2012年11月28日

11月30日アフタヌーンコンサート

img002.jpg

明後日の金曜日は、アフタヌーンコンサート〜女声合唱の集い2012〜を開催します。
6つの女声合唱団+エーヴィゲ・ハルモニーinウィーンの演奏で120分たっぷりご披露させていただきます。
いわゆる<ママさんコーラス>は苦手・・・と仰る方が多い昨今、なんとかオトナ女声合唱のイメージを払拭したく、必死にもがいて10余年。
どうがんばっても歳はとっていくものですが、自分のココロとカラダを老化させないコーラスサウンドを目指してがんばっています。
お陰さまで、すでにチケットは完売です。
どうかどの団もステキな演奏になりますようにと祈って、明後日の120分フル出演に備えて、ストレッチに励みます。
お越しいただけます方、若干開場を早める予定ですので、宜しくお願い致しますかわいい

img004.jpg
10月31日 毎日新聞夕刊に掲載されました。


posted by ひろこ at 19:23| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

November三連休・走る、走る・・・

秋の三連休、いかがお過ごしですか?
私は連休初日の23日は午前リリアス〜午後春日井〜夕方・夜豊田の計8時間トリプル練習、
昨日の24日は午前中富山の全国大会へ、大学の部の半分だけ聴きに行き、午後から戻って豊田の練習車(セダン)
東海環状道〜東海北陸道を使っていったら、うちから富山のオーバードホールまで、2時間30分で行けました。東海北陸道はアップダウンが少なくて、走りやすいですね。昨日は連休中日だったためか、渋滞もなくとってもスムーズでした。紅葉を愛でながらのドライブは快適でしたよ。

ひるがの.JPG

朝7時半のひるがのSA。気温2度ぐらいでした。
ゲレンデの雪、もう一息って感じですね。

神通川.JPG

富山市内、神通川にかかる橋の上から。堤防のすすきの原っぱが美しかった。

大学部門。。。外国作品を演奏される団体が多かったけれど、声・発音が頬骨の下、要するに口・あごの方で響いていて、頬の高さまで響いている発声の団体があまりみられず、残念でした。あと、ピッチも。。。全国大会というレベルに期待しすぎたかな・・・?
でも、どんな音楽をやるとかいう以前に、まずは発声のフォームとピッチだよな〜と、改めて思った全国大会でした。
最近は、若い世代の人たちの演奏の聴き方として、その方々がその歌い方でおじちゃんおばちゃんになっていった時に、どんな声になっているか、と思い浮かべるのです。若い時に植え付けられたことというのはなかなか後で拭えない。だから指導者は責任重大なんですよね。
児童合唱でも、その時だけお客さんに喜ばれる、あるいはコンクールなどで評価されればいい歌い方ではなくて、ちゃんと一生通用する美しい音色の楽器として成長させられるかどうか、っていうことが大切かなと思うのですね。
そういった美しい将来の音まで想像させられる可能性のある歌い方をやっていかなきゃ、と心から思いました。

夕方から連休2日目の豊田の練習には、定演での卒団生合同ステージ「いのちのうた」の作曲者、横山智昭先生にお越しいただいて、レッスンを受けました。

とよた1124.JPG

横山先生は京都の方らしく、物腰柔らかで、子どもたちに納得いくように丁寧に作品のことをご指導いただきました。
1曲ずつ、どんな作品をヒントにかかれたのかピアノを弾いてくださり、その度に子どもたちから感嘆の声がるんるん
5つの作品がそれぞれ、奥深さを秘めていることがわかってきました。作品のごとく、ステキな感性をお持ちの横山先生です。

とよた1124−2.JPG

「いのちのうた」は、わかりやすくてお洒落で、私が一耳惚れした作品です。
出版後、若い世代での全曲演奏はおそらく豊田が初めて、ということです。
音楽が具体的にわかってきて、子どもたちも歌う気満々。(横山先生からは肉食系と言われてしまいました・・・^^;)
演奏会がとっても楽しみですかわいい12月23日の演奏会では、横山先生のトークもあります。乞うご期待ぴかぴか(新しい)
横山先生、楽しく充実したレッスンをありがとうございましたるんるん


posted by ひろこ at 06:32| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

週末てんこもり

てんこもりの先週末。
土曜日は朝から「エーヴィゲ・ハルモニーinウィーン2013」の通し練習でした。
やればやっただけの成果は上がるものですが、やればやるほど欲も出てきます。音楽のゴールは果てしないですね。。。でも、大事なのは練習の量だけではなくて、その時々どれだけ全員が歌・合唱のパワーを放っているか、ということだと思います。なんとなく自信なさげ、ではお客様に失礼。皆さんが自信を持って舞台でのびのびと歌えるように、ラストスパート私もがんばりますので、歌う側の皆さんは自分で解決できることはちゃんとやって練習に臨みましょうね。
その後の豊田では、今回定演でのラストステージ「天使にラブ・ソングを・・・」のシンセサイザーアレンジをお願いする岩本渡先生にお越しいただいて、演奏する全曲を聴いていただきました。
今回は市民文化会館大ホールでの開催ですが、反響版はもちろんつけて、楽器関係はオケピの中で演奏します。ドラムスなどパーカッションも入り、子どもたちはラップにも挑戦しますカラオケ 岩本先生のアレンジで前奏曲やBGMなども加わり、ステキな音の演出になること間違いなしですよるんるん  

昨日の日曜日は午前中 <ラ・ムジカ&合唱団MIWO ジョイントコンサート> のリハーサルにお邪魔しました。
大谷先生・エヴァちゃん.JPG

大谷先生と、ハンガリーからいらっしゃったエヴァさんとともに、なんとピアニストの斉木ユリ先生に私のiphoneで撮っていただいた、貴重な一枚ですかわいい
お二人とも、豊田に客演指揮者としてお招きしたことのある偉大なマエストロ。
今年また再会できて本当にうれしかった。ご両人はもちろん尊敬する指揮者ですが、私にとってはホッとできる存在でもあるんです。
今回は午後から豊田の振付練習のため、残念ながら本番は聴けませんでしたが、MIWOさんのプーランク「雪の夜」、フランスもののしなやかでまったりしたフレージング、熟練された合唱アンサンブルでなければこの音色は出せないな、凄いな〜と思いました。
La Musicaさん単独の演奏は2008年のコンクールで聴かせていただいたきりでしたが、エヴァさんに代わって犀川裕紀さんが指揮者に入られ、充実した混声のアンサンブルを楽しませていただきました。
男女の平均年齢にけっこう差がある感じでしたが、世代を越えて合唱を高められるよいお手本だなと思いました。途中からエヴァさんがソプラノに加わられたのですが、合唱に入られても飛び出してしまうことが全くなくて、トップソプラノの音が美しくハモる音にまとまるのには驚きました。自分もこうありたいなぁ。
今回の目玉であるブラームス「ドイツレクイエム」は、残念ながら時間の関係でほんの少ししか聴けませんでしたが、双方の団のそれぞれの音の良さが1つになって、重厚感のあるブラームスの音楽を表現するのにピッタリだったんじゃないかと思います。1つの団ではできない音を表現できる良さがジョイントの魅力ですね。
貴重なリハーサルを見学させていただき、ありがとうございました。

そして豊田へ移動後は・・・
豊田1118−2.JPG

「Joyful,joyful」の振付練習。
やる気満々、熱気ムンムンの豊田メンバーです。稽古部屋の暑いこといい気分(温泉)

豊田1118.JPG

先々週に一通り振付が決まった後の昨日の志乃舞先生のレッスンでは、先生のアドバイスを受けて子どもたちの動きがどんどん積極的になってきました。同じように動いていても、「ああ動いているな」と思うだけの時と、見ていて凄いパワーをもらう時があって、大勢で表現することの原点、一人一人が何かを発信することの重要性を学びましたね。
聴きにきてくださる方々に来てよかったと思っていただけるような演奏表現になるよう、あと1ヶ月、がんばっていきましょうるんるん

img001.jpg


posted by ひろこ at 23:52| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

<もっと上手に><もっと楽しく>

こんばんは!
今月30日には、オトナ女声6団体+ウィーン合同合唱団の7団体120人によるアフタヌーンコンサート、
来月22日には布池教会クリスマスメディテーション、翌23日には豊田市少年少女合唱団創立35周年記念の演奏会、1月には14日に竹下景子さんとの共演でチャリティーコンサート、18日からウィーン・・・と本番が控えている今月は練習はもちろん、モロモロの準備に追われる毎日です。

今日の練習の中から感じたこと・・・
合唱が<もっと上手になるように>を心掛ける時期と、<もっと楽しくなるように>を心掛ける時期があります。
成長期の10代20代は前者、高齢になるほど後者に重きを置いて活動することが多いかな。
目標が近づくと、どうしてもシニアの方々に<もっと上手に・・・>を求めてしまうスイッチが入ってしまうからお互いにしんどいのよね。。。みなさん、ごめんなさいm(_)m

<もっと上手に>と<もっと楽しく>のスイッチは、急にどちらかがON・OFFになるのではなく、どの世代の合唱団でも両方持ち合わせているものなんですよね。時と場合によって、そのバランスが変わってきたりもするものですしね。
どちらも大事なスイッチですかわいい


posted by ひろこ at 20:41| 岐阜 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

三重県おかあさんコーラス大会

こんにちは!
今月に入ってから急に寒くなりましたね。セーターやコートを出したり、灯油を買いに行ったり・・・冬支度にいそがしい週末でした。

先週の木曜日、11月1日に津市の三重県文化会館大ホールに於いて、三重県のおかあさんコーラス大会が開催され、講師としてお招きいただきました。
三重県は、県の合唱連盟の中にこの会を主催するおかあさんコーラス連盟が組織されているとのこと。おかあさんのパワーがとても効果的に県連の中で発揮されているのです。
講師の控室のテーブルには美しいお花が飾られ、胸につけるコサージュも手作りの美しいお花で、出してくださるお茶もお菓子も吟味された美味しいものばかり・・・女性ならではの気配りが生かされていてすばらしいこと!他県も見習って、おかあさんのもてなしのチカラを発揮できるようになるといいのになと思いました。

大会では、36団体のおかあさんコーラスの演奏を聴かせていただきました。
今回で35回目という歴史ある大会を継続されてきただけあって、どのグループもレベルが高く、発声、音程、言葉の発し方など、美しく演奏される合唱団が続きました。
おかあさん団体ばかりとあって、衣装にもそれぞれ工夫が凝らされて、いろいろと参考になりました。
1日、この大会を聴きに行くだけでもおもしろいですよ。
きっと他県からも聴きにいきたいとおっしゃる方がみえると思います。

関西で声楽家としてご活躍の清原千賀先生と講師でご一緒しました。大阪府合唱連盟理事長清原浩斗先生の奥様ですが、お歳をうかがってビックリがく〜(落胆した顔)
お美しくて、お肌ツヤツヤ、ファッションも若々しく、どう見ても年齢より20歳はお若い感じでした。
お話は関西女性の代表、といった感じで、おもしろくて楽しくて的を得ていて・・・大変刺激になりました。
いつまでも美しくステキでお話の楽しい女性・・・理想ですねかわいい

大会終了後は、おかあさんコーラス連盟創立30周年記念のレセプションが、施設内のリハーサル室で行われました。

三重1.JPG三重2.JPG三重3.JPG三重4.JPG

これら、すべて理事団体のお母様方の手作りなんですよ!!!
朝早くから、お料理の準備をなさって、舞台でお歌いになられて、この会場のセッティングまで・・・
主軸になってやってみえたのは、私よりも1世代上の方々の多い合唱団のお母様方です。凄いパワーだとおもいませんか!!!
お料理も、スウィーツも、お花も、この後のビンゴ大会も、心から楽しませていただきましたぴかぴか(新しい)
合唱のレベルだけでなく、女性としての知恵・心遣いやお料理の腕、センス、そしてこの連盟を統括する行動力・・・三重県のおかあさんコーラスの皆様のすばらしさを、いっぱい勉強させていただきました。
これからも、すばらしい合唱の輪が継続されますことを心からお祈りいたしております。

私たちもがんばらないとね〜〜〜かわいい

posted by ひろこ at 14:33| 岐阜 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 演奏会・映画などの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。