2011年04月30日

休日。

こんな時間に、こんばんは!
GW初日の昨日は、朝からのんびりテレビを観ていました。
NHK総合のドキュメンタリー番組「三代友達〜大地の祈り 黒川能の絆(きずな)〜」
500年以上続いている山形県の農村の「黒川能祭(別名豆腐祭り)」に向かう農民たちの生活ぶりを取材した番組でしたが、映像の美しさ、映し出される人々の純粋さ、ひたむきさに心打たれました。
伝統芸能を500年間、形を変えずに継承していることのすばらしさや厳しさ、
日本の農村の「祭り」というのがこんなにも神聖なものであるということ、
受け継がれてきた生活に根付いている舞や音楽の価値、
本当に凄いなと思います。
この凄さに恥じないような活動をしなくては、と思わせられる番組でした。
美しいもの、美しい生き様は、心を打ちますね。

お昼には両親・弟家族とともに名駅で食事を。
GW初日の名駅は、とても混み合っていました。
震災で旅行などを自粛する代わりに私たちと同じように皆さん近場で休日を過ごしているのかな、とも思えました。

ロイヤルウエディングの様子はニュースで見たのですが、こちらは英国の伝統の美しさ(教会などの建物、衣装、音楽、騎馬隊・・・他モロモロ)満載でした。ケイトさんの落ち着きのある美しさが素敵でした。

フィギュアスケート・ショートプログラムは、見ていていろいろ考えさせられました。
素直で勤勉だけでは、芸術・スポーツは難しいんだな〜って。
どのような環境に身を置いたら、自分が自分らしくやれるか、っていうこととか。
それは、本番での演目や音楽や衣装もだし、ホームグランド・コーチといったことも。。。

昨日、義妹に長女が洋服をプレゼントしてもらい、私と娘では選ばないような服だったんですけど、娘が着てみたら物凄く似合ってまして。
「出逢い」のすばらしさっていうのは、このようなことではないかと思いましたね。
もちろん、音楽でもスポーツでも日々自分が努力することが何よりですが、思いがけない出逢いがきっかけで良い方向に向くってことも大いにあると思います。
そういう偶然性のようなことも大切にできる自由さが、音楽やスポーツをやる人には必要なんでしょうね。

さあ、一晩寝たら、家中の大掃除が待っているぅ〜〜〜(^^;)

posted by ひろこ at 02:41| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

世の中狭し

今日はさざんかとおばたの練習の間のお昼の時間に、今度リリアスの4thコンサートの印刷物やお写真でお世話になる竹村さんと稲沢で打ち合わせをしました。
これまでもアフタヌーンコンサートでお世話になった竹村さんでしたが、お会いしてゆっくり打ち合わせるのは初めてでした。
シルクスクリーンのポスターなどを手がけていらっしゃるデザイナーさんですが、ふとしたところから彫刻家の話になり、親しくしている葉栗さんという作家がいる・・・というのでめちゃ驚いてしまいました〜〜〜目
葉栗剛さんという作家は、うちのととさんの大親友でありまして、我が家とは長い付き合いでして、もちろん私も学生の頃から可愛がっていただいたオッサンでして・・・(あらら、失礼!大作家先生に向かって<オッサン>とは!SΟЯЯΥ_φ(´c_`。ヾ)。゚。*.°)


竹村さんが作られた葉栗さんの作品パンフレットをバッグから取り出され、見せてくださいました。

IMG_0869.jpg


葉栗さんの作品はかなり型破りな発想ですが、ファンも多いそうです。

葉栗剛さんのHP

数年前から更新されていないところも葉栗さんらしく・・・(^^)
是非作品をご覧になってみてくださいね。
「合唱団」というタイトルの彫刻もありました。コチラ
人と音楽の凄いエネルギー。これに負けない演奏をしなければ!!


近年の作品の写真がコチラコチラに載っていました。


それにしても、世の中狭いものですね〜。。。



posted by ひろこ at 00:12| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

あたたかい関係

IMG_0866.jpg

こんばんは!
今日は朝方よく晴れていて、今日はお洗濯&布団干し日和だ〜とはりきって干しまくったのに、出かけようと玄関を出たところ、あやしげな分厚い雲が・・・
うわぁ〜〜〜こりゃヤバそうだぁ〜〜〜!!
と、大慌てでお布団を入れ始めたところ、大粒の雨がポツポツと・・・
なんとかギリギリ濡れずに済みましたが、アセッタ〜〜〜(@@;)
フェイントかけられた気分ですわ。お空にだまされた!

そんな気まぐれな春の空の下、顔色変えずに咲いているキミたちはエライ!!
焦ったり怒ったり、人間は愚かですねぇ。
花のように、穏やかに美しく咲いていたいものですねぇ。。。


さて、先週末は子どもの学校のPTA総会と合唱団の保護者総会がダブルでありました。
学校の方は聴く側、合唱団の方は情報提供する側。
学校の先生方や来賓の方々のお話を聴いて、自分はこうしよう、とある程度の理想を持って臨んだ合唱団の保護者総会でしたが、年に一度の保護者にお話する機会とあって、毎年手短にしようと思っていながら、ついつい熱弁してしまう・・・あはは・・・(*^^*;)
だから「熱い指導者」なんて言われてしまうのね・・・(^^;)

しかし、子どもに関わる活動は、保護者のバックアップというものが大きく反映される。
それは自分の子どもを通しても痛感することだ。
今までジョイントした海外の合唱団と親(家族)とのつながりのしっかりしていること!
保護者と合唱団(指導者&子供達)が、もっと近い関係になるような活動をこれからは考えていきたい。

その突破口を開かれたかのように、総会冒頭の昨年度会長あいさつの際、ご準備いただいたこの1年間の合唱団のさまざまな活動シーンをコメントつき画像に編集されたものをスクリーンで見せてくださった。
場内の保護者の皆さんの表情がとてもにこやかで温かいものになった。
ご準備いただいた画像のすばらしさと、活動の中の子供達の表情がどれをとってもすばらしく、生き生きとしているからだ。
あの子供達の笑顔と、それを見た親御さんの笑顔をこの先もつなげたいと心から願う。
合唱団に関わる子供達・指導者・協力者・保護者が、みんな仲良くあたたかい関係であることを心から願う。


話は変わりますが、キャンディーズのスーちゃん、悲しいですね。
自分が小学校高学年のころ、ピンクレディーとともにクラスの女子のみんなで歌って踊ったまさに「アイドル」でした。
キャンディーズの3人は本当にあたたかい関係だったんですね。だからいつまでも多くの人たちから愛される存在なのでしょう。
スーちゃん、ありがとう。



posted by ひろこ at 23:58| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

発声講習会

こんばんは!
東日本大震災から、はや40日が過ぎました。
福島原発10キロ圏内の酪農農家の飼い主が避難を余儀なくされて、残された畜舎の牛たちの映像が先ほどテレビで流され、その悲惨さに胸が押しつぶされる思いでした。愛情をかけて牛の世話をされていた飼い主の方たちは言葉にできないほどの辛さや苦しさ、悲しみを抱えていらっしゃることでしょう。
津波で壊滅的な被害にさらされた方たちも現場で、その無残な光景を目の当たりにし、今なお不自由な避難生活を送っていらっしゃる・・・しかも大きく深い心の傷を抱えて・・・
本当に一刻も早く、生活再建の見通しが立って被災地の方々に希望を持っていただけるよう願うのみです。国を挙げて全力で支援すべきですよね!


さて話は変わりますが、このたび私の関係する5つオトナ女声合唱団が集って、ヴォイストレーナーとして全国的に名高い坂本かおる先生をお招きして講習会を開くことになりました。所属合唱団員以外の方も聴講可能に致しましたので、ご案内させていただきます。


<坂本かおる先生 発声講習会>

日時:5月20日(金) 午前の部 10:30〜12:30 全体発声講習
            午後の部 13:30〜16:15 5団体それぞれの団別レッスン

会場:名古屋市音楽プラザ5階合奏場

聴講料:半日2,000円 1日3,000円

尚、今回の聴講料の収益は東日本大震災の義援金として寄付させていただきます。


ちなみに私の指導する合唱団は、コールリリアスのようなアカペラのハーモニーを追求する団もあれば、60代・70代・80代のシニア層の方々の、キャリアも40年以上の方から初心者まで一緒に活動されている団など、とてもバラエティーに富んでいます。
オトナ女声合唱団が抱えるさまざまなケースの声の悩みを、坂本先生がいかに解決されるか。
合唱関係者の皆様、是非お勉強にいらしてください!

(聴講希望者多数の場合は先着順とさせていただきますのでご了承ください。)


posted by ひろこ at 23:59| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

宇宙人的ヴォイス・母音の色

IMG_0862.jpg

おはようございます!
今朝の我が家付近の山をカメラ
桜の花が終わり、木々の新芽が一斉に吹きだすこの頃の山は本当に美しいです。
GWになるともっと緑が鮮やかになるのですが、今の、桜もまだチラッと残っている山の風景はとても立体感と風情があるんですよ。

先日のアンコンの中学校の部を聴いていて、少し気になったことがあります。
<宇宙人的ヴォイス>でアンサンブルしているグループがとても多かった。
一体どうしたのだろう、今まで、例えば咽喉を開けているつもりが下あごに力が入ってしまって声がこもるケースなど、中学生が偏りがちな発声はいくつかみてきたけれど、今回はやたらこの<宇宙人的ヴォイス>が多いな〜と思ってしまいました。
ちょっとかための、チューブからひねり出したような声。
何だろう、どうしてなんだろう・・・と思って家に帰ってきたら、ちょうど「〇〇〇48」がテレビで歌ってた。
(あ・・・これね・・・)

アイドルを否定するつもりはないけれど、何でも素直に受け入れる中学生の時期、アイドルの歌い方っていうのは、こんなにも影響するんですね〜。
いやいや、まいりました〜。。。


昨日は「マーレ」の練習で、日本語の母音の音色を言葉を意識した色にしてみましょう、とやってみたところ、ソプラノさんの声が大人っぽく変身!
例えば同じ「A」の母音でも明るくしたり暗くしたり軽くしたり深くしたり前に出したり奥に引っ込めたりできますよね。
明るい音色のソプラノなので、そのまま「わかれのつらさ」という言葉を歌ってしまうと、あんまり辛そうに聴こえないのです。
それで母音の色を変えもらうよう試みたら、歌の表現がグッと変わりました。
山の景色・表情のように、歌の音のサウンドもまた、いくらでも自然に豊かに奏でていけるのですね。


宇宙人的ヴォイス一色にならないように、豊かな発声を中学生の皆さんには育んでいってもらいたいものです。


さあ、今日はこれから芸文アートライブラリーまで、スコアの確認にいってきます!


posted by ひろこ at 09:30| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

トリプル金&最優秀賞

昨日行われた愛知県ヴォーカルアンサンブルコンテストにおいて、豊田市少年少女合唱団から出場したグレイス、エンジェル、ミックスは、ありがたいことに3チーム揃って金賞を受賞することができました。
みんな、おめでとうぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

またグレイスは、一般同声・混声の部の最優秀賞を合わせて受賞しました。
本当によかったですね。

私は午前中の中学校の部から聴いていましたが、素晴らしい演奏もいくつかあり、中学生のパワーをひしひしと感じておりました。(しらかわホールに埋め尽くされた親御さんのパワーも!)
入れ替わった一般の部のトップバッターだったグレイスですが、第一声の声の響きが中学校の皆さんとは少し違うな、と感じました。
客席がずいぶん空いたせいかとも思いましたが、その後エンジェルが歌い始めた時も同じことを感じました。
あれが倍音マジックなのですね。

豊田がア・カペラを本格的に取り入れ始めて10年以上になります。
当初は、キーボードに音を合わせるのに必死でした。それまで伴奏をつけて歌うのが当たり前だった合唱団には、ア・カペラはとても心細く難しいものなんですよね。
そんなところから、一段ずつ階段を昇るように、先輩の声とハーモニーを聴き育ってきた後輩たちが、徐々に純正律を我が物にしていきました。
だからこういった栄えある受賞は、伝統の賜物でもあるのです。
そのことを、今回出演したメンバーや現役団員のみんなにはわかってもらいたいな。
1年2年でできることじゃないし、自分一人でできるサウンドではないのです。
みんなの第一声のオーラは、先輩達が培った声の響きを継承しているからなのかも知れませんね。

純正律でハモれるという、合唱の一番の宝物をこれからも大切に大切に育てていきたいですね。
そして、コンクールとか、特別なことのためにだけギュッと詰め込んでいくのではなく、日常的にハモりのある生活をしていくこと、純正律の幸せな空気を合唱を通して送り出していくことを大切にしたいと思います。

posted by ひろこ at 04:56| 岐阜 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

今週末はアンコン

こんばんは!
今日はいいお天気でしたね晴れ
我が家のお花たちも元気に咲いています。


HIMG0244.jpg

HIMG0261.jpgHIMG0262.jpg


さて、あわただしく過ぎてゆく4月ですが、早くも今週17日(日)には愛知のアンコンがあります。
会場は今年も三井住友海上しらかわホール。
午前中は中学校の部、午後は一般同声の部、混声の部と続きます。

豊田市少年少女合唱団からは、今年もエンジェル、ミックス、グレイスの3チームが出場。
グレイスは福島に向けてのメンバーから一新、曲も全く別のものでエントリーしています。
エンジェル、ミックス共々、皆がんばっていますので、是非聴きにいらしてください。

<グレイス>の出演は2:45頃
Bardos  Cantemus!(カンテムス!)
        Szello zug(風がうたう)
        Hej,igazitsad!(ダナダナ)

<エンジェル>の出演は3:35頃
水野七星   「尾張・三河のわらべうた」から
        アイウエおはよう
        せっせっせ
間宮芳生   烏かねもん勘三郎

<ミックス>の出演は4:54頃
松下 耕   「混声合唱のためのア・カペラエチュード2」から
        みずのなか
        とう坂みま坂
若松正司編曲 「アカペラによる二つの熊本県民謡」から
        おてもやん


清々しい、いい音のアンサンブルになるといいなかわいい
         

posted by ひろこ at 20:00| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

お花見

IMG_0857.jpg


毎年恒例、さざんかの練習後のお花見ランチ会。
桜は散り始めくらいで、花びらが舞い落ちる姿を眺めながら、皆さんが用意されたご馳走をいただきました。
私は午後の練習があったため、30〜40分しか居られませんでしたが、みんなで輪になってお重を回しっこしていただくランチは最高ですね。幸せなひとときでした。


今年の<さかいさんのおはぎ>も、ほっぺが落ちそうになる絶品でした。

IMG_0855-1.jpg


さざんかは、7月に稲沢で単独演奏会を開きます。
オルバーンの「ミサ6番」や信長貴富「空の名前」など、エネルギーのいる作品に取り組むシニア世代。
がんばっていきましょう!

posted by ひろこ at 08:53| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

Forget me not

お久しぶりです。
新年度、皆様いかがお過ごしですか?
年度初めは働く人もお母さんも学校に通う人も、いろいろ忙しくしておられることでしょうね。
私も子どもたちの新生活と雑用でがんじがらめになっている今日この頃です。

今日は大震災からちょうど1ヶ月。
地震があった2時46分には全国各地で黙祷を捧げられたようですが、私はちょうどその頃、さざんかで信長貴富「空の名前」の通し稽古で<かなしみ>(谷川俊太郎)を演奏中でした。


あの青い空の波の音が聞こえるあたりに
何かとんでもないおとし物を
僕はしてきてしまったらしい


さざんかのメンバーがこの曲のかなしさをいっぱい感じ、心を込めて歌っていて音楽を止められなかった。
そのことがその時与えられた私たちの祈りだったと思います。


長女がタネを蒔いた勿忘草が気丈に冬を越えて、プランターいっぱいに美しく可憐な花をつけました。
この姿を、私の祈りとして。


IMG_0846.jpg



posted by ひろこ at 23:40| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネイチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

お礼

今日、合唱団事務局より先日のチャリティーコンサートでの募金の集計結果の連絡をいただきました。
3日(日)に集まった義援金は202374円で、3月20日の1回目との合計金額は312148円となりました。本日、豊田市社会福祉協議会を経て日本赤十字社の方へ寄付していただけたとのことです。
ご協力いただきました皆様には謹んで御礼申し上げます。
また、現在先日のコンサートの動画を保護者会の方で準備していただいております。近日中にアップできる予定です。


お魚が好きな私は海の放射能汚染が心配でなりません。
お魚さん、ごめんね。
一日も早く、放射能の流出が終息に向かいますように・・・!
posted by ひろこ at 23:52| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

応援する・行動する・自分もがんばる

昨日の産業文化センターでのチャリティーコンサートには、多数ご来場賜りありがとうございました。
前回3月20日に行った時は、まだまだ大震災のショックが冷めやらぬ状態でしたので、演奏する側も聴く側も悲しい気持ちでいっぱいな感じでしたが、今回は少し冷静になり、応援しよう、支えよう、みんなで元気になっていこう、という気持ちが強かったように思いました。
最終公演が終了した2時46分には、お越しくださった方々と共に黙祷を捧げました。
おそらく被災地の方々の大きな大きな衝撃の傷が癒えるまでには長い時間が必要かと思います。同じ時を生きる者として、これからもずっと心を配っていくことを忘れないようにしたいですね。 

合唱団でこういったチャリティーコンサートを行ったことで、ユース世代のとても優しく温かい気持ちを音楽を通して表せたことは本当に良かったです。清らかで美しい歌声に詩が優しくまっすぐ伝わる演奏・・・こんな時だからこそ、アコースティックな美しい歌声に心癒される方も多いのではないでしょうか。
みんなで誰かのために活動するという気持ちは、演奏する若者自身の心も強くしますね。これからも、少しずつでも自分たちにできることをやっていきましょう。

懐かしいOGやOGのご父兄など、合唱団に以前関わられてきた方々にもお越しいただけて、本当にありがたく、また合唱で培われた人と人との温かいつながりというものを強く感じました。
10年前の卒団生は、美大を出た後インテリア関係の会社の営業をしていて忙しい毎日と、とてもハツラツとしていました。この春大学を卒業したOGは、イギリスの大学院に行くことが決まっていると、こちらもキラキラ輝いていました。大学3年次に交歓留学でスウェーデンに行った際にはあちらの合唱団に入って歌っていたと、羨ましい話でした。
毎年たくさんの卒団生を送り出しますが、こうして現役の活動を応援しがてら現況を知らせに来てくれるOGの存在はありがたいですね。
何かを応援するために行動して、自分もがんばる、という図式を感じた1日でもありました。


IMG_0827.jpg

我が家のシデコブシが満開になりました。
この花が終わる頃、この辺りでは桜が見ごろを迎えます。


posted by ひろこ at 23:59| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

明日はチャリティーコンサート(2回目)

明日3日(日)、豊田市産業文化センターにて、豊田市少年少女合唱団ユース団員による2回目のチャリティーコンサートを開催します。
12:30、1:30、2:20 の3回公演です。

3月20日に行った1回目のコンサートの記事が昨日の中日新聞豊田版に掲載されました。

IMG_0834.jpg


皆様の温かいお心を、子供たちの歌声と共に被災地にお届けできれば幸いです。
お時間が許されましたら是非ご来場賜りますよう、お願い申し上げます。

posted by ひろこ at 23:29| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。