2011年03月31日

合唱団修了式

先週26日(土)、豊田市少年少女合唱団の今年度の修了式がありました。
ここ数年、毎年定演で新しいことにチャレンジしてきた合唱団ですが、活動の大きな柱として明るく前向きに真面目に支え続けてきた卒団生のお兄さんお姉さんたちでした。
今年は大勢の卒団生がいて、送り出す側も送られる側も、愛に溢れた1日となりました。
修了パーティーでの1コマを。。。

IMG_0790.jpg

在団生のお姉様たちによる「KARA」のパフォーマンス。
「KARA」も顔負けだね!


IMG_0792.jpg

在団生男子の中高生による男声アンサンブル。
本当に良く声が揃うメンバーです。


IMG_0793.jpg

保護者会長さんが作成された、今年度の思い出映像。
あっという間の1年間でしたが、この1年もいろいろな活動をしてきたな〜と、改めて感じました。
ここまでの準備をしていただけた会長様には心より感謝いたします。
本当に幸せな合唱団ですね。

IMG_0794.JPG

在団生ユースによる合唱。
4月からはみんながリーダーだよ。がんばろうね!

IMG_0796.jpg

今年は卒団生による合唱の披露もありました。
歌で送られ、歌を残す・・・
中には11年間続けてきたメンバーもいます。
合唱活動で培われた声・音楽はもちろん、人間性・社会性を、今後の人生に活かしていってほしいです。
みんな、社会に出たら重宝がられるようなすばらしい卒団生ばかりですよ。


IMG_0801.jpg

卒団生からはこんなサプライズプレゼントが指導者にも贈られました。
レイアウトも文字も文章も美しく・・・
日本の未来は明るいです!


IMG_0799.jpg


4月からは遠方の大学に行ってしまうメンバーもいますが、合唱団で育まれた友情はいつまでも大切にしてくださいね。
そして、団友として来年度もコンクール等で一緒に活動してくれる皆さんは、卒団生気分を味わう間もなく、今週末からコンクール練習もあります♪うふふ。。。
良い刺激を団友・現役相互が与え合うような関係であり続けていきたいですね。



posted by ひろこ at 08:08| 岐阜 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

この100年で

お久しぶりです。
春休みということもあり、落ち着かない1週間でした。
花粉も真っ盛り(−。−;)。今年は特に目がかゆいです。

先週末は次女の小学校の卒業式でした。
午前中1時間半体育館に座っていただけなのに、凍えました。
もっと寒い東北で、こんなところで2週間以上も過ごしたら、誰でも体調崩して当たり前だと思いました。自分なら昼間1日で風邪を引きます。体調崩したのがまだ一部の方、というのは、皆さん気を張ってみえるからなのでしょう。いろいろが整い始めた頃、ホッとされるとそれまでの無理が身体にも表れるかも知れませんね。とにかく一刻も早く、生活の場を良い状態に整えていただきたいです。

娘たち6年生は、担任の先生と最後のHRでみんなボロボロ泣いていました。
自分の小学6年生の時は、卒業式もあっけらかんとしていた記憶がありますが、今の子は身体だけでなく感情の成長もある部分、早まっているようですね。
本当に、子どもたちの成長はあっという間。
一瞬一瞬を目に焼き付けておきたいですね。


話は変わって、原発の問題が深刻な昨今ですが、ふと思い出して開いた写真集をご紹介します。

「百年前の日本 モース・コレクション」(小学館)

1870年代後期から80年代初期にかけて滞日したアメリカの考古学者エドワード・シルベスター・モースが撮影、収集されていた衝撃的な約100年前の日本の風景の写真集です。


IMG_0812.jpg

「洗濯」・・・井戸での共同洗濯場。洗濯ものは1枚ずつ手洗い。


IMG_0811.jpg

「子守り」・・・まだ6〜7歳の子ではないかと思いますが、幼い赤ちゃんをおんぶしています。


IMG_0819.jpg

IMG_0820.jpg

「運搬」・・・村での物資の輸送は、牛や馬に依存した。


写真は大体1880年から1910年の間、明治後半のものです。
たった100年で、こんなに世の中変わってしまったんだよね。この頃の何倍の資源を私たちは使っているのだろう。。。
1900年頃までは人力や牛・馬の力で何もかもやっていたのに、このたった100年で、日本にいくつも原発を作らないといけない世の中になってしまったんですね。

1900年より昔の音楽を私たちは演奏するけれど、戦争や災害もあった中、生き残ってきた音楽の生命力の凄さ。音楽には罪がない。だから永遠のものなのだと思う。

たった100年でこのペースですから、100年後は一体地球はどうなってしまうのだろう、と考えると本当に恐ろしくなります。
現在100歳以上の方は世の中に大勢生きておられます。上の写真はその方たちが生まれた頃の日本なのです。
今生まれる子も100年後、生きている子もいるでしょうね。

人がちゃんと生きていられる地球であってほしい。。。


posted by ひろこ at 00:36| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

祈りを込めて・・・

IMG_0696.jpg


豊田市少年少女合唱団グレイスによるチャリティーロビーコンサート第1日目が無事終了しました。
急遽決まった取り組みでしたが、産業文化センターの皆様のご厚意により、2回とも多くの聴衆に恵まれ、温かいコンサートになりましたこと、本当に感謝いたしております。
義援金の募金の方も、予想以上にご協力いただけました。
自分一人ではできないことが、合唱団の若いエネルギーと音楽と聴いてくださった方のチカラで達成でき、本当にうれしく思います。

被災地から遠く離れたクルマの街豊田からですが、被災された方々への祈りを込めて、グレイスのメンバーは集中して歌いました。
コンサートを聴かれた方々の、被災地への哀悼や励ましの温かいお心を背中でいっぱい感じながら指揮をしました。
まさに一期一会のコンサート。こんな気持ちで歌ったのも指揮をしたのも初めてだったと思います。
犠牲者の方々への哀悼の念、みんなが応援している気持ち、ふるさとが壊滅的な被害にさらされてしまった方たちへ、一日も早く美しいふるさとを取り戻していただけるように、そして今日よりも明日が良い日であることを願い信じて元気になっていただきたい、など、出演者・聴衆共に思いがいっぱい詰まったコンサートでした。
お客さんとメンバーの集中力や、福島への思い、多くが合唱団を卒団する前の最後のコンサート・・・などいろいろ入り混じったのか、最後の「Tomorrow」ではポロポロメンバーが泣き出してしまいました。

できれば、近いうちに動画を載せられるようにがんばってみます。


数多くの危機や苦しみも救い導いてくれる神の恵みがある   
                          ・・・「アメイジング・グレイス」より

神様、どうか宿をお与えください。
さすらうのは、もういやです。
私の元に聖なる天使をお遣わしください。
神様、安らかな夜をお与えください。
                          ・・・「夕べの歌(コダーイ)」より

見上げてごらん夜の星を
僕らのように 名もない星が
ささやかな幸せを 祈ってる
                          ・・・「見上げてごらん夜の星を」より

雨に風に つけても
思いいずる ふるさと
水は清き ふるさと
                          ・・・「ふるさと」より

あした浜辺を さまよえば
昔のことぞ しのばるる
                          ・・・「浜辺の歌」より

たとえば 君が傷ついて くじけそうになった時は
かならず僕がそばにいて 支えてあげるよ その肩を
                          ・・・「Believe」より

涙の数だけ強くなれるよ 
アスファルトに咲く花のように
見るものすべてにおびえないで
明日は来るよ きみのために
                          ・・・「Tomorrow」より


IMG_0715.jpg

被災地のみなさん、
みんなで応援しています。
美しいふるさとが戻るよう、見守っていますから、
どうか、お元気でいてくださいね!!

現地にこの気持ちが届きますように・・・!!



posted by ひろこ at 00:42| 岐阜 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 演奏会・映画などの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

チャリティーコンサートのお知らせ

豊田市少年少女合唱団では、この度の東北・関東大震災救済のための募金活動を兼ねたチャリティーコンサートを行うことになりました。
福島県声楽アンサンブルコンテスト全国大会に出場する予定だった<グレイス>が中心となり、以下の日程で開催します。

3月20日(日) 1回目 12:30〜 2回目 1:30〜  それぞれ25分程度

4月3日(日)12:30〜15:00の間

場所は豊田市産業文化センター正面玄関付近のホワイエにて

今週半ばに急遽決まったコンサートですが、メンバーの被災者を応援する熱い思いが市民の皆さんや東北方面にも伝わるといいなと思います。
演奏曲目は「アメイジング・グレイス」「見上げてごらん夜の星を」「ふるさと」「浜辺の歌」「Tomorrow」他です。
合唱を愛する若者の心の歌が届けられるよう、そして少しでも被災地の方々の助けになるよう、がんばりますので、是非お出かけくださいるんるん




posted by ひろこ at 22:13| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

突然ですが・・・

今日、栄(錦)のカフェ・ボンタインにて、NPO法人 世界の子どもネット主催のこの度の地震被災者救済のためのチャリティーコンサートに出演することになりました。
昨年リリアスの布池協会クリスマスメディテーションでお世話になったハープの木村直子さんと、カッチーニ「アヴェ・マリア」、ヘンデル「涙の流れるままに」など5曲歌います。
コンサートは今日・明日の11時〜17時の間、複数の演奏者の方が交替で演奏されるようです。
私は今日の午後1時ごろから出演の予定です。
栄に行かれる予定がおありの方は、是非お立ち寄りいただき、美味しいコーヒー&音楽と共に募金のご協力をお願いします。

カフェ・ボンタイン
名古屋市中区錦三丁目11番20号
TEL(052)953−5055



posted by ひろこ at 08:21| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

福島県声楽アンサンブルコンテスト全国大会中止

今朝、全日本合唱連盟HP福島県声楽アンサンブルコンテストのHPにおいて、大会中止の旨発表されました。

とても楽しみに準備してきたコンテストでしたので残念ではありますが、大会で力を発揮させる分のエネルギーを、被災された方たちの何かの力になれることを考えていきたいですね。


posted by ひろこ at 23:47| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心よりお見舞い

東北・関東大震災、大変な惨事になってしまいましたね。
恐ろしい津波や広大ながれきの町の映像は何度見ても、ショックです。

4年前に他界した私の従姉妹が宮古に住んでいて、20年ほど前に両親と共に遊びに行ったことがあります。
嫁ぎ先が旅館で、それはそれは珍しく美味しい三陸の海の幸でもてなしてくれました。
透き通る海・・・浄土ヶ浜をはじめ、美しい景色をたくさん見せてもらいました。
港に津波が押し寄せ、瞬く間に町をのみ込んでしまう映像は目も当てられません。

津波から命からがら逃れてきた方たち、泥まみれの海水で濡れて、お風呂に入りたいだろうなぁ。
まだまだ厳しい寒さの東北、温かいお布団の上で寝たいだろうなぁ。
赤ちゃんのオムツやミルクは足りているのかなぁ。
ライフラインも途絶え、余震の恐怖や家族・友人の安否で不安な避難生活をされている方々に、一刻も早く温かい救済の手が差し伸べられますように。


今週末は、福島県声楽アンサンブルコンテスト全国大会に出場するため、3日間福島に行く予定でした。
まだ正式な発表はありませんが、中止もしくは延期は間違いないと思います。
大会のために、大学入試組を含めメンバー一丸となって練習に励んできただけに、皆とても残念そうでしたが、土曜日、日曜日と、時間を追って被災地の実態が明らかになるにつれ、それどころじゃない、今の自分達には何ができるか、と考えるようになりました。

昨日の練習では、大会用に準備していたコダーイの「夕べの歌」がどーんと心に響きました。
戦争で他国の支配下となる家から逃れ、森に追いやられて野宿する夜の心情を歌ったハンガリー民謡です。

神様、良き夜をお与えください・・・


posted by ひろこ at 09:00| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

地震、心配です。

こんばんは。
国内最大規模の地震が起きてしまいました。
東北地方をはじめ、関東方面もかなりの被害があったようです。
皆様、どうかご無事で・・・!

特に福島・宮城・岩手の海岸沿いは、津波の被害が相当なもののようですね。
気仙沼の火災も・・・
情報がまだまだ不十分なようで、被害の全容がわかるのが怖いです。
天の神様、どうか穏やかに!これ以上被害が出ませんように!!

地震当時、私は今池の交差点で車で右折するため止まっていましたが、震度4の名古屋の車内でも気持ち悪く揺れました。
すぐにラジオをかけたら、津波警戒のニュースばかりでした。
寒く乾燥した夜、少しでも温かいものが被災者に支給されますように。


posted by ひろこ at 23:59| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

プチ手作り・リボン

IMG_0672.jpg


リボンを手作りしました。
次女の小学校の卒業式に備えて。
ミシンの調子が悪く、昨夜テレビを見ながらチクチク手縫いしました〜。
製作費は、1メートル580円の布×10センチ=58円exclamation
でも、なかなか品が良い感じでしょう?


IMG_0677.jpg

卒業式当日は学校で胸に赤いコサージュをつけてもらうのが伝統です。
へんてこりんなパソコンお絵かきを楽しんでいた次女も、もう卒業式。
光陰矢のごとし、ですね。


posted by ひろこ at 07:47| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

おかあさんコーラス大会

今年のおかあさんコーラス大会についての予定が発表された。コチラ
改めてこの大会規定を見ると、また思い悩んでしまう。

第8条(賞)
本大会の賞は次のとおりとする。
(1)ひまわり賞
   音楽性、創造性、独自性、楽しさなどを総合的に判断し、優秀団体として出演団体の約
   3分の1に贈る。
(2)おかあさんコーラス賞
   前号以外の優れている賞。

ありゃりゃ・・・リリアスの皆さん、どうします?
宗教曲2曲並べたら、間違いなく「前号以外・・・」になっちゃいますが。。。

支部大会で、三重県のすばらしい音響のホールで歌えるから、というので今年は参加する意向ですが、これを見るとやはり考えてしまいますね。

リリアスは10月の演奏会では歌って踊るステージも一応準備していますが、演奏会と違い、8分の持ち時間の中で、宗教曲の後に歌って踊るのは、気持ちの切り替えや音楽の転換として難しいです。
わらべうたなども次回演奏会には用意していますが、夏・秋に向けて練習をたくさんしたいのは、現在は聖母マリア賛歌なのです。ラテン語の発声を充実させたい。
大会を利用して上達したいと願っているわけなのですが、最初から賞を望まずに参加する覚悟でないとやはり宗教曲で固めることはできませんね。
それでも、いっか・・・?

posted by ひろこ at 08:00| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

記念式典

先週土曜日は豊田市制60周年記念式典にて、豊田市の合併地区の小学校の皆さんと共に、60周年記念映像と並行して合唱を披露させていただきました。
市の関係者はじめ多数の来賓の方々が出席される盛大なセレモニーとあって、朝から緊張感漂う文化会館周辺でした。
一緒に出演した各学校は豊田市内とはいえ、遠くは稲武からバスで1時間以上の距離バス。ゲネプロも当日朝、位置と音響確認だけのあわただしいもので、映像との合わせはぶっつけ本番のような状態でしたが、生徒さんたちの素朴な歌声と豊田の四季折々の美しい自然風景や街中の映像がとてもよく合っていて、いい感じでした。合唱団の演奏した竹内先生作の初披露クラブソングも大きなあたたかい拍手をいただくことができてよかったです。
最後には「ふるさと」を会場の出席者の皆さんで合唱しました。大変恐れ多くも舞台上で指揮をさせていただいた自分でしたが、VIPの皆様も起立され、声高らかに歌われるお姿に心を打たれました。
歌っている瞬間、なんと平和な空気なんだろうと。貴重な経験となりました。
国会でも議員さん全員で合唱してから会議をされたら、円滑に話し合いができるんじゃないかな・・・なーんてね。

午後からは場所を移動してアンコン組の練習と福島グレイスの練習。
やる気になった若者の吸収力は本当にすばらしい。福島グレイスもよく音がまとまってきました。
大学受験中で4月からは関西の大学に進む予定のYくんが、グレイスにハーブキャンディーの差し入れを届けに来てくれました。去年のアンコンで初めて混声で金賞を獲れたのも熱意のあったYくんのような男子リーダー達のお陰です。
YくんやKくんといった、昨年まで男子を引っ張ってきてくれたお兄さんがいなくなり、今年のミックスはどうなるかと心配しましたが、ちゃんと男子魂は受け継がれているようで、なかなかいい音を出せるようになってきました。今年のミックスも楽しみです。
混声は和みますね。


先週末は偶然見ていたBSで「メリー・ポピンズ」や、カーペンターズの特集番組などをやっていて娘とテレビにクギ付けになっていました。
「メリー・ポピンズ」は昨年台本作成のためにDVDを何度も繰り返し見ましたが、あれだけ見てもしばらく間をおいて見ると、とても新鮮な感じがしました。
カーペンターズは亡くなったヴォーカルのエレンとお兄さんのリチャードが、いかに「歌」というものにこだわって生きていたか改めて知ることができました。メロディー・詩・声とも、時代を超えて共感できる「歌」なのですよね。
感動でした。

昨日録画しておいたハンガリーの番組も、実にわかりやすく美しい映像でハンガリーの歴史や各地の名所、特産品などを紹介されていました。
ブダペスト、行ってみたい!
特にカフェに行きたい!(*^^*)
ハラシュレースなどの芸を見ていると、繊細な音楽の美しさと共通するものを感じました。
こういった大切な伝統文化を継承する職人の後継者を国が支援して守っていってほしいものですね。


posted by ひろこ at 23:04| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月06日

春わかめ

IMG_0664.jpg

ご近所の方に今朝、獲りたての生わかめをいただきました。
知多半島の先端、師崎で大潮の昨夜収穫されたそうです。
これをサッと湯がくと、きれいなみどり色に。
プリップリの新鮮わかめのお味は格別美味しいですよ黒ハート
早速わかめサラダを作りました。


IMG_0666.jpg

ヨウ素タップリって感じで、髪の毛やお肌にイイ感じ〜わーい(嬉しい顔)
わかめにくっついてきた小ガニくんもトッピングしちゃいました。
海の中も春を迎えているのですね。


posted by ひろこ at 12:24| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

桃の節句に氷点下

こんばんは!
昨夜は寒かったですね〜。昨朝の多治見の最低気温はマイナス4.6℃がく〜(落胆した顔)
お雛様が凍っちゃいそうです。
昨夜ほどではないけれど、今夜も冷え込んでいますよね。
身体を冷やさないように気をつけないと!

今ハンガリーの作品を練習しているので、ハンガリーのことを少し調べていましたが、複雑な歴史の上にある国なのですね。
明日夜9時から、BSジャパンでハンガリーを紹介する番組をやります。コチラ

ハンガリーは合唱をされる方なら皆さん興味をお持ちのはず。是非ご覧になってみてくださいね!







posted by ひろこ at 01:15| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

早春の候

IMG_0662.jpg


先日、ある合唱団の方からこんな素敵な切手が貼られた封書のお手紙をいただきました。
縦書きの達筆、そして熱い思いの込められた便箋6枚に及ぶお手紙でした。
最近、封書で手書きのお手紙をいただくことが少なくなりましたよね。仕事でもプライベートでも、速く確実ですぐ返事のできるメールで連絡をとることが主流になりつつあります。
でも手紙は、もらうとうれしいなぁ。
心があたたかくなります。

内容には触れませんが、私より年長者のその方の感情の深さを存分に感じるお手紙でした。
年齢を重ねるということは、命への思いもそれだけ深くなり、感情のひだが幾重にも折りたたまれているものなんだな、と感じています。
その心と音楽とが結びついたら、どんなに人を感動させられるものでしょう。

人生を重ねると、それだけ背負うものも多くなる。
歳をとるのは辛いけど、仕方ないことですよね。
声が衰えないように確かな技術を身に着けて、
心の中に蓄積されている様々な感情を音楽として表現できたら、
経験したどんな悲しみも苦しみも、豊かなものとして自分の身体から空気を伝わって音になったら、
自分の抱えるさまざまな感情が、愛しいものになるような気がします。


posted by ひろこ at 01:42| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。