2013年04月23日

アンコン終了。

421.JPG

4月21日(日)、三井住友海上しらかわホールにて、第20回愛知県ヴォーカルアンサンブルコンテストが開催されました。
豊田市少年少女合唱団から出場したエンジェル・グレイスは共に金賞と聴衆賞をいただきました。
エンジェル、グレイスのみんな、おめでとうぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

例年ですと、前半の中学校部門に比べてお客様がうんと少なくなる後半の大学・職場・一般部門ですが、今年はお客様が多く、客席がかなり埋まって緊張感のある中での演奏。豊田からもたくさんの方々が応援に駆けつけてくださいました。ありがとうございました。
同声の部はどのグループもレベルが高く、声がよく鳴っていました。皆さんよく勉強されています。
そういう中で演奏できると、今後の自分たちの課題もよくわかるので、全体のレベルが向上するということは、ありがたいことだと思います。

今回グレイスは夏のイギリス遠征のこともあり、イギリスマドリガルに挑戦しましたが、練習を積めば積むほど若いメンバーにとっての言葉(英語)の表現の難しさを感じました。
でもきっとイギリスに行ってネイティヴの英語をいっぱい聴き、イギリスの伝統的な街並みや美しい風景を見ると、また歌い方も変わってくると思います。アンコンに至るまでに培った基礎が、現地で披露する際さらに表現豊かになることを期待しています。
エンジェルは昨年のコンクールで演奏した曲でしたので、グループが決まってからの集中力を保つのが大変だったようです。自主練で「うだうだ過ごした」時間もあったようですがわーい(嬉しい顔)最後はやはり練習量がちゃんと発揮されてみんな本番で楽しめたと話していました。
部活と違って1曲のサイクルが早い合唱団ですので、1年近くも続けて同じ曲に取り組むと飽きてきてしまうのですね(^^;) 曲と新鮮な関係を保つってムズカシイなぁ。。。まるで恋人みたい。。。

今年は前半の中学校の部が39団体、後半の大学・職場・一般の部が23団体、合計62団体の演奏が1日で披露されました。審査をされた先生方、理事の皆様には大変お世話になりました。
こんなに人気があるアンコンですから、是非三重県のように「おかあさん部門」とか、或いは「おとうさん部門」のように、中高年層のグループが参加しやすいようになるといいですよね〜。年齢気にせず出りゃいいじゃん、といわれても、同じ土俵ではいろいろ違いがありますもんね(^^;)
第20回目を迎えたアンコン、第1回目は確か西文化小劇場だったかな。ピアノ伴奏つきでもよかったし、中学・高校・一般全部一緒に1日で済んでいました。その頃から思うと、アカペラのレベルは数段高くなりましたし、とにかく若年層の出演団体が増えましたね。会場がしらかわホールになったというのも凄いことです。
今は、いいね〜。

アンコンについて、感想をかいてくださったしばおうさんのブログです。
いつも応援していただき、ありがとうございますかわいい

posted by ひろこ at 02:00| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

今日はアンコン

今日は伏見の三井住友海上しらかわホールにて、愛知県ヴォーカルアンサンブルコンテストが行われます。
今年は豊田からエンジェル、グレイスの2チームが大学・職場・一般同声の部で出演します。
エンジェルは昨年のコンクールで演奏した、オトマル・マーハのラシュスコ地方の呼びかけ歌(ホイ・フラ・ホイ!  ホヤヤ・ホヤヤ)の2曲。
歌い慣れた曲ではありますが、ソロを入れて最大で7声部に分かれるところがあります。11人のアンサンブルでハーモニーが充実させられたらすばらしいです。
グレイスは、今夏イギリスへ遠征に行くことを考慮して、イギリスマドリガルから「The Silver Swan」「Lullaby, My Sweet Little Baby」「Fyer,Fyer,my Heart!」の3曲。
どの曲もイギリスマドリガルとしては大変に有名な作品です。練習を積めば積むほどヨーロピアンな発声の基本が大事だと実感し、若い高校生のメンバーには少しハードルの高い作品ですが、よい勉強になっていると思います。とても真面目に練習に励んでいるグレイスが本番でどこまでこれらの音楽の素晴らしさを表現できるか、楽しみです。

我が子の剣道の試合以上に緊張して毎年客席で聴くアンコンです。自分が出ている方が気楽なんですよね。
どうかのびのびと、自分たちの音を楽しんで演奏してくれますようにかわいい

posted by ひろこ at 00:10| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

春到来。

415.JPG

大変ご無沙汰いたしておりました。皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?
年度替わり&春休みは何かと気忙しく、なかなかブログが更新できませんでした。
気がつけば桜も終わり、チューリップも花開き、春も終盤に向かっています。
気温の変動が激しく、花粉&黄砂で目鼻喉大荒れで、私も体調万全とはいえない春休みでしたが、あちらこちらで楽しい思い出もたくさんできましたので、今日はまとめてUPしたいと思います。

EPSON003.jpg
上前津「ローズコートホテル」でのコールフリュッセの総会。
本当にみなさんお元気で楽しい方ばかりですよ。
笑いの絶えない総会でした。

4153.JPG
席決めのくじには一人ずつ花の名前が書かれてあり、テーブルにつくとこのように、自分の引いたくじの花言葉がメッセージカードに書かれていました。
とても優雅な気持ちになりました。幹事さんの気配り、すばらしいですねかわいい

4012.JPG
3月最終週の週末は東京へ。
これは六本木アークヒルズの桜です。今年は名古屋よりも東京の方が桜の開花が一週間近く早かったんですよね。でもこの週末の東京はとっても寒くて、電車に乗るとほとんどの人がダウンコートなど冬物のコートにファーのマフラーといった真冬の装いで、散り始めの桜とのギャップを感じました。

41510.JPG
サントリーホールにて、NHK東京児童合唱団の創立60周年記念定期演奏会を聴きました。
T N児が選ぶ日本の歌50選より(編曲:北爪道夫、糀場富美子、大竹くみ 指揮:金田典子 ピアノ:斎木ユリ、古晋一)
U 「うみ」〜合唱、オルガン、古代復元楽器アンサンブルのための〜(作曲:権代敦彦 指揮:大谷研二 オルガン:近藤岳 古代復元楽器アンサンブル:篠崎史子他)
V 「ハーメルンの笛吹き」〜児童合唱のための〜(作曲:鷹羽弘晃 指揮:金田典子 リコーダー:古橋潤一 演出・振付:伊藤キム)
W 「子どもたちの遺言」〜童声合唱と管弦楽のためのオラトリオ〜(作曲:信長貴富 指揮:大谷研二 管弦楽:60周年祝祭オーケストラ)
オール新作のゴージャスな演奏会。そして演奏時間も、1ステージ全て40分を超える内容で大変ヴォリューミー。N児の皆さんは昨秋にも同様の新作づくしの演奏会を開催されました。すごいパワーですよね。
どのステージも斬新で、児童合唱の可能性の凄さを思わせるものでした。最終ステージのオラトリオでも、編成の大きなオーケストラに負けない、まっすぐの伸びやかな声がすばらしかったです。
さすが、日本をリードする児童合唱団ですね。

こちらは、稲沢の桜。

4159.JPG

4154.JPG4157.JPG
風もなく穏やかなお天気でしたが、午後から雨の予報を警戒してか、いつもは平日でも花見客でにぎわうこの公園も人数少なく、さざんかの貸切状態。
毎年恒例「さかいさんのおはぎ」や「山形名物みえださんの冷やし汁」など手作りのご馳走をいただきながら、ほっこり楽しいひとときを過ごしました。
食後は「花」「ふるさと」「花は咲く」などをアカペラで合唱。
いくつになってもどこでも、みんなで輪になって歌えるって、幸せなことだよ〜るんるん


その週の木曜日は、娘たちと久しぶりに休みが一致したので、ぷらっと京都へ行ってきました。

4152.JPG

京都市東部の醍醐寺へ。
桜の見ごろは過ぎていましたが、やっぱり桜の京都は美しかった。
この日は絶好のお出かけ日和で、桜も見納めとあって、観光客の多いこと!
でも行けてよかった〜かわいい

4151.JPG
京都では、おかあさんコーラス全国大会の常連団「フリシェスEI」の三浦真理子先生にお会いしました。
京都市中心街にお住まいの三浦先生にご案内いただき、京都らしい趣きのあるお店でランチやショッピングをしました。楽しかった〜わーい(嬉しい顔)
三浦先生とは、おかあさんコーラス大会やコンクールについて、双方の見地でディスカッション。
こういう現場の声が生かされる大会になっていくともっと素敵なおかあさんコーラスになりそうです。
それにしても京都の方々の奥深さや探究心はすばらしいです。いろいろ刺激をもらいました。三浦先生、ありがとうございました!

41511.JPG4156.JPG

日本料理店「蓮之色」でいただいたランチのオードブルと、甘味処「栖園(せいえん)」でいただいた寒天涼菓子「琥珀流し」。
「ぷらっと京都」、やみつきになりそうです揺れるハート


4158.JPG
京都へ行った翌々日の多治見総合体育館の桜。散る間際のもっとも美しい花ですね。
この日は次女の剣道の錬成会。岐阜・愛知・長野から大勢の中学生剣士が集まる大会の駐車場当番で、朝7時からこの桜の横でプラカードを掲げていた私でしたわーい(嬉しい顔)
中3になる次女は小柄ながらチームの大将としてがんばっています。
夏の大会まで、親子共々気合だぁ〜〜〜手(グー)


さあ、そして豊田市少年少女合唱団もいよいよ新年度。

41512.JPG

今年は18名の新入団員を迎え、総勢ジャスト120名で活動します。
8月には市の親善使節団としてイギリスへ演奏に行きます。
12月22日の定期演奏会では信長貴富先生に新作をかいていただき初演を行います。
春の到来、がんばっていこうるんるん

posted by ひろこ at 09:20| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。