2013年01月31日

新春コーラスコンサートinウィーン2013<その2>

__ 1-4.JPG
本番前日リハーサルの後は、ウィーン市内を半日観光。
まず訪れたのはシェーンブルン宮殿。言わずと知れた、ハプスブルク家の高貴で贅沢な宮廷文化の象徴です。
モーツァルトの幼少期、広間で転んだ時に手を差し伸べてくれたマリー・アントワネットへ神童モーツァルトがプロポーズした、という話がここを訪れる度に思い出されて、どこで転んだのかな、などと想像しながら広間を巡りました。
ダンスパーティーが頻繁に行われたという何百人と収容できる大広間天井の壮大なフレスコ画には、宗教的なものは一切描かれておらず、建設当時支配していた国や地域・・・イタリア・ハンガリーなど・・・の人々の生活を表した絵などが散りばめられているところもあり、政治的な印象を受けました。

__ 3-3.JPG
寒空の下、門の前でパフォーマンスをする全身金ピカのモーツァルトさん。

__ 2-4.JPG
ZARA、H&Mなど、日本でもお馴染みのブランドが軒を連ねるウィーンの繁華街。どこもセール中でした。
私たちが到着する前日は、大雪でウィーン空港が1日閉鎖されていたそうで、たくさん雪の残る市内を回りました。融雪剤でブーツに白い粉(塩化カルシウム?)が・・・。観光地とあってか、かなりの融雪剤が撒かれていたようですね。

__ 3-4.JPG
昼食はウィーン市庁舎の地下にある1862年からの老舗、Julius Meini にて。

__ 1-5.JPG
A4サイズに近い大きさのウィンナーシュニッツェル。
とっても美味しいのだけれど、ほとんどのメンバーが半分くらい残していました。もったいない・・・
日本人向けに、Sサイズを作ってほしいですね。

__ 2-5.JPG
国立オペラ座。
今回は残念ながらフリー観光日に公演がなくて、フォルクスオパーの方へ行きました。

__ 3-5.JPG
夕食はオペラ座からすぐ近くの老舗レストランで。
アコーディオンのお兄ちゃんがいっぱいいろんな曲を弾いてくれました。
「ウィーンわが夢の町」をみんなで合唱し、まるで前夜祭のようでしたね。

さあ、次回はいよいよ楽友協会でのコンサート当日の様子をお伝えします。お楽しみにるんるん

posted by ひろこ at 01:11| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

新春コーラスコンサートinウィーン2013<その1>

エーヴィゲ・ハルモニーによる新春コーラスコンサートinウィーン、無事終了・帰国いたしました。
参加された皆さん、お疲れ様でした。
また長期間に渡りご支援ご協力いただいたお留守番組の皆さん、そして快く送り出してくださったご家族の皆様、本当にありがとうございました。
コンサートは1曲終わるごとに大きな大きな長い拍手をいただき、最後は57名全員が退場するまで惜しみない拍手で送ってくださり、大変感動的な身に余る経験となりました。
音楽にも演奏者にも寄り添って聴いてくださるウィーンの聴衆。さすが、音楽の都。
あの中で演奏できたことの幸せをずっと記憶に留めておきたいですね。


それでは、たくさんの思い出の写真から少しずつピックアップしていきます。

__ 1.JPG
朝9時、セントレア集合。
母が家を1週間空けることの大変さったら・・・前日まで自分の旅行の準備と合わせて留守中の家のモロモロに追われていたのはみんな同じだったと思います。私も前夜は睡眠3時間でした〜(@0@;)
何もかもやり終えて、いざ出発!

__ 2.JPG
フィンランド航空の機内より。この日のセントレアは良いお天気に恵まれました。

__ 3.JPG
離陸直後の伊勢湾。太陽の光を受けて美しい海が見えました。

__ 1-2.JPG
ロシア・ピリュイスクの西あたりから南方向に見える夕焼け。西に向かって飛んでいたため、この美しい夕焼けを何時間も見続けることができました。地球って広い。。。

IMG_0514.jpg
まるでクッキーかチョコレートの箱を開けたかのように美しく整ったヘルシンキの住宅街の上空。
ヘルシンキ経由でウィーンに向かいました。
フィンランド、いつか行ってみたいなあ。

IMG_0521.jpg
飛行機の乗り換えは、搭乗口まで氷点下12℃の中、バスで移動しました。冷たかった〜。
空港で見た夕暮れの空の美しさが忘れられません。グラデーションが幻想的でしたね。

__ 2-2.JPG
ウィーン・ルネサンスホテルの部屋の窓から見えた朝の風景。
地下鉄の駅や商店街が近くにあって、アクセスのよいホテルでした。

__ 3-2.JPG
リリアス年少組と。
朝ごはんをいっぱい食べて、これからリハーサルがんばるぞ!のポーズ(?)

__ 1-3.JPG
ウィーンのヤマハホールで午前中1時間程度のリハーサルをしました。
雪の道を歩きながら身体と気持ちを温めました。

__5-22.JPG
こんなホールが近くにあったら、ミニコンサートなんか気軽にやれそう・・・と思えるような、音響のよい素敵なリハーサル会場でした。
客席数200弱のこじんまりした空間ですが、ピアノが4台もありました。さずが、ヤマハ。
できたら日本各地にこんな施設を作ってほしい。。。

まだまだ、まだまだ続きます〜乞うご期待るんるん

posted by ひろこ at 01:07| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 演奏旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

ウィーンへいってきます!

21日(日)に開催される、ウィーン楽友協会での新春コーラスコンサートに出演するため、今日から1週間オーストリア・ウィーンとチェコ・プラハへ行ってきます。
帰ってきたらたっぷり報告しますので、楽しみにしていてくださいね!
尚、Facebookの方ではリアルタイムで写真などをUPしていきます。
ウィーンも来週初めに強烈な寒波がやってくるとのこと。
ヨーロッパの冬をいっぱい感じてこよう。
それでは、いってきま〜す(^0^)/♪
posted by ひろこ at 02:31| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

エーヴィゲブログ、立ち上げました。

アフタヌーンコンサートをはじめ、いよいよ来週本番のウィーン楽友協会でのコンサートにて演奏する、女声合唱団6団体のジョイント活動「エーヴィゲ・ハルモニー」のブログを立ち上げました。
只今あまり時間に余裕がないため、紹介程度の内容ですが、これまでの思い出写真やウィーンでの記録などを書いていきたいと思います。またアンチエイジングネタなども、ざっくばらんに書いていけたらと思っています。
右横のリンク先「エーヴィゲ・ハルモニー」からお入りください。
posted by ひろこ at 00:07| 岐阜 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

ごえんなこんさぁと名古屋公演

img005.jpg

新年初のコンサート案内です。

*************************************

小児がんの子どもたちのためのチャリティー公演 ごえんなこんさぁと 名古屋公演
〜竹下景子さんとともに〜

2013年1月14日(月・祝)※あと1週間後です!
14:00開演(13:30開場)
愛知県産業労働センター ウインクあいち大ホール
(名古屋市中村区名駅4−4−38 名古屋駅から徒歩5分)
全席自由[大人3,000円  高校生以下2,000円]

◇朗読とピアノと映像による「葉っぱのフレディーいのちの旅」
朗読:竹下景子 ピアノ:筧千佳子 作曲:村山祐季子 映像:渡辺 力

◇景子が選ぶラブラブ私のお気に入り〜映画編〜
台本・演出:しままなぶ お話:竹下景子 編曲:村山祐季子
フルート:南部やすか メゾソプラノ:杣友惠子 バリトン:野本立人 ピアノ:筧千佳子
賛助出演:豊田市少年少女合唱団(合唱指導:永ひろこ)

◇その他、歌やフルートのソロなど、心に響く音楽の数々をお届けします!

主催:NPO法人 朴の会
後援:愛知県、愛知県教育委員会、名古屋市、中日新聞社、中部日本放送

お問合せ:NPO法人朴の会事務局・Tel:080-5864-1507 Fax:03-5832-9153
E-mail:info@goenna.net
コンサート公式ホームページ http://www.goenna.net/ 

チケット販売:チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード183-938) 
芸文プレイガイド 052-972-6430

コンサートの収益金の一部は小児がんに関する相談事業、治療費援助、研究費のために使われます。
*************************************

バリトンの野本立人さんは伊勢市のご出身で、近年Nコンの課題曲を初演されるなど合唱指揮者としてもご活躍です。
実は私が高校時代に中部合唱コンクールで必ずライバル校として顔を合わせていた三重県の高校で活動してみえて、しかも学年が1年違いでしたので、一緒に出ていた年もあります。
そういった「ご縁」もあってのコンサート。竹下景子さんと豊田の子どもたちとのコラボもとても楽しみです。
先日も東京からお越しいただいた野本先生はじめ、ピアニストの筧先生、編曲の村山先生に熱心にご指導いただきました。子どもたち共々大変勉強になり、ありがたく思っております。

201316-1.JPG

野本先生のご指導は朗らかで子どもたちにわかりやすく、何より先生のバリトンの美声に稽古場の空気がパッと明るくなりました。

201316-2.JPG

今回合唱団は小学5年生から高校生までの40名で、サウンド・オブ・ミュージックやジブリ・メドレーなど、親しみやすい作品を中心に演奏します。演出もおもしろくなりそうです。竹下景子さんのトークの魅力とソリストの皆さんの演奏、子どもたちの合唱であたたかいコンサートになることでしょう。是非多くの皆様にお越しいただければと思います。



posted by ひろこ at 21:58| 岐阜 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | コンサート案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
正月三が日の明けた1月4日、今日も穏やかな晴天ですねかわいい

皆さん、お正月はどのようにお過ごしになられましたか?
私は大晦日、紅白の終盤に差し掛かるころ実家を出て、犬山にある尾張信貴山・泉浄院という、山の頂にあるお寺へ家族で除夜の鐘つき&初詣に行きました。もう30年ほど毎年欠かさず行っている家族行事です。

201311-2.JPG

この鐘、打った瞬間は一点Fで鳴りますが、しばらくすると1オクターブ下のDの倍音が響き渡ります。この音の周波数に合わせるように次の鐘を打つと、とてもよく響くことがわかりました。力強い良い音を鳴らすのは、やたら力むのではなく、瞬発力と脱力とタイミングが大切なんですね。このタイミングを司るのが指揮者の仕事なんでしょう。

201311-3.JPG

浄院の境内から見えた夜景。写真ではなかなかスケールの大きさを伝えきれませんが、ここ数年で最も良いお天気で視界は抜群。元旦の名古屋および近郊の夜景、素晴らしかったです。それに星もプラネタリウムのようによく見えました。ぴかぴか(新しい)

201311-1.JPG

元旦は午前中から次女の剣道・初稽古にお供しました。
お陰で元旦から早起きできましたわーい(嬉しい顔)
身体を動かすって、気持ちがスッキリしていいなぁ。

201311-4.JPG

守山区の実家から見た元旦の夕日。平和で美しく大らかな一年となりますよう。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


posted by ひろこ at 11:29| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。