2010年11月30日

クロ、天国へ・・・

今日は晩秋のいいお天気でしたね。

今朝、クロが息をひきとりました。
平成4年7月1日生まれ(推定)のクロ、満18歳5ヶ月ちょうどの生涯。大往生でした。

先週から、なんとなくエサを残しがちだな、と思ってはいましたが、昨日は明け方から1日中ずっと苦しそうに鳴きっぱなしで、夕方のレッスンだけだった私はほぼ1日中クロに付きっ切りでした。
いろいろ調べてみたら、犬の痴呆症で鳴き止まないという症状があるということだったので、高齢だし止むを得ないだろうと思っていました。
エサも一切食べなくなり、今日は病院へ点滴をしにいこうかと思っていましたが・・・

夜中の2時に、長女がクロの様子がなんかヘンだと起こしにきたので玄関に行ってみると、まるで天を仰ぐようにずっと首を持ち上げて上を見上げていました。
本当に天からのお迎えが来ていたんですね。

朝、玄関から部屋の近くの方に身体を移動させて、私たちに挨拶するかのように身体をまっすぐのばして、眠るように亡くなっていました。
起きてきた娘達が二人とも「ねてるんじゃないの?」と同じことを問いかけていました。
これから忙しくなる私達に迷惑をかけないように、日を選んだかのような優しいクロらしい最期でした。


昨夜はクロを元気づけるためにお膝に抱っこして写真を撮ったり娘達といっぱい可愛がってやりました。
これが家族との最後の時間となりました。

IMG_0152.jpg


昨日の昼間。

IMG_0136.jpg

IMG_0131.jpg


火葬するために包んだお布団の中には、いっぱいの庭の花と、首輪とリードを入れてやりました。
それから車に乗せて毎日歩いた散歩のコースを走りました。
18年間、うれしい時、悲しい時、悔しい時、不安な時・・・
いつも私と一緒に走ってくれたクロでした。
本当に、ありがとう。


IMG_0158.jpg

この山のふもとに、とと様がジョギング途中で捨てられていたクロを拾い上げた崖があります。
今日はここにもクロを連れていきました。
生後2〜3日から、私たちが与える哺乳瓶のミルクで育ったクロちゃん。
やっと本当のお母さんに会えるね。
天国でも、元気でね!


IMG_0985.JPG


posted by ひろこ at 22:47| 岐阜 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | クロネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

リーダーがんばる!

IMG_0123.jpg

豊田のリーダーたちによるアンサンブル「グレイス」が、定演PRのため恒例となった街頭ミニコンサートを豊田市駅前で披露しました。
自分達で曲を決めて、練習する自主的な活動がここ数年で定着してきたようです。
合唱団が野外でマイクを使って演奏するのは抵抗があることも多いのですが、グレイスの声はマイク通りもよく、違和感のないイイ感じです。
12月5日(日)12時〜と1時〜 にも披露するようです。がんばって!!

グレイスは、今週末の土曜日にも豊田産業文化センターの中にあるプラネタリウムで、愛知室内コーケストラの弦楽四重奏とともに「星空コンサート」に出演させていただくことになっています。

詳細はこちらから。

がんばるリーダーたちとともにメンバー120人全員が一丸となって定演に臨んでいきましょうるんるん


昨日は帰宅後、近くの日帰り温泉に家族で出かけました。

IMG_0129.jpg

How Beautiful!!
半分紅葉したところにライトアップされて、なんともいえないグラデーション。バックの静かな夜空に映えて風情が漂っていました。
お風呂も露天風呂の景観もステキだし、お食事処やエステ、マッサージ、塩サウナ、床屋さん(女性もOK)などもあり、充実した施設です。
癒されますよ〜 ∬´ー`∬ウフ♪
よかったらお出かけになってみてくださいね♪

天然温泉「三峰」のHP 

posted by ひろこ at 09:43| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

銃や剣の代わりに

銃や剣を他人の心につきつける代わりに
芸術を人の心につきつける


・・・どこかで見聞きしたものを私が手帳に書きとめていた言葉です。
(何からの引用だったか、覚えていないところが老化現象・・・?)(-。−;)

昨日は一日、海を隔ててすぐのところで起きた不安なニュースが流れていましたね。

人や地球の平和を破壊するようなエネルギーや資金があったら、地球温暖化とか、もっと命を救うような大切なところや人々が幸せになる方に向けてもらいたいですよね。


温暖化といえば、クマの出没ですが、
JR東海のさわやかウォーキングも何箇所かコースにクマ出没の危険が生じて中止になりました。
私昨夜、クマに家の前で遭遇する夢を見てしまったんです。
母の話によると、母の実家の叔父宅近く、恵那の岩村町あたりに潜んでいたクマが、瑞浪方面に渡り歩いているというウワサで、そのうちアンタの家の辺にも出るよ、なんて脅かすものですから・・・
今朝、家の前に落ちていたどんぐりを食べに来ないように掃除しちゃいました。
サファリひろこ亭、犬、猫、ツバメ、ゲンジボタル、ヘビ、スズメバチ、アライグマ、そしてついにクマの出現なるか?!!


話は変わって、一昨日(23日)はお昼に布池教会に併設されている文化センター内でのチャリティーコンサートに稲沢さざんか合唱団が出演するため車で布池教会を目指していきましたが、名古屋シティマラソンと時間がちょうどかぶってしまい、東区内で立ち往生 
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
桜通りを徒歩で渡ることも許されず、道を隔ててすぐのところまで来ているのに、まるで天の川のように規制が敷かれていて・・・
そのうちなんとか規制が解除になり、練習に10分遅刻で済みました。
焦った〜〜〜(;^_^A アセアセ・・・

コンサートの後はしらかわホールでのスコリオンさんの演奏会に行きました。
高須道夫先生の下、研鑽をつまれている11名の専門家の方々の合唱は、お一人お一人の技術の高さと声の良さをうかがえるものでした。
声楽家が集まって、あのような美しく調和のとれたアンサンブルができるって、すばらしいですね。
女声コーラスのお手本のような演奏でした。
メンバーの皆さんはとても自分に厳しく練習に励まれているようです。
わかっていらっしゃる方ほど、謙虚にやれるものなんですね。
私も背筋を正される思いがいたしました。ありがとうございました!!


posted by ひろこ at 12:11| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

めずらしいメニュー

IMG_0037.jpg


ウフフ・・・(。≖ิ‿≖ิ)
こんなものが食べられるところが、実は我が家から車で30分のところにあるんですよ。。。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、野外民族博物館リトルワールドの中です。
こんな看板も。

IMG_0044.jpg

IMG_0045.jpg

このほかにも、ワニカレーやダチョウの唐揚げなどのメニューもありました。

ねえ、誰か今度付き合わない〜黒ハート


posted by ひろこ at 21:36| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

あと1ヶ月。

IMG_0103.jpg

豊田市少年少女合唱団第32回定期演奏会まで、約1ヶ月となりました。
は、セリフやナレーションなどの台本と楽譜をつなげて作ったマイスコアです。ミュージカルや構成ステージをやる時にはいつもこうして全ての進行を入れ込んだスコアを、詳細内容がほぼ決定する1ヶ月くらい前に作ります。あんまり早く作ると変更だらけのスコアで見難くなってしまうため。

昨日の志乃舞先生の練習では、森の可愛い動物たちの振り付けの他、キャストの演技もみていただきました。
ダンサーとしてのみならず、OSKトップの舞台女優として訓練を受けられた志乃舞先生です。セリフのない鳩のエサ売りのお婆さんの演技の見本を見せて頂いた時には場の空気をものも言わず変えてしまう先生の演技に皆クギ付けになりました目
プロの表現者の演技を近くで見られるのは、音楽をやる上でとても勉強になります。
志乃舞先生は本当に素晴らしい表現者であり、指導者でいらっしゃいますね。

昨日は舞台監督の井上さんも下見に来られ、ミュージカルの通しリハーサルをしました。今年も大体正味45分、カーテンコールモロモロで1時間弱のステージになりました。
まだまだこれから細部をつめて、つながりのある展開にしていきます。
演奏者は身体から心から音楽・言葉・演技・振付を発信できるまで、練習しないとね。


スコアの中身の一部。台本・構成は、ひろこオリジナルです♪

IMG_0105.jpg


これは睡眠時間を削って作ったコーラス隊のステージオーダー表。
コーラス隊だけで108名。
オーダーは他のパターンもあります。

IMG_0108.jpg


整理券の配布が始まっています。お申し込みは今週中にお願いします。

豊田第32回定演表.jpg


<追記>
志乃舞先生が、ご自身のブログで昨日の練習の様子を書いてくださいました。
コチラです。
なんだかワタシのことを褒めてくださって、くすぐったい感じではありますが・・・(*^.^*)エヘッ
志乃舞先生、ありがとうございます!!
みんなで力を合わせてがんばります手(グー)




posted by ひろこ at 23:35| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

全国大会1日目を聴いてきました。

昨日兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホールでの全日本コンクール全国大会1日目を聴いてきました。
2年前の岡山より大阪に近かったこともあるのでしょうが、お客さんが朝から大勢いらっしゃいました。関西の合唱熱はやっぱり凄いなぁ。

午前中だったこともあってか、大学生の部は音程、声のバラつき、指揮のフォーム・・・など、いろいろちょっとずつ気になることが多かったですね。あのホールはなかなかごまかせない正直な感じでした。
その中でも、愛知県代表の金城学院大学グリークラブは大健闘でした。(結果はコチラ)指揮者の小原先生から溢れ出る音楽の楽しさが伝わってくる演奏でした。声も年々磨きがかかっているみたい。
(豊田は合唱祭の時に同じブロックだったよね。)
同郷の合唱団の歌声を聴くとなんだかホッとします。

一般A部門は、とても聴きごたえがありました。
でも金賞5団体は、やはり全て混声。どこの合唱団も高水準で、特に20代ぐらいの若い方々の新たな活躍がみられました。
やっぱりね、同じ土俵では女声は損ですよ。
包み込まれる平和な安定した感じが、混声にはありますもんね。
その点で、金賞は逃しましたが、会津混声合唱団はとても平和な何かを感じましたね。ウカシェウスキの作品は優しい音でした。
銅賞でしたが、ウィステリアアンサンブルも、14人の少人数ながら少女から大人になる女性のひたむきさや妖艶さを感じました。
「上手い」という結果を出せる演奏と、「何かを感じる」演奏はやっぱり違うんだなぁ。
「上手い」上で、「何かを感じる」ことを楽しむのが理想だな。第六感の世界を共有できるというのか。


いろいろ、いっぱい参考になりました。
中部から出場した一般Aの「合唱団まい」、一般Bの「EST」「岡崎混声」「HIKARI」は全て金賞でした。
中部の代表になるってことは、全国で金賞を獲れるだけの演奏をしないといけないんだという厳しさもわかりました。
あの舞台にA部門で出るならば、単なる寄り添い型の合唱団ではダメで、プロのオケのメンバーのように、個人力のある人たちが寄り添える集団でないとね。


posted by ひろこ at 23:29| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会・映画などの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

アフタヌーンの写真〜その3〜

アフタヌーン写真2.JPG

平日の午後の電文です。
平日のこの時間だから聴きに来られるという方も結構いらっしゃるようです。
アンケートでは、「昨年よりも成長している。また次回を楽しみにしています。」とのお声を多数いただきました。
出演された皆さんには何よりの励みになりますね。ありがたいことです。

さて、後半のステージの様子を。


<女声合唱団「マーレ」>
 鈴木憲夫:女声合唱のための「マザー・テレサ 愛のことば」全曲

アフタヌーンマーレ1.JPG

アフタヌーンマーレ2-1.JPGアフタヌーンマーレ3.JPG


<コール リリアス>
 ア・カペラ ア・ラ・カルト  コチャール:SALVE REGINA 信長貴富編曲:ずいずいずっころばし、てぃんさぐぬ花 ルパン三世 他

アフタヌーンリリアス5.JPG

アフタヌーンリリアス3-1.JPGアフタヌーンリリアス6.JPG

アフタヌーンリリアス7.JPG


<合同演奏>
 W・アンドリーセン:AVE MARIA  信長貴富:天空歌

アフタヌーン写真6.JPG


講師の谷鈴代先生にも入っていただき、記念撮影カメラ

アフタヌーン全体写真.JPG


次回はより美しい声とハーモニーになっていますようにるんるん


アフタヌーン写真5-1.JPG

2010年11月18日

アフタヌーンの写真〜その2〜

各団体のお写真です。まずは前半の3団体。


<稲沢さざんか合唱団>
女声合唱のための山田耕筰作品集「からたちの花」(編曲:増田順平)より からたちの花・曼珠沙華・待ちぼうけ 他

アフタヌーンさざんか3.JPG

アフタヌーンさざんか4.jpgアフタヌーンさざんか5.jpg

アフタヌーン石川先生.JPGアフタヌーンひろこ写真3-1.JPG



<おばたコーラス>
新実徳英:女声合唱とピアノのための「五つのシャンソン」より 潮騒をきく・生きる・金色の実

アフタヌーンおばた1.JPG

アフタヌーンおばた3.jpgアフタヌーンおばた4.jpg

アフタヌーン新田先生.JPGアフタヌーンひろこ写真2.JPG



<女声合唱団 スマイル・ハーモニー>
大田桜子:女声合唱組曲「母の手」より たんぽぽ・いのち・いわし・木のように

アフタヌーンスマイル1.JPG

アフタヌーンスマイル3.jpgアフタヌーンスマイル2.JPG

アフタヌーン柴田先生.JPGアフタヌーンひろこ写真1.JPG

To be continue・・・・・

posted by ひろこ at 02:10| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

アフタヌーンの写真〜その1〜

先月末のアフタヌーンコンサート2010。
カメラマンの竹村さんが、今年も素敵な写真をたくさん撮ってくださいました。
一度にたくさんUPするのは大変なので、今回は毎日少しずつ載せていきますね。

まずは、朝の発声練習の風景。(写真をクリックすると大きくなります。)

アフタヌーン写真3.JPG

アフタヌーン写真4.JPG

アラサー、アラフォー、アラフィフ、アラカン、アラセブ、アラエイ、アラナイexclamation
ここまで幅広い世代の女性が一同に会してコンサートできることも珍しいかもですね〜。

アフタヌーンひろこ写真4−1.jpg

アフタヌーン写真1−1.jpg

朝の立ち上がりはまずまず。
皆さん舞台の上で気持ちがシャキーンぴかぴか(新しい)でしたね!

To be continue・・・
posted by ひろこ at 20:08| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

ジャズ・ミュージカル

昨日は豊田のメリー・ポピンズの振り付けでお世話になっている志乃舞先生が出演されたメリー・アーティスツ・カンパニーの公演ジャズ・ミュージカル「スウィング・ライヴリー」(名古屋市芸術創造センター)に行きました。
ジャズとミュージカルの要素が入ったステージでしたが、聴き馴染みのあるスタンダードなナンバーが多く、親しみやすくかつ本格的なコンサートでした。
C.U.Gジャズオーケストラとの共演で、ゴージャスでライヴ感溢れる音楽と、ジャズナンバーの歌い方を習熟された地元声楽家のコーラスやソロ、そしてこういったエンタテイメントに格別の魅力を発揮なさる志乃舞先生をはじめダンサーの皆さんの息がよく合った演技、とても素晴らしく、まさにプロの舞台でした。
私は今回初めてこのコンサートにうかがいましたが、一般大衆にも受け入れやすいジャズとミュージカルの要素がほどよく入ったコラボでした。下斗米先生のお衣装もとっても素敵でした黒ハート

C.U.Gには、以前にサックスを教わった椿田先生も所属してみえて、センターで吹いていらっしゃいました。世の中狭いですね〜。。。

ジャズもミュージカルも、カッコイイもの。
こういった要素を合唱団の演奏会に取り入れるなら、合唱団もカッコよくならなきゃね!

自然体でカッコよきゃいいけど、日本人は、課題多いぞ〜〜〜。
日常的に、ジャズやミュージカルの様々な曲を聴いたり見たりして、音楽の雰囲気やセンスを一人一人持つことが大事ですね。

志乃舞先生、椿田先生、すばらしい舞台&よい刺激をありがとうございました〜〜〜るんるん

さあ、やるべき課題てんこもりだ〜〜〜(=⌒0⌒=)/♪♪♪


posted by ひろこ at 01:24| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会・映画などの感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

思い出の部屋より〜八神純子

調べ物でネットサーフィンをしていたら、たまたま八神純子さんに関するサイトに入って、懐かしい30年前の記憶が甦ってきました。
中学3年生の時。
中2までお世話になった合唱部の指導者の先生が転勤で不在となり、受験勉強そっちのけで先生に代わって30人ほどの合唱部の指導に明け暮れる毎日でした。(顧問の音楽の先生はいらしたけれど、心臓が悪くてご指導はしていただけなかった)
ド心臓で、NコンやCBCのコンクールに指揮者として出たりもしました。
秋に、合唱部の校内コンサートを企画して(当時は生徒会の役員なんかもやっていた)、コンサートの中では自作のつたないラブソングを弾き語りするなど、やりたい放題・・・^^;
ところが土曜日のコンサートの翌月曜日の朝、教室の前になんだか人だかりが。
なんと、「ナカハラさん、サインくださぁい!」と、見知らぬ後輩たちの長蛇の列・・・
後にも先にもこんなにモテた時期はありませんでした〜。連日、ファンが教室を訪れてくれました。
そのウワサを聴いた音楽の先生が、音響マニアの美術の先生と共に音楽室で曲を録音、校費を使ってレコードにしてくださいました。(そんなこと許されたのか><?!)
そのレコードを放送部の友達が昼の放送でかけたら、リクエストが殺到し、一時期何度も私の声&曲が昼食時間に流れる感じで・・・^^;
スンマセン、週末ひろこのご自慢話でした〜。チャンチャン

本題に戻りますが、その時のクラスメイトの男の子が、「ナカハラ〜これ、やるよ。」といってプレゼントしてくれたのが、八神純子のデビュー・アルバム「思い出は美しすぎて」(もちろんLPです^^;)。
タイトルの「思い出は・・・」は、当時シングルヒットした曲ですが、この中に入っている「思い出の部屋より」は、当時本当にレコードの溝が磨り減るほど聴いた大好きな曲で・・・
多感な15歳の自分に大きな影響を与えた1曲です。
すっかり忘れていて、たまたまネットで見つけて妙に懐かしくなりCD化された音源をゲット。
八神純子さんは、名古屋出身の3000坪の敷地のお屋敷で育った名古屋嬢の元祖とも言える天才シンガーソングライターです。
本当に美声で、歌唱力もすごい!今これだけの世界的に通用する日本人シンガーってなかなかいないですよね。今聴いても鳥肌たちますよ。
「思い出の部屋より」は、PVの映像を想像できるような、切ない切ないバラードですが、なんとYoutubeに画像を作ってUPしてらっしゃる方がみえました。コチラ
秋にピッタリの曲ですね〜。


posted by ひろこ at 08:08| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り曲・CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

止まない雑用

おはようございます!
なんだかね〜。最近、仕事時間以外に仕事に関することでやる雑用がものすごく多いんですよね。
いつもテーブルに1週間以内にやってしまわないといけないことを箇条書きにしているんだけど、1つ終えて消すと次の用件が入ってくる、みたいな感じで・・・
「〜の原稿」「〜の訳詩」「〜さんにメール」「〜さんに楽譜郵送・振込み」「〜の選曲」・・・などなど・・・
今週は13あった用事が、残り6つになりました。
片付けやすいシンプルな用件から処理していくので、週末はどうしても手のかかるもの(何かの原稿など)に集中します。なので、どうしても週末は睡眠不足になりがちです。


猫の手も借りたい・・・なんて思ってたら、今朝、またまたヤツが・・・

IMG_0064.JPG

ホントに助けてくれるなら、置いてやってもいいけどさぁ。。。

posted by ひろこ at 08:05| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 近所のネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

歌う・踊る〜世代の違い

こんばんは!
冷え込んできましたね〜。
うっかり身体を冷やしたら調子崩しますから気をつけないといけませんね。

最近我が家では晩御飯の後、韓国の人気アイドルグループ<少女時代>の「GEE」の振り付けに女3人で挑戦しています。DVDやYouTubeを見ながら、最低でも5〜6回は繰り返して・・・(^^;)。
自分の“少女時代”、ピンクレディーやキャンディーズの振り付けは全曲制覇するくらい、歌って踊ることが大好きだった私ですが、「GEE」はなかなか手ごわい・・・というか、私の脳が老化しているのでしょうが、動きが細かくてなかなか覚えられません(ーー;)。
軽々動く娘たちに必死でついていってる感じです。

「GEE」を思うと、「UFO」はシンプルでわかりやすかったわ〜。
今の若い人たちから見ると、退屈なパフォーマンスなんでしょうが・・・。

合唱をやる人たちの間では、振り付けをつけるのは賛否両論ありますよね。
合唱人の場合は好としないことの方が多いかな。
実際、自分でもきちんとした演奏会などの舞台でやるのは覚悟が要りますもんね。
良きにつけ悪しきにつけ動くことで音の聴こえ方が変わるのは絶対ありますし。。。
特に年齢が上がるほど、舞台上で動くのは抵抗があるようです。
歌われる方だけでなく、聴く側も、年齢の上の方ほど、聴いていて落ち着かないとか振りはない方がいい、という感想を持たれる傾向があるみたい。

ところが、若い世代は歌って踊るのは大好き!という子がとても多いです。
「少女時代」「KARA」「EXILE」・・・と、歌って踊るカッコイイアーティスト全盛ですものね。
少年少女の小学生など、ちょっとした曲にも振り付けをつけたがります。
憧れるっていう気持ちは大事にしてあげたいなぁ。

合唱音楽としてどうとか、実際に演奏会にのせるかどうかは別にして、歌って踊るというのは、脳と身体のどこかの刺激になりますよねぇ。大人でも老化防止のために練習のプログラムに入れてもいいかな〜と・・・(*^^*)
だって、アンチエイジング世代を指導していて、まず衰えてくるのがリズム感ですもの。


明日からみんな「GEE」かな?「UFO」かな・・・?





posted by ひろこ at 20:29| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

粒ぞろい

こんにちは!
昨夜はドラゴンズ、残念でしたね〜・・・
今朝の名古屋人は皆目覚めが悪かったのではないでしょうか。
延長の後の退廃は、ワールドカップのパラグアイとのPK戦の時と同じ感じで、どっかり疲れが押し寄せてくる感じで・・・
特別な中日ファンというわけではないのですが、栄のデパートの垂れ幕が「おめでとう!ドラゴンズ」か「ありがとう!ドラゴンズ」かでは、セールの内容もイロイロ違うでしょうし・・・
う〜〜〜残念!!
それにしても、一昔前と比べると30代の選手が増えましたよね。
トレーニング方法やスポーツ科学の研究が進んでいることもあるかと思いますが、ベテランがよくがんばってみえます。
でも、走塁が・・・なんだかのろのろしてる印象を受けたのは私だけでしょうか?
高校野球の方がその点スピーディーなキレのよい感じがするんだけど・・・。
実際の走るタイムなんかはどうなんでしょうかね?
もちろん、野球も音楽や他分野と同じく奥深いものでしょうから、年齢・キャリアを重ねたらそれなりのものがプレーに反映されるでしょうし、トレーニングでパワーはついてくるのでしょうが。
フィギュアスケートでもそうですが、15・16歳、あるいはもっと若くジュニア時代の軽やかさが、18歳を過ぎると変わってきますよね。華やかさや情感などの表現力が高まる一方、今シーズンの真央ちゃんではありませんがジャンプなどの技術面では苦労し始めます。
瞬発力などスピーディーな運動神経のMAXIMUMの時期と、パワーや芸術性など内面から湧き出てくるもののMAXIMUM期にはかなり時差があるような気がします。
この両者がバチッとうまく身体に兼ね揃えられた時に、スポーツでも音楽でも力を発揮できるのでしょうね。


一昨日、「メリー・ポピンズ」の中にある「Stay away(眠らないで)」という子守唄のアンサンブルメンバーを決めるため、希望者一人ずつにメロディーのあるフレーズを歌ってもらうオーディションを試みました。
すでにキャストになっている高校生以外の、中学生以上のメンバー30人が受けましたが、それはまさに「粒ぞろい」という言葉がぴったりで・・・
決して大きく立派な声ではないけれど、ピッチの取り方や音質が、ソプラノもアルトも誰の声だかわからないぐらい、30人が同じ感じなのです。当然、みんなでユニゾンを歌うとすごく清らか。ハーモニーも何の苦労もなく倍音が鳴ります。
コンクールに出ているユースメンバーの下にあたる妹団員たちですが、着々とハモる歌い手に成長しつつあります。
結局、この日のオーディションではメンバーを絞れず、次回再度アンサンブルをしてもらって決めることになりました。

その時々の美しさが感じられる声の音楽ができるって、本当に楽しく幸せなことですねかわいい

posted by ひろこ at 12:08| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

ゲスト出演

昨日は名古屋市内の中学校合唱コンクールに、ゲストとしてコールリリアスがお招きを受け、演奏を披露させていただきました。
昨年は今尚全国に轟くパワーのある母校の高校音楽部がゲストだったと聴いて、初めこのお話を受けようかどうしようか、かなり悩みました。中学生から見れば、おかあさん世代の20人規模の女声合唱団ですからねー。高校の100人を超える混声合唱と比べたら、生徒さんたちのワクワク度も違うでしょうし・・・

しかしせっかくのお話でしたので、ミニレクチャーを兼ねたMCで、女声合唱のサウンドにも興味を持ってもらおうと、お引き受けすることにしました。

名古屋市内の学校というので、今の私の居住地のような郡部とは違って、大人びているんだろうなぁ、手拍子なんてなかなかやってくれないだろうな、とクールな中学生像を思い浮かべながら挑んだ本番でしたが、意外にも!!
とてもピュアな中学生の皆さんで、1曲目のSpirituals「Let it shine!」から、催促もしていないのにClapが♪
その後、黒人霊歌がヨーロッパの賛美歌とアフリカ独特のビートのある音楽が混ざり合ったものであるその訳、時代背景、奴隷としてアメリカに渡った人たちの過酷な労働からうまれた音楽であることなどを説明しましたが、生徒さんたちはとても熱心に聴いてくださいました。

・・・奴隷船の写真を、以前にアフリカンドラム&パーカッションでお世話になったセネガル出身のアマンさんと奥様がプロジェクターを使って豊田の子どもたちに見せてくださったことがあります。
船室には畳二畳ほどの板の上にぎっしり(5〜6人、頭と足の向きを交互に少しでも多く寝かせられるようにして)寝かせられた、まるでメザシかシシャモのトレーのようなものの4段ベッド(顔のすぐ上に次の段があるような)、奴隷となった人たちは裸で、鎖につながれていて・・・アフリカからアメリカまでの長い船旅の間、食事とか排泄とかはどうしていたんだろう、おそらく疫病などで多くの人は船の中で亡くなったんだろうな、と想像できる、まったく人間扱いされていない搬送の光景に言葉がありませんでした。・・・

その後は賛美歌のもとであるヨーロッパに飛び、「Salve Regina(コチャール)」を演奏。
そしてア・カペラの語源の説明と日本のわらべうたの話のあと、信長貴富「七つの子ども歌」より「ずいずいずっころばし」等3曲。
スキャットの話をして「トルコ行進曲」と「ルパン三世(パフォーマンス付き)」を披露。
最後に生徒さんと保護者や先生方にも加わっていただいて、「手紙」を1番2番で若者と大人に分かれて演奏・・・といった「手紙」以外は全部ア・カペラのプログラムで、40分ほどがあっという間に過ぎました。

生徒さんたちは終始静かに演奏に耳を傾けてくださり、全員合唱もノリノリで歌ってくださいました。
ウィルあいちのホールの音響は当初人数の少ない合唱団にはどうかなと心配しましたが、支障なく演奏できてよかったですね。

いい経験をさせていただき、ありがとうございました!!

posted by ひろこ at 06:51| 岐阜 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

校内合唱コンクールシーズンその2

校内合唱コンクールシーズンたけなわ。
音楽の先生方が最もお忙しい時期でもありますよね。
一昨日は三重県の私立中高一貫校にお伺いしました。
体育館に設けられたステージのバックには「第40回合唱コンクール」の看板が・・・。
校内の合唱コンクールが40年前からあったって、なかなかめずらしいんじゃないでしょうかね。
私の中学時代といえば、かれこれ30年ほど前になりますが、私の通っていた名古屋市立の中学ではそんな行事はありませんでした。
ここ20年くらいはほとんどの中学校で年間行事に組み込まれているようですが、40年前、昭和45年ごろの中学で、そのような行事が行われていたこと自体、進んでたんだな〜と感心せざるを得ません。
現在、その学校の合唱部は中学も高校もコンクールなどで目覚しい活躍をされています。
熱心な指導者が入られ、学校が守り続けてきた伝統を背景に、活発な合唱活動が生徒さんたちの心の支えにもなっているのでしょうね。
明るくのびのびとした生徒の皆さんそのものの歌声でした。

複数の校内合唱コンクールに伺うと、その学校のカラーがよくわかっておもしろいですね。
合唱を聴けば、そこに集う人たちの性質や精神状態・健康状態がわかるというのでしょうか。
音楽は正直です。

先日の中学校との共通点が・・・

「優秀伴奏者賞」は、かみ易い言葉です。
両校の校長先生とも、表彰の際、言いづらそうで苦笑いを・・・(^^)
しかし、その後のリアクションがお二方とも実にすばらしく微笑ましく、生徒さんたちに好かれて信頼されるお人柄であることがよくわかりました。

素敵な先生方が育まれる学校はいい合唱が響きますね。

posted by ひろこ at 09:23| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

美形不法侵入者

ねこ1.JPG


えっと、
これはうちの飼い猫ではありません!
この近所をうろついているニャンコさんです。
とっても美形なんですけど、数ヶ月前から、お風呂場の窓からよく我が家に侵入して、ドキっと洗面所でご対面〜みたいなちょっと図々しいヤツですの。
今朝洗濯物を干すため2階のベランダに行ったらバルコニーの中でニャーニャー泣いておりまして、どうやら外からバルコニーに入ったものの、出られなくなったとみえて、私が窓を開けたらすかさず部屋に入ってくるわ、ベッドの下で超くつろいでひっくりかえり始めるわ・・・・
びっくりして逃げるなどということは全くせず、まことに人懐こいニャンコであります。

なんとか玄関から出て行ってもらおうと1階玄関までご案内したのですが、階段付近にあるクロのエサのニオイが気になってか、このように階段でまたまたくつろぎ始め・・・(⌒▽⌒;)


あのさ、うち、犬飼ってんの。
ちょっとキミを同居させるわけにはいかないんだけどなぁ・・・。


そんな私のつぶやきなど全く気にしていないご様子。
抱っこして門の外に放してやったのにさ、
なんとこんどはクロを口説き落とすつもりらしい。。。


ねこ2.JPG
(写真中央の鉢のうしろで覗いているのがヤツ。)

強かなる不法侵入者。
同居したら、クロちゃん負けちゃいそうだにゃー猫


posted by ひろこ at 14:08| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 近所のネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

校内合唱コンクールシーズン

季節はずれの台風は私の↓の一言が効いたのか、東海地方に影響なく過ぎていきました。
それにしても、猛暑から一変した急な寒さに奄美の豪雨はじめこんな時期の台風に・・・そしてくまさんまで!!
異常気象とそれがもたらす生態系への影響は人間の生活を脅かしはじめていますね。
どんどん加速する世の中への、地球の神様からの警告のような気がします。

さてさて、この時期は校内合唱コンクールのシーズンのようで、この1週間で3つほどお招きを受けています。
一昨日は豊田市内の中学校に伺いました。
とても体育会系の学校のようで、男子の威勢がよく全員が「ウッス!!」と返事などの反応もすばらしくわーい(嬉しい顔)ビックリしました。
発声など、技術的なことはまだまだこれからお若い先生方が築いていかれることでしょうが、生徒さん、特に男子が明るく前向きな学校というのは、いいですね〜。
「手紙」など手拍子のある曲は、聴いている先輩も後輩も、とても楽しそうに盛り上げて手拍子をしていて・・・
ノリのいい学校は、大好きです。一緒に合唱するのも楽しいです。
そういう雰囲気が中学校全体で作れるということがすばらしいことですね。良い教育の方向を向いているのでしょう。
最後の講評でも発声や指揮のことなど、私の話を真剣に聴いてくれました。
ピュアな中学生は本当に魅力的ですね。

さあ、11月もがんばっていきましょう!!


posted by ひろこ at 01:24| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。