2011年12月26日

お疲れ様でした&ありがとうございました。

クリスマスクリスマス3連休、コンサートに関わられた皆さん、お疲れ様でした。
そして、息も凍りそうな寒さの中、聴きにきてくださいました皆様、本当にありがとうございました。
3日間とも、本当に寒かったですね〜。。。雪
特に23日の教会と、24日のロビコンは、冷え込みました。例年にない寒さでしたが、お越しいただいた皆様はお風邪など、大丈夫でしたでしょうか?
教会は、開演ぎりぎりまで暖房をフルに入れてくださっているのですが、空調の音が、聖堂の残響のお蔭でワンワン響いてしまい、演奏に支障をきたすため毎年切ってくださっているのです。あの石の床独特の寒さは、まるでヨーロッパの教会のよう。それだけあの聖堂が本格的に作られているっていうことだと思います。

コールリリアスとトゥインティによる「Ave Maria」の数々をお送りしましたが、太田神父様からの「Ave Maria」に関するお話や、十字架に張り付けられたイエスとそれを左横で祈るように見つめるマリアが描かれたステンドグラスを見ていると、最愛の子どもを失わなければならない母親の気持ちとは、どんなものだろう・・・と、震災で犠牲になった子どもたちの親や、親に残された子どもたちのことを思いました。
貧しい馬小屋の中でお生まれになったイエス様と母なるマリアへの祈りの聖歌は、辛い境遇にある方々が新しい希望に向かわれる祈りの音楽でもあると思います。
この1年をこの聖歌で締めくくることができて、よかったです。


24日は豊田市コンサートホールにて、オーケストラとのリハーサルや、イブの夕方のロビーコンサートに出演しました。
今回は、一般市民の方々の公募合唱団で30名ほどの方々が「主よ人の望みよ喜びよ」などを少年少女と一緒に歌われたため、その事前指導を1時間させていただきました。
リハーサル会場に行くと、ソプラノは小学生ばかり、しかも大半が小2までの可愛らしい皆さん、そしてアルトや男声は一般の合唱団でお歌いになられているベテランの方々・・・と、まあ合唱のキャリアも違えば世代も違い・・・わーい(嬉しい顔)
しかし、今回のクリスマスイベントの趣旨にはピッタリの、子どもから大人までが一緒になって合唱する良い機会だったと思います。こんな合唱団はどこを探してもなかなか見つかりませんからね!しかも一流のオケと共演できるのですから・・・参加者の皆さんは本当に良い経験になられたと思います。
私も事前指導では、子どもから80代までの方々を日頃指導させていただいている経験をしっかり反映させていただきましたわーい(嬉しい顔)
このような垣根を低くしたにわか参加型の合唱イベントも面白いですよね。こういった機会が何度もあると、そのうち歌う仲間も広がっていくような気がします。(しかし今回は有名な曲とはいえ、ドイツ語のバッハのモテットですからね。。。決して垣根は低くないのだけれど・・・
^^;)
夜のロビーコンサートでは、合唱団の家族を中心に大勢のお客様が、コンサートホールのある参合館ロビーの吹き抜けの上の方までびっしりと、ビデオカメラを回していらっしゃいました。お父様・お母様への素敵なクリスマスプレゼントになったかな?プレゼントるんるんクリスマス

25日は愛知室内オーケストラとのコンサートで、「くるみ割り人形」の雪片のワルツをユースが、またルロイ・アンダーソンの「クリスマス・フェスティバル」というメドレーをミドル以上で、そして全団員と公募合唱団の皆さんとで、バッハのモテットときよしこのよるを演奏しました。
愛知室内オーケストラは、愛知芸大の卒業生が主体となって作っているオケですが、若手プレイヤーが多く、清々しくかつ生き生きと安定したサウンドでアンサンブルも美しく、これからの活躍がとても楽しみです。私よりも若い世代の方々ばかりですが、なんだか親しみがわきますし、何より音が安心できるんですよね。
ちょっと残念だったのは、3割程度の空席があったこと。
1ヶ月前から、チケットは完売で、合唱団のご父兄からの問い合わせもお断りしていたのに・・・
今回は午前中から、楽屋やリハ室をフルにオープンにして、各部屋で楽器のワークショップのようなことをしていて、それもコンサートも同じチケットで参加できたため、午後のコンサートの前に帰られる方もみえたそうなのです。
「くるみ割り」の演出も凝っていて、音楽も本当に素晴らしかったのに、あの空席はもったいない!!
今後はもう少し良い対応をしていただきたいですね。
でも、元コンサートホールの職員の方のお話によると、どんなに高いチケットの演奏会で完売しても1割は死ぬ(空席になる)のらしいです。
客席を埋めるって、難しいことなんですね。

トナカイとユース.JPG
「雪片のワルツ」に出演したユースと、トナカイくんとクリスマス

そして終演後、日暮れ時の雪がちらほら舞う超寒い中、徒歩で別会場に合唱団メンバーは移動し、2時間、年内最後の練習をしました。
クリスマスコンサートのリハと本番に明け暮れた3連休でしたが、1月の定演に向けて、頭を切り替えて練習できました。貴重な2時間でした。

さあ、私もようやく冬休み。
おそろしく溜まった家事を片付けないとね〜^^;

posted by ひろこ at 02:33| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会・映画などの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

クリスマスコンサート案内

おはようございます!
冷え込んできましたね〜。朝から雪雲にすっぽりと覆われた多治見です。
ホワイト・クリスマスはステキですが、私のクリスマス3連休はコンサートが続くので、雪道になると移動に困るぅぅ・・・がく〜(落胆した顔)
しっかし今朝の雪雲、頑丈そうだわー。
雪さん、どうかほどほどに・・・!


クリスマスさて、明日からのクリスマス3連休に行いますコンサートをご案内。

◇23日(金) 16:00〜17:00 
カトリック布池教会 クリスマス・メディテーション
<出演>コール リリアス、トゥインティ(豊田市少年少女合唱団OG・OB)、布池教会挙式部オルガニスト
<プログラム>M.Head,MacIntyure,佐藤賢太郎,F.Biebl による「AVE MARIA」 他 
※入場無料(メディテーションでの献金は、児童養護施設へ全額寄付させていただきます。)

◇24日(土) 17:00〜17:30
豊田市・参合館ロビー クリスマスコンサート
<出演>豊田市少年少女合唱団
<プログラム>ジングルベル、きよしこのよる、赤鼻のトナカイ、サンタが町にやってくる、ホワイト・クリスマス 他
※入場無料

◇25日(日) 15:15〜16:15
豊田市コンサートホール “クリスマス”フェスティバル
<出演>田中祐子(指揮)、徳岡めぐみ(パイプオルガン)、愛知室内オーケストラ、豊田市少年少女合唱団
<プログラム>音楽物語「くるみ割り人形」(チャイコフスキー)、クリスマスフェスティバル(ルロイ・アンダーソン)、主よ人の望みよ喜びよ(J.s.バッハ) 他
※チケットは完売致しました。


クリスマスクリスマスクリスマス皆様、ステキなクリスマスをお過ごしくださいますようクリスマスクリスマスクリスマス




 
posted by ひろこ at 08:55| 岐阜 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

リリアス教会練習&忘年会

リリアス忘年会.JPG

昨日は、23日に行われるカトリック布池教会のクリスマス・メディテーションのリハーサルを教会の聖堂で行いました。一般の演奏団体は、まず利用させていただけない聖堂ですので、本当に貴重な時間でした。
あの空間の中で、ラテン語の宗教曲を演奏すると、口先だけの発声・発音では聖堂を響かせられません。AIUEOの母音がお腹から意識されているものでないと、浅い日本人的な母音のままでは教会を満たすハーモニーにならないのです。身体できちんと支えられた声で、しかし余分な身体の力は抜いて、母音は下あごや舌に力が入らないよう、そして声が奥に引っ込まないよう前に当たる音で・・・
聖堂での2時間の練習は、かなり厳しく母音と発声のことに集中しましたが、良くなった方の発声で、23日は演奏できるといいけどな。

忘年会は、聖堂に隣接する聖ヨゼフ館でお食事をいただきました。

リリアス忘年会いちごサンタ.JPG

キュートでラブリーないちごのサンタさんのデザート黒ハート
今年は、震災の影響で何かと自分たちのことを手放しに喜べないところはありましたが、今年の一文字「絆」とあるように、身近にいる家族や友人・仲間を大切に、自分たちの心が健康であるように過ごすことが大切ですよね。支援するにも、まず自分たちが明るく元気であらなければね。
来年も素敵な仲間たちと良い合唱活動ができますよう!






posted by ひろこ at 07:54| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

中学合唱祭

昨日は次女の中学の合唱祭がありました。
娘の通う学校では、コンクールではなく、学年合唱とクラス合唱の発表をしますが、賞がなくとも、真剣に取り組んでいる中学校です。各クラスに「合唱向上委員」なんていう係もあるんですよがく〜(落胆した顔)

会の最後に挨拶した、たくましいソフト部の女子生徒会長さんは、「手紙」のアルトパートを1フレーズアカペラで歌って、「私一人でアルトを歌っても何もおもしろくないけど、合唱はソプラノがいて、テナーやバスがいて、みんなで歌うとまったく違う感動的な音楽になるから、本当に合唱って凄いと思います。」
「本番はたったの4分だけど、それまで何時間も費やしてきた仲間との合唱の時間が何よりかけがえのないものだった。」
・・・中学生の生きた言葉で語られた合唱の原点。なんだかオバサンは涙が出ちゃいました。

また、終わりの会で集まった1年生の学年主任の先生からは、「合唱には、その人の生き様が出る。自分が仲間との関わりの中でどう生きているか、どう生きていきたいか、合唱を聴けばわかる。」
という、これも深〜いお話でした。

中学校の全校活動で、ここまで深まっているんですよ!
オトナのみなさん、負けていられませんよ!!


posted by ひろこ at 00:36| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

若い世代の昭和志向

昨日たまたまかけていたテレビで、最近若い世代で昭和の歌謡曲がブームになっているとのことだった。

先日、合唱連盟50周年記念演奏会のライブ録音を車で聴いていたら、同乗していた高校生の娘が、オケ版の「落葉松」を大変気に入っていたようだった。「なんかこのレトロな雰囲気がたまらない〜いいな〜」とか言って、合唱やらない子がずっとメロディーを口ずさんでいた。

そういえば、秋に行った中学校の校内合唱コンクールでも、中学生が「流浪の民」を感情を込めて熱唱していた。(これは<昭和の歌>じゃないけど!)

世の中日々進化する中で、この現象はすごくおもしろいなと思う。<レトロブーム>は度々起こることではあるけれど。。。私たちの10代後半の頃は、フィフティーズが大流行したから、考えたらあれから30年、70〜80年代の歌謡曲がブームになるのはサイクルとしてはピッタリだわね〜。

でも、若い世代と好きなメロディーを共有できるっていうのは幸せ。西城秀樹さんや麻丘めぐみさんが、来年は引っ張りだこかもね〜。。。シンプルで気持ちを込めやすい昭和歌謡。お父さん、お母さん、出番ですよわーい(嬉しい顔)

posted by ひろこ at 02:04| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

ランチ忘年会

12141.JPG

金山の29階の素敵な眺めのお部屋で、今日はマーレの忘年会がありました。
ここでランチの最中に、地震が・・・がく〜(落胆した顔)
高いところって、揺れるものですね〜。でも、皆さんと一緒だったので、わ〜地震だね〜〜とかって騒いでいるうちにおさまっちゃいました。一人であのお部屋にいたら相当怖かったと思いますが。。。
震源地は東濃北部ということらしいですね。中学校にいた次女は、ゴ〜〜って音が怖かったと言っていました。


話を戻して・・・マーレの忘年会はお洒落な中華レストランでした。

12142.JPG

美味しいものを、皆さんと楽しくいただけて幸せでした黒ハート
いろ〜〜〜んなお話の中で、とても興味深かったのは、元ナースのKさんの血液型がB型で、Kさんのいらした科のナース24人中20人がB型だったというので・・・がく〜(落胆した顔)
職種と血液型って何か関連あるのかな。。。


さて、こちらは一週間前にあったおばたコーラス忘年会の最後のデザート。

12143.JPG

おばたコーラスは毎年プレゼント交換に必ずメッセージを添えて、いただいたメッセージとプレゼントを全員が披露します。
今年皆さんが披露されたメッセージには、震災のことが多く書かれていました。
どうか皆さんの優しい気持ちが、辛い思いをされている人たちに届きますように。

posted by ひろこ at 21:03| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

第33回 豊田市少年少女合唱団定期演奏会

EPSON002-1.jpg

新年1月に、豊田市少年少女合唱団の定期演奏会を行います。
今回は、ハンガリーから合唱指揮者のラヂッチ・エヴァ先生をお迎えして、ハンガリー合唱名作品の数々をお送りします。
また最終ステージでは、杜こなて先生によるシアターピース「鳥のフィエスタ」を演奏します。
寒さにも負けず、練習に励んでいるこどもたちの歌声を、どうぞお楽しみにるんるん

*************************************

第33回 豊田市少年少女合唱団定期演奏会

2012年1月29日(日) 開演15:00(開場14:00)

豊田市コンサートホール

入場無料(要整理券)
12月10日(土)より配布開始
※未就学児の入場はご遠慮ください。


<PROGRAM>

◇日本の民謡・わらべ歌
  ほったろこい  作曲:水野七星
  そうらん節  作曲:佐藤 真  他

◇無伴奏女声合唱のための「伊予のひめうた」  作曲:松下 耕

◇小学生のステージ
  グリーングリーン 作曲:バリーマクガイア・ランディ・スパークス 作詩:片岡輝
  じめん  作曲:鹿谷美緒子 作詩:まど・みちお  他

◇ハンガリー合唱作品
  Angyalok es Pasztorok 天使と羊飼い 作曲:ゾルターン・コダーイ 
  Tuzciterak 火のツィテラ 作曲:ミクローシュ・コチャール  作詩:ラースロー・ナジ
  Esteli notazas 夕暮れの歌声 作曲:ヨージェフ・カライ   他

◇ 歌物語「鳥のフィエスタ」  台本・作曲:杜こなて

指揮:ラヂッチ・エヴァ(客演)・永 ひろこ・飯田牧子
ピアノ:杉浦潤子・掛川遼平

衣装デザイン:KAZZ
衣装制作:保護者会衣装ボランティア


主催:公益財団法人豊田市文化振興財団・豊田市・豊田市教育委員会
後援:愛知県合唱連盟
問合せ:豊田市民文化会館内 豊田市少年少女合唱団事務局(0565)31−8804

※本日の段階で既に整理券が600枚出ております。お申し込みはお早めにお願い致します。

EPSON003.jpg
画像をクリックすると少し大きく見られます。




posted by ひろこ at 20:02| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

リリアス4thコンサート<その2>

<Wステ A Little Jazz Mass>

BE5D9805.jpg


BE5D9846.jpg

ピアノ&アレンジをしてくださった岩本渡さん。

BE5D9815.jpg

ベースの吉澤俊樹さん。

BE5D9814.jpg

ドラムスの野々垣行恵さん。

BE5D9823.jpg

BE5D9833.jpg

IMG_3242.jpg


<アンコール ルパン三世・上を向いて歩こう>
ようやく私も歌解禁るんるん

BE5D9858.jpg

BE5D9863.jpg

BE5D9865.jpg


<ゲスト及び裏方表方スタッフの皆さんと>

BE5D9904.jpg


本当にお世話になり、ありがとうございました。
大勢の方々のお蔭でできたコンサート。人と人とのつながりの大切さをつくづく感じます。
聴く人と演奏する人のつながりあっての音楽でもありますね。皆様に感謝。
素敵なつながりが、これからも広がっていきますよう、精進していきたいです。



posted by ひろこ at 01:35| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 演奏会の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

コールリリアス4thコンサート<その1>

BE5D9863.jpg

リリアス4thコンサートの写真、↑はアンコール「ルパン三世」でみんながフジ子に変貌した(?)ところ。
大きな拍手をいただけて幸せでしたね。

さて、ここからはステージ順に。

<Tステ 現代聖母マリア賛歌>

IMG_3216.jpg

BE5D9682.jpg

BE5D9683.jpg


<柴田理恵先生によるピアノソロ>
 
BE5D9739.jpg


<Uステ 七つの子ども歌>

IMG_3220.jpg


BE5D9753.jpg

BE5D9754.jpg

BE5D9757.jpg


<Vステ 海・ふるさと・祈り>
 
BE5D9771.jpg

お客様とともに、被災地への祈りをこめて「ふるさと」「夕焼け小焼け」を歌いました。
IMG_3228.jpg

BE5D9789.jpg

IMG_0267.jpg

(続きはまた後日・・・)

posted by ひろこ at 02:19| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

クリスマス・メディテーション

布池2011.jpg
(チラシ↑をクリックすると大きくなります。)

カトリック布池教会のクリスマス・メディテーションに、今年も出演させていただきます。

クリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマスクリスマス

「今日、あなたがたのために救い主がお生まれになった」
       (ルカ福音書2章11節)


クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝う日です。
キリスト教会では貧しい馬小屋で生まれたイエスを毎年盛大にお祝いします。
このページェントは、救い主イエスの誕生の喜びを
オルガン演奏や賛美歌でお届けするものです。
そして世界中で生まれるすべての子どもに神の祝福があることを祈ります。
皆様のおいでを心からお待ちいたします。

日時:12月23日(金・祝) 午後4時〜5時(3時30分開場)

場所:カトリック布池教会大聖堂(地下鉄東山線「新栄町」下車徒歩6分、「千種」下車徒歩7分、桜通線「車道」下車徒歩5分

入場無料 (メディテーションでの献金は、児童養護施設「麦の穂乳幼児ホームかがやき」へ全額寄付させていただきます。)

出演:布池教会挙式部 オルガニスト
   コール リリアス
賛助出演:トゥインティ(豊田市少年少女合唱団OG・OB)

プログラム(合唱)
 Michael Head (イギリス 1900〜1976) Ave Maria 
 David Maclntyre(カナダ 1952〜)   Ave Maria 
 佐藤 賢太郎(日本 1981〜)     Ave Maria 
 Stephen Hatfield(カナダ 1948〜)The virgin Mary had a baby boy(トリニダードトバゴ のキャロル)
Franz BIEBL(ドイツ1906〜2001) Ave Maria
他にも、パイプオルガンのソロ演奏や、オルガン伴奏での「きよしこのよる」「もろびとこぞりて」の全員合唱があります。

今回はリリアスと、豊田の卒団生の合同演奏、大変楽しみな聖母マリア賛歌のサウンドです。
神父様の大変貴重なお話や荘厳なパイプオルガンの音とともに、心清らなクリスマスのひとときをお届けできますよう。
ぜひ23日は布池教会へ、お出かけくださいるんるん



posted by ひろこ at 12:12| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。