てきてほしいな、とも思いました。
愛知県は参加団体が多いため、高校部門だけ別日程で開催されていますが、1日で全部門聴けるというのも、若い人たちにとっても大人にとっても大事なことだなと思いました。
今回、一番印象に残ったのは、ある学校で、混声のハーモニーがかなり厳しいグループの中、ソプラノの一人の生徒さんだけが始めから終わりまでピッチも全く崩れずに美しくお歌いになられていて、感心するのは2曲目の音取りや演奏後の表情が実に穏やかで優しく・・・
グループのピッチが崩れていくのも、彼女はよくわかっていたはずなんです。でも、仲間を責めたり嫌な顔をすることが全くなく、にこやかに舞台から去る姿を見て、何か大事なことを教わった気がしました。
できる人ほど、謙虚なんですね。。。
ほっこりした気持ちにさせてもらった、素敵な若者に感謝

posted by ひろこ at 16:24| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

クリスマスメディテーションの記事

こんばんは!
新年のご挨拶をしたのがつい最近だと思っていましたが、あと数分で2月になってしまいますね。。。
本当に時間があっという間に過ぎます。

昨年末のカトリック布池教会でのクリスマスメディテーションの様子を、布池外語専門学校のHPに掲載していただけました。
http://www.st-mary-college.com/song2013.html

ヨーロッパのア・カペラの女声合唱曲、とりわけ近現代宗教曲は、少年少女の指導に携わりいろんなレパートリーを探し始めた20年ほど前から女声合唱の理想のサウンドで憧れる分野でした。
しかし、それに見合った発声やピッチの感覚などの技術を身につけるのには時間がかかります。
発足当初からその分野の曲を取り入れてきたリリアスも、未だに技術面では苦労しています。
ご縁あって、このように恵まれた環境の中で演奏させていただけることに心から感謝して、これからも理想のハーモニーの研鑽に努めたいと思います。

posted by ひろこ at 23:32| 岐阜 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月20日

近況報告

本当にあっという間の12月。
気がつけばもう20日・・・明後日は豊田の定演です。
本当に時の流れの速いこと・・・

さてさて、なかなか更新できなかったので、今日は近況報告ということでいろいろまとめてUPさせていただきますね。


CIMG1605.jpg

12月13日(金) リリアス忘年会。
布池教会でクリスマスメディテーションのリハーサルの後、併設されているヨゼフ館にて久しぶりにみんなとゆっくり会食。
新メンバーも加わり、頼もしくなってきたリリアス。来年6月の5thコンサートに向けて、年明けからも気合が入ります。


12204.JPG

12月14日(土) 豊田駅前にて豊田市少年少女合唱団ユースクラスによる路上ミニコンサート。
週末寒波が押し寄せる中、大勢の方が足を止めて演奏を聴いてくださいました。
毎年恒例となったユースクラスの自主活動です。明後日の終演後のロビーコールも熱演を期待しまするんるん

12203.JPG
12202.JPG


陶磁器会館.bmp

12月15日(日) 名古屋陶磁器会館クリスマスコンサート 
昭和7年に建てられた国の重要有形文化財に指定されているレトロで素敵なホールで満席のお客様に恵まれ、演奏することができました。
サロンコンサートにぴったりのやわらかであたたかい響きのするホールでしたね。
あのようなお客様が目の前にいらっしゃるアットホームなコンサートも楽しいね〜かわいい
ティータイムの紅茶の香りがよりHAPPYな気持ちにさせてくれました。お世話になった陶磁器会館関係者の皆様、足をお運びくださいました皆様、ありがとうございました。


12206.JPG

これは明後日本番の信長先生の新作、<ひびかせうた>の楽譜です。
初演に向けて、みんなでまっすぐな気持ちで取り組んできました。
初演は、新しい生命を生み出すような感覚です。気持ちを一つに、みんなで音に身を委ねていきたいですね。

12207.JPG

うふふ黒ハートこれは私専用オリジナル楽譜カバーです黒ハート
今回の衣裳のサンプルで染めた布で作りました。かわいい
今回の作品のイメージにあった衣装を保護者役員さんはじめ、全団員のご父兄の皆さんと団員とで手作りしたことも、作品を生み出す大きなエネルギーになったと思います。
ステージに101人が並ぶ瞬間がとてもとても楽しみですかわいい

12205.JPG

初演にあたり、集めた参考文献。沖縄のこと、アイヌのこと、それぞれの歴史、生活、音楽・・・
同じ日本なのに、知らないことがいっぱいでした。

1221.JPG

先日のホールリハーサルには激励のためOGが駆けつけてくれました。
先輩たちの感想を真剣に聴く現役たちです。
さあ、このホールでまもなく本番でするんるん


12208.jpg

こちらは今日の練習を最後にスマイル・ハーモニーを引退された90歳の大溝和加枝さんと。
美しいソプラノ、いつも優しい笑顔、美味しい手作りのお菓子・・・とても90歳とは思えぬパワー。
しかし優しい笑顔の奥には、ご家族の長年の介護・大変なご苦労がおありだったのです。タクシーで練習にいらっしゃるシャンとしたコート姿や超美味しくお洒落な手作りスウィーツからは、全く想像できませんでした。
みんなが大好きなチャーミングな大溝さん。
練習の終盤に「花は咲く」をお歌いになられているにこやかな笑顔と仲間の皆さんのハーモニーで、思わず涙がこぼれました。
その後のご挨拶では、「この歳までこのハーモニーとともにいられて、もういつあの世からお迎えが来ても思い残すことはありません。」で、スマイルメンバー大爆笑わーい(嬉しい顔)
これまでコーラスと共に歩んでこられた道のりからの引退は、中学や高校の卒業式なんてもんじゃありません。私も今日突然おききしたので、お花も何も準備なく・・・
ハーモニーのみが卒業証書でした。
大溝さん、本当にステキな笑顔と歌声をありがとうございました。私も大溝さんのように、いくつになっても人に喜んでもらえることができる人になれたらなと思います。
どうかいつまでも、お元気で!


posted by ひろこ at 23:12| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

冬期合宿終了。

CIMG1596.jpg

この土日は、美浜少年自然の家で豊田の冬合宿がありました。
12月22日(土)豊田市コンサートホールで行われる第35回記念定期演奏会に向けての練習で、丸二日、びっしりのスケジュールでしたが、とても充実した練習ができました。
充実度の理由は・・・出演者101名全員出席ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
この時期は参加の予定をしていても体調を崩す団員もいて、全員出席での合宿は、もしかすると私が関わって23年間で初めてのことかもしれません!!!
本当に素晴らしいことです。メンバーの、今回の演奏会に向けての気持ちが高まっている証拠でもあると思います。
やる気満々の子どもたち、きっと演奏会も良いものになるだろうな。
定演の整理券は、まだお席に余裕があるようですので、ぜひぜひ皆様お出かけくださいませね。

EPSON011.jpg

合宿を終えてバスに乗り込む時に見えた伊勢湾に沈む夕日です。
合宿を終えて一回り成長した子どもたちの顔が夕日に照らされて良い感じでしたかわいい

CIMG1599.jpg

さあ、この夕日に負けないくらい美しい音楽を演奏できるように、みんなでがんばろうね!!

posted by ひろこ at 20:58| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

アフタヌーンコンサート2013終了。

アフタヌーンコンサート2013.小.jpg

アフタヌーンコンサート、無事終了いたしました。
お寒い中、ご来場くださいました皆様、ありがとうございました。
出演者の皆さん、お疲れ様でした。
合同合唱の「花は咲く」ではとても良い演奏ができて何よりでした。今までの合同演奏の中で一番音がまとまって美しかったと思います。大変幸せな時間でした。

熟年女声アマチュア合唱団・・・
お茶のみがてらユルユルと活動していくだけなら本当に気楽なんですけど、
少しでも上手になりたい、コンサートに出たい、
と意欲的になると家庭や仕事との兼ね合い、加齢・体調との闘いなど、いろいろと乗り越えなければならないことが生じてきます。
ただ練習に来てるだけでどんどん上手くなってもらえたら理想的なんですけどね〜練習の中では上手になっても次また戻る、ということが実情です^^;
まるでダイエットのようですね。
上達するには、効果的な内容を持続する、ということしかないような気がします。
自分も若い頃に比べると筋力など身体のチカラはかなり落ちてきているので、普段運動をなさらない同世代以上の方たちも同様かと思います。
来年は「カラダと声」に重点を置いて練習(トレーニング)を考えていきたいです。
あと、「ココロと声」も。心が荒むと女性ホルモンが一気に減少してしまうような気がします。毎日いろんなことがあるけれど、声のために自分の心を明るく健やかに保つことを大事にしたいですね。
そしてもう一つ、「神経(感覚)と声」
反射神経とかですね、要するに「ピッピッ」とくる人と「ボー」っとなってる人とでは物事の受け止め方、音の聴こえ方も違いますよね。
余計に神経質になることは返ってよくありませんが、視覚、聴覚など、五感が衰えるのをなるべく食い止めるように気をつけていきたいですね。

さあたいへん!
やること満載だ〜〜〜!!!



posted by ひろこ at 00:45| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

三重県おかあさんコーラス大会

1456786_458968630891546_300033711_n.jpg

近鉄・津新町の駅から徒歩10分のところにある津リージョンプラザお城ホールです。
昨日は昨年に引き続き、三重県おかあさんコーラス大会の講師に伺いました。良いお天気に恵まれて朝の駅からのウォーキングが気持ちよかったです。
三重県内の各地から昨日は32団体の出場がありました。
昨年の35回記念大会は三重県文化会館の大ホールで開催されましたが、昨年よりも各合唱団のレベルがグッと上がったことにまず驚きでした。
発声も音程も・・・きっとこの大会が毎年継続されることで、団員の皆さんの合唱への意識が高まっているのでしょうね。他団の同世代の女性たちががんばっている姿が良い刺激になり励みとなっているのでしょう。
衣装も垢抜けている団体が多かったです。
皆さんの上達の秘訣は、この大会を楽しみに待ちわびて、丹念に音楽を作り上げてこられるからなのだと実感しました。
どのような場合でも、そういうモチベーションで臨むことが大切ですよね。
演奏活動の原点を実感できた昨日の大会でした。
お世話になった皆様、あたたかいおもてなしを、ありがとうございました。
さあ、愛知はこのチームワークを見習ってがんばらないといけませんね。ウチはウチ、アチラはアチラ、というような排他的な考えは取っ払った方が上手になりそうだよ。

posted by ひろこ at 13:13| 岐阜 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

ダービーシャー青少年吹奏楽団との交流会

11022.JPG

先週土曜日(11月2日)、合唱団の練習場である豊田市視聴覚ライブラリーに、来日していたダービーシャー青少年吹奏楽団のメンバーが訪問され、合唱団のメンバーと交流会を持ちました。
90分という短い時間でしたが、ゲームや演奏であっという間に仲良しになった両メンバーたちでした。

CIMG1540.JPG

ダービーシャー吹奏楽団のメンバー。13歳〜21歳で構成されているそうです。

CIMG1545.JPG

役員さんやユースのメンバーが部屋の飾りつけに奮闘してくださいました。

CIMG1544.JPG

ジャンケンゲームでだんだん長い列につながりました。

CIMG1543.JPG

ダービーシャー県の音楽活動を取り仕切ってみえるジェーンさんと、吹奏楽団指揮者のジョン・マラクセテクセバリアさん。
マラクセテクセバリアさんは、バスク出身のフレンチホルン奏者でもあります。バスクと言えば・・・と、ブストーの話をしたら、彼もよく知っていて、話が盛り上がりました。
バスク語の歌を何か知っているか?と聞かれたので、「Ela!Ela! Norda?Norda?・・・」と「Hiru Eguberri kanta」を歌ってみたら、「Amazing!」と、感激されました。
そして、同じバスクの作曲家ジャビエール・サラソラの「Jubilate Deo」を合唱団の演奏でプレゼント。
とても喜んでくださいました。

CIMG1546.JPG

CIMG1548.JPG

CIMG1553.JPG

CIMG1557.JPG

CIMG1559.JPG

CIMG1573.JPG

ダービーシャーの皆さんに合唱団の演奏を披露しました。
演奏後はそれぞれのメンバーから、曲についての感想をいっぱい聞かせてもらいました。
とても関心を持って演奏を聴いてくれていて、音楽をやる者どおしの国を超えたつながりに感激るんるん
人との出会いに、パワーをいっぱいもらった合唱団の子どもたちでした。
幸せな1日だったねかわいい
この経験を演奏に生かしていきたいですね。

また、11月3日のTIAでのコンサートの写真がTIAのホームペー上のfacebook投稿画像で見られます。http://www.tia.toyota.aichi.jp/

イギリスイベントが一段落したところで、いよいよ定期演奏会に向けてダッシュだ〜〜〜るんるん
posted by ひろこ at 00:17| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

第29回豊田市小中特別支援学校音楽大会

先週16日(水)17日(木)と、豊田市小中特別支援音楽大会にお伺いしました。
私は今年も<小・特別支援学校の部>の講師でお招きいただきましたが、2日間で74校の出演があり、その全てが聴きごたえのある演奏をされ、市町村で開催する学校音楽大会としては全国に誇れる水準のものだと感じました。

16日は台風の影響が心配されましたが、ちょうどタイミングよく台風が通り過ぎてくれたので、関係の先生方もホッとされてみえました。でも伊豆大島では大変な被害になっていましたね。

市内の、どの地域の学校からも子どもたちの美しい歌声が聴こえてくるというのはとても幸せなことであり、大切なことだと思います。どの地域にも、美しい花園があるようなものです。
「音環境」という言葉は存在するのかな?
今の時代は様々な音楽が至るところで混沌と存在する環境ですが、子どもたちの美しい歌声に勝るものはないと思いますね。若く清々しい声からは、何か空気を浄化する作用があるような気がします。
美しい花が咲くためには、それを見守り、育てる人が必要です。そこが充実しているのが豊田のすばらしいところです。これまでご指導に当たられた先生方のご尽力の成果が、年々見応えのある美しい花園に成長されてきたことは本当にすばらしいことで、またそのような環境の中で子どもたちの合唱活動に関わらせていただけることを幸せに思います。
どの地域でも、どんなところでも、美しい花園のような歌声に包まれるようになったら、幸せですよね〜かわいい

posted by ひろこ at 01:47| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

稲沢さざんか合唱団&CORO CHIARA ジョイント終了

さざんか・キアーラジョイント.JPG

先週の土曜日の稲沢でのジョイントコンサート、無事終了致しました。
多数ご来場賜りありがとうございました。
今回はさざんかからのアピールにより、岐阜市で活動されているCORO CHIARAさんとジョイントコンサートという、シニア世代としてはとても画期的な取り組みでしたが、長谷順二先生の指揮による合同演奏も稲沢で実現できて、本当によかったです。
プログラムは・・・さざんか.JPG

休憩前の前半は
T フォーレとブラームスの聖母マリア賛歌(さざんか)
U バルトークの27の合唱曲集より(CHIARA)
V チルコット作品(さざんか)
と、ヨーロッパの作品
後半は
W 木下牧子のア・カペラコーラスコレクションより(CHIARA)
X 東北に思いを寄せる歌(さざんか)

そして休憩後は
<合同演奏> 松下 耕:そのひとがうたうとき

アンコールは新実徳英:われもこう と、客席の皆様と共に「ふるさと」

という流れでした。
一般のお客様には馴染みのない作品もありましたので、プレトークで曲の紹介をさせていただきました。

お陰さまで、お聴きいただいた多くの方から「よかったよ」とお褒めの言葉をいただきましたし、
「花は咲く」の演奏中に、客席からすすり泣く音も聞こえてきました。
あの歌詞を、心に染み込ませるように歌えるのはシニア世代なのかもしれませんね。
心に響く演奏ができてヨカッタヨカッタかわいい

posted by ひろこ at 01:18| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

第36回全日本おかあさんコーラス全国大会 

8月25日(日)に行われた全日本おかあさんコーラス全国大会にて、コール リリアスがお陰さまでひまわり賞を受賞いたしました。
24日(土)・25日(日)の2日間、会場の大阪・フェスティバルホールは2700席超満員の大盛況ぶり。
リリアスは2日目のトップバッターでしたが、朝から1階席の一番前から2階席までは全てお客様で埋め尽くされ、3階席のみ若干の空席が見られたものの、ほぼ満員御礼の状態でした。何しろ7月9日のチケット発売日当日に2日分とも売り切れてしまうほどです。おかあさんコーラスの層の厚さと大会の注目度が伺えます。そして何より、新しく建て替えられたフェスティバルホールの音響のすばらしいこと!
キャパ2700席の広々とした空間でありながら、10名ほどの女声のアンサンブルでも聴き劣りすることのないホールです。音楽をなさる方ならだれでも一度はあの舞台で演奏してみたいのではないでしょうか。

大会翌日の月曜日の朝日新聞朝刊に、掲載していただきました。
まずは地方版の記事。(コチラのサイトでも見られます。)
8251.JPG

写真とともに内容も的確に取り上げてくださり感謝です。
そしてこちらは全国版。
8258.JPG

今年は全国で954団体が各支部・県のおかあさん大会に臨まれ、そのうち70団体が全国大会に駒を進めました。ひまわり賞は2日間で23団体が受賞。なかなか狭き門ですね。
今回の大会の特徴として、選考委員の先生方が共通して仰られたのは、演出を工夫するのは素晴らしいが、作曲家の意図しないところで何か取ってつけたような演出ならない方が良い、ということで、実際の結果にも反映されていたような気がします。
指導者としては、何が何でも演出を入れなければならないという、大会へのある種のプレッシャーから解放されたような気持ちになりました。どうかこの方向で今後も進んでいただきたいですね。
そして衣装やパフォーマンスといった、コンクールにはない楽しさはやっぱりとても大事だということも!素晴らしい演出をされた合唱団からは多くを学ばせていただきました。
合唱の魅力を一般のお客様に伝える工夫や努力、創造性は持ち続けたいと私も思います。
おかあさんコーラス全国大会は演奏レベルも向上し、その面白さは一般合唱団やお若い方々も参考になることが多いと思いますよ!


フェスティバルホールエントランスのレッドカーペットの長い階段。
また絶対あのカーペットの上を歩きに行くぞるんるん
8254.JPG


本番前日に下見に来ていたリリアスメンバーと。
団長の奥村さんとなんと偶然にもドラゴンズカラー&リリアスのイメージカラーのロイヤルブルーでペアルックのようになり(^^;) ピンクレディーかリリーズか、という感じで盛り上がっていましたわーい(嬉しい顔)
8256.JPG


700名参加の24日夜の「ザ・パーティー」はリーガ・ロイヤルホテルの大広間で行なわれました。
様々な地域の参加者の皆さんと楽しいひとときを過ごしました。
こういう交流が本当に大切なんだということを、イギリスでもつくづく思いました。
コンクールもこうなったらいいのにね。

8253.JPG

本番前の楽屋にて。
8252.JPG

ピアニストの石川先生と。
本番では石川先生とペアルックのようになりました。太さが違うけど(^^;;)
8257.JPG

プログラムと、出演者証のバッジ。
バッジのデザインは、フェスティバルホールの外壁の壁画と同じものです。良い記念になりました。
8259.JPG

トップバッター、リリアスのページ。
8260.JPG

翌日月曜日ということもあり、終演まで全員は残れませんでしたが、みんな素晴らしい笑顔ですね。ちなみにカメラマンはワタシぴかぴか(新しい)
8255.JPG

大会に関わられた全ての方々に感謝いたします。
おかあさん大会が益々良いものになるように、みんなでがんばっていきましょうかわいい

posted by ひろこ at 03:08| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。