2010年05月31日

いのち

IMG_0905-1.jpg


今日も一つ
悲しいことがあった
今日もまた一つ
うれしいことがあった

笑ったり 泣いたり
望んだり あきらめたり
にくんだり 愛したり
・・・・・・・

そしてこれらの一つ一つを
柔らかく包んでくれた
数え切れないほど沢山の
平凡なことがあった


太田桜子さんの女声合唱組曲「母の手」に収められている「いのち」。
テキストは星野富弘さんによるものです。

太田桜子さんは編曲もので演奏させていただく機会が多かったのですが、この作品は合唱団のお母様方がご自分の感性を発揮されるのにふさわしい内容になっています。

練習していて、この詩の中で私がよくわからなかったのが、

いのちが
一番大切だと
思っていたころ
生きるのが苦しかった

いのちより
大切なものがあると
知った日
生きているのが
嬉しかった

・・・いのちより大切なものって??


その後、スマイルのメンバーさんに疑問を投げかけたところ、年長者のヒデさんから、「いのちより大切なものは、笑ったり泣いたり・・・数え切れないほどたくさんの平凡なことですよ。」と。

「え?でも、それって自分の命あってのことですよね?」

そして、その後再びざわざわと様々な意見が飛び交い。。。

この場合の「いのち」は、自分が希望を持っていのちを傾けてきたもののことではないか。

星野さんは大きな絶望と向かい合って生きてこられた方です。

例えば・・・何十年もの人生を賭けて育んできた牛や豚やその施設は、畜産業者の方にとっては「いのち」と同じものでしょう。
その「いのち」があっという間にウィルスで汚染され、全て手放さなくてはならなくなった喪失感は、計り知れぬものでしょう。どれだけ国が生活に困らないようにお金をくれても、お金には代えられない大切なものであるに違いありません。

何をもってその大きな心の穴を埋められるのか、
その救いがこの星野富弘さんの究極の言葉の中に在るのですね。


星野富弘美術館


posted by ひろこ at 09:22| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱〜作品について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

合唱って楽しいぃ!

12440.jpg


すでにご存知の方も多いかと思いますが、合唱団のヴォイストレーナーとして全国各地でご活躍、またコンクールの全国大会上位校にもご指導に行かれていらっしゃいます、坂本かおる先生のご著書です。

全国で、小学生から大人まで、さまざまなケースと向かい合ってこられた坂本先生の、実践的な指導法や、声の嬌声法など、合唱をやる人と指導者には目からウロコものの本です。
特に、付属のDVDで坂本先生がモデル合唱団の方にいろいろなパターンで指導されている様子は大変刺激的で参考になりますよ。

坂本先生は私と同じく大谷研二先生の下で合唱指揮の研鑽を積まれた経歴もおありということもあり、本の内容も、読んでいただければよくお分かりになると思いますが、これまで自分が合唱団でやってきた音楽と方向性が等しく、皆さんにも共感・感動して見ていただけるものだと思います。

その坂本先生から昨日、大変光栄にもこのブログにコメントをいただき・・・!
このような偉大な先生と出会い、交流させていただけること、本当にうれしくありがたく思っています。
コメントにも書きましたが、坂本先生効果は、後輩である私にはユンケルのような効き目があり、ひろこパワーを支えてくださる大きな栄養源となっていきそうです。

すばらしい指導者のわかりやすく親しみやすいお宝のようなご本です。
是非是非、お読みになってみてくださいね!
ご注文は↓のブログから。

坂本かおる先生のブログ




posted by ひろこ at 08:17| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

13番目の月

IMG_0860-1.jpg


こんばんは!
東に浮かぶ13番目の月です。あと2日で満月。
今宵は東の月が空のてっぺんを通った対角線上に光る西の金星と語り合っていました。明日はいいお天気になりそうですね♪

あと2日で本番・・・という時、皆さんなら何をしますか?

本番と一口にいっても、単独の演奏会からコンクール、合唱祭のようなもの・・・といろいろなケースがあるので一概には言えませんが、私は結構2・3日前はしっかり頭を使うことをやるかな・・・ピッチとか、言葉やフレーズの処理とか、細かなことを押さえる練習ですね。
前日や当日にこういうことをたくさんやると、本番前不安になったり、頭が疲れて音程に影響したり、思い切って歌えなかったりしますもんね。2日前なら、まだ前日・当日でコントロールできるので、私の場合2日前の練習は大事。

きっと今夜のお月さんも、満月の本番に向けてエネルギッシュに光を放っているのでしょうね。誰のためでもなく、全てのものに与えられる麗しいエネルギーです。


「Vaga luna,che inargenti」  ♪Vincenzo Bellini

この岸辺やこの花々を
銀色に照らし出し
自然のすべてのものに
愛の言葉を吹き込む優雅な月よ・・・

                      作詩者不明

 
posted by ひろこ at 20:58| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネイチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

守山合唱フェスタ

昨日は守山合唱フェスタがアクロス(守山文化小劇場)にて行われました。
主に守山区内で活動している合唱団の交歓会ですが、今年は新たな合唱団が多数加わり、賑わっていました。
アクロスは、市内各区の文化小劇場の中でも、合唱・アンサンブルに最も適したホールですね。少人数アンサンブルもとても良い音響で楽しめます。
10年くらい前、このホールができた時から開催されているこのフェスタに毎年出させていただいている発足44年目のおばたコーラスです。
これまではおそろいのTシャツやスカーフなど、カジュアルな衣装で舞台に立っていましたが、今年はターコイズブル−のドレスで出演しました。年齢を重ねたグループほど、舞台での衣装はきちんとしていた方がいいですね。衣装は演奏を支えてくれる大きな役割があるなと思いました。
こういった地域の交歓会は一般の方に親しまれるような編曲ものを演奏されるところが多く、おばたもそういうプログラムを組む年もありましたが、今回は新実作品(「五つのシャンソン」から)を演奏。音程に発声に、毎週メンバーの皆さんとのバトルでヘトヘトになっていましたが、よくハモるようになってきたなと思いました。
1曲目の出だしが控えめすぎて音程が??だったのは反省ですね。8分の6拍子は日本人の苦手な拍子でもあります。1拍めから出る歌い始めは、前の456拍でお腹を準備していないとうまく出られません。この次は成功させましょうね。

おばたの演奏が終わり、舞台から客席に降りて次の団体の紹介。
「指揮、菅野浩和」とのアナウンスに、「え、え〜〜〜?!」
ビックリしました〜〜。まさかこんな名古屋の外れで、かの菅野浩和先生が指揮をされるとは・・・!
S女学園大学合唱団のOGで作っておられるルネサンス作品主体のアンサンブルのご指導に名古屋までいらしてみえるようです。今回は菅野先生ご自身の曲の指揮をされました。
休憩時間に、菅野先生にサインをいただきました。とてもダンディーな先生のサインはこんなにカワイイのです♪

IMG_0831.jpg


マイ書棚に並ぶ楽譜

IMG_0835.jpg


今回は他にも「VERY」から抜け出してみえたようなオシャレで美しくセレブな女性の素敵なアンサンブルや、平均年齢70歳前後と思われるレベルの高い男声合唱、総勢80名の中学生の「アイ・ラヴ」など、聴きごたえのある演奏がたくさんあり、刺激になりました。
なんだか守山合唱フェスタ、活気づいてきましたね〜。

posted by ひろこ at 01:01| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

美しい合唱人であるために

昨日は午前中リリアス練習。
先週とは別の曲のアンサンブルテストでした。今回も全てのチームがパート1人ずつのアンサンブルをハモる声で正確なピッチで歌えました。
先週は4声で今週は3声の曲でしたが、やはり声部が少ない方が、アンサンブルとしてはまとまりやすいものですね。合唱にしても同じです。声部の多いものほど緻密に仕上げるのは難しいです。
リリアスは今年は大きな演奏会は開催せず、一人一人力をつける年として活動していますが、その通り、とてもハモりの上手い合唱団になってきました。

コンクールのようなものに出場することも確かに演奏レベルを向上させるには良い場だと思いますが、順位がつくとなると、たいてい自然に闘争心が湧きます。
年齢を重ねた大人がこの状態に陥るのが、正直私はあまり好きじゃありません。そういう気持ちが演奏面に出てしまうことが多いから。
もちろん自分もコンクールに出るし、1位がとれれば嬉しいわけですが、同じようにがんばってきた1位じゃないところには「悔しい」という思いが多少はあって、それが他団への悪評・ひがみのようなものになったりする場合もあります。
以前にコンクール会場のロビーでたまたま一緒に居合わせた女子高生が他の女子高の演奏をボロボロにけなしているのを聞いて、心を痛めました。そういう学校が宗教曲で祈りの歌とかを歌っているわけです。何のために祈りの歌を磨いているの?と問いかけたくなりました。
このことはおかあさん団体でもたまに出くわすことがあり、客席や会場内で、よく聴こえる声で批判されているのを聞くことがあります。確かに中には、人前で演奏するならもうちょっとちゃんと練習してきてよ〜というような演奏もあるので、全く気持ちがわからないわけではないのですが、あまり女性の美しい行為とは言えませんよね。(だから私はコンクール等は一人で聴くことが多いのですが・・・)

海外の聴衆は、私の知る限りでは、好演奏の場合はスタンディングオーベイションなど、祝福の気持ちをはっきり表し、イマイチ演奏の場合はそこそこの拍手、というように、良いところがはっきりアピールされる感じです。厳しいけどわかりやすく、後味の良い聴衆の評価ですよね。

コンクールや大会を否定しているわけでは決してありません。
でもコンクールでなくても、力をつけてレパートリーを増やして聴いてくださる方に喜んでもらえるような演奏を目指していくことが大人の場合十分可能だと思います。
賞暦ばかりに頼らず、自然に人が集まってくるような魅力ある合唱を世に送り出せたら幸せですよね。



posted by ひろこ at 09:55| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

茜色の夕景

IMG_0792.jpg


うっすらと夕靄のかかった茜色の昨日の空。
美しくて、壮大で・・・心が洗われるようです。
明日が明るい日であるように、思わず祈りたくなります。
夕べの祈りは明日への活力源なのかも知れませんね。
そして音楽もまた、このようなものでありますよう。






posted by ひろこ at 00:31| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネイチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

おいなりさんの裏返し・ひろげる・ゆるめる

私の関わる合唱団には50代過ぎて子育てが一段落してからとか、ずっとお仕事をされていて定年過ぎてからコーラスを一から始められる方もいらっしゃいます。皆さん、毎週練習の録音をされて熱心に取り組んでおられます。これも、コーラスの良いところですよね。いくつからでも気持ちさえあれば始められる。そして、経験者の方々もハーモニーで培われた心の柔軟性で大らかに初心者の皆さんを受け入れて・・・共に歌う仲間作りがとてもお上手です。

発声に関しては、経験者でも意外と見落としてしまっているような基本的なことが初心者用のメソッドの中で再確認できたりします。
アルト系で地声が強い方に、おいなりさんの裏返し・・・油揚げをひっくり返して袋の中側のタオルのようなふわふわの方を表にしたもの・・・を想像してもらって、表と裏の声を出してもらったところ、見事、硬い地声からふっくらとした胸声の低音になりました。口腔・鼻腔をあける習慣が日常会話・生活の中ではほとんどありませんから、コーラスに慣れていらっしゃらない方は広げる筋肉を少しずつつけていただきたいですね。


・・・息を吸って肺の容積と身体全体を効果的に使うにはどうするか。・・・息を最大限に取り入れようと思ったら、身体を広げるとともに緊張をゆるめなければならない。・・・自分の胴体を樽のようにイメージして、最初は少しずつ息が入るところを想像する。首の後ろをゆるめて、口と鼻に空間をつくる。音を立てて息を吸ってはいけない。口も鼻もゆるめておく。・・・

                 ルネ・フレミング著:「魂の声 プリマドンナができるまで」より



posted by ひろこ at 08:38| 岐阜 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

いちごシュークリーム

IMG_0791.jpg


愛知の大粒いちご「とちおとめ」を入れてシュークリームを作りました。
今年はいつまでもイチゴが甘くて美味しいですよね♪

九州の方では口蹄疫で大変な被害になっていますね。
私の母方の実家が農家で、私が子供の頃、牛を何頭か飼っていましたが、世話するのは本当に大変なことです。被害に遭われた畜産業者の方々は無念でしょうね。
去年は新型インフルエンザでしたが今年は口蹄疫。
春はウィルスが蔓延しやすい時期なのでしょうか。ちょうど被害が広がり始める前の3月終わり頃は長雨続きでした。そんな気候の影響もあったのかも知れませんね。
宮崎、大好きないい所なのに・・・
早く、平和な状態に戻りますように。


posted by ひろこ at 23:36| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理・グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

外国作品に取り組む意味

おはようございます!
爽やかな5月のお天気が続いていますね。
昨夜は細い2日月が、宵の明星・金星と大接近して仲良く語らっている美しい夜空が見えました。
今晩は三日月と、どのくらいの距離でお話するのか、皆さんも夕方〜夜の空を眺めてみてくださいね。

豊田の合唱団では、今さまざまな曲を練習中ですが、中学生以上の練習では外国作品に取り組んでいます。
今年の全日本の課題曲、Henri Busserの「Salve Regina」もそのうちの1曲です。
合唱団の持つサウンドによく合っている曲で、終止のカデンツでは音の中に天使が舞っているような感じです。週に一度の練習で、その中でこの曲に使える時間は30分程度ですが、練習を始めて7回目にしては、中学生もよく歌っていますよ。

この10年ほど、豊田ではア・カペラの外国作品を毎年のように取り入れています。その効果あってか、発声や、発声を伴うピッチなど、ヨーロピアンな感覚がじわじわと浸透してきているような気がします。

外国作品を子どもたちに楽しんで歌ってもらうためには、歌詞や作品の背景にあるものなど、音符以外の曲の解釈が必要です。もちろん、大人でも同じですが、わけのわからないものを一生懸命練習できませんからね。
まず指導者である私自身が、知らないことを勉強しないといけません。でも、たとえば宗教曲など、それをそのまま資料として子どもに渡してもなかなか理解してもらえないので、噛み砕いて子どもたちにわかりやすいように説明する必要があります。まるでえさを獲ってきた親ツバメが咀嚼してヒナに与えるような感じです。ここが、子どもたちに興味を持って取り組んでもらえるかどうかのカギとなります。

そうまでしてなぜ異文化である外国作品をやるのか、もっとわかりやすく楽しめる、子どもたちの等身大の曲をやったらいいじゃないか、という考えもあるかと思うのですが・・・

よくはわからないけれど美しい音楽、大迫力の音楽、あるいは不思議な音楽、イマジネーションを駆り立てられるような音楽・・・
言葉も作品の背景もわからないのに人の心に残る作品は本物だと思うし、そういった優れた作品に出会い、作り上げていく過程で自分でも気がつかなかった自分自身の中にある声で表現する力が引き出されるんじゃないかな。
だから、外国作品は大人の音楽、ではなく、むしろ成長過程にある若い人たちがまるで外国人と出会うように積極的に取り組んで自分の中の音楽表現の幅を豊かにしたらいいんじゃないでしょうかね。
しかし前述の通り、そのためには仲介役である指導者がかなりがんばらないといけませんね。




posted by ひろこ at 09:00| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱〜作品について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

ハモる声・脱名古屋地声

一昨日のリリアスの練習ではパート一人ずつのアンサンブルテストを行いました。
発足から12年。平均年齢32歳と売り出した子育て真っ最中のおかあさん合唱団でしたが、だんだん平均年齢を謳わない合唱団になりました。^^;
しかし!12年のキャリアはムダにはなっていませんよ。
パート1人ずつのアンサンブルでも、全てのグループがピッチもくるわず、ハモる声でアンサンブルできるのです。ここまでできるお母さんの合唱団も、そんなにないと思います。メンバーの皆さんの努力の賜物ですね♪

しかし、この先気をつけていかないといけない課題も見えてきました。
先日の坂本先生のレッスンで、「名古屋の人は地声が強い」というご指摘がありましたが、外部の方に言われてわかることで私も今まで気がつきませんでした。
確かに、名古屋の人たちの喋り声は地声が強いです。リリアスの中には関東甲信越・関西と、名古屋以外の出身者も何人かいらっしゃるのですが、地元出身者の方が断然地声が強い。語尾を押す名古屋弁のイントネーションがそうさせているのかも知れませんね。

地声が強く頭声とうまく混じらないと硬い音になって、10年後の「オバチャンコーラス」の音色が想像できてしまう私です。^^;
曲がり角のわたしたち。10年後も「女声合唱団」の音色であるために、話し声・話し方に気をつけていく必要があるなと思いました。



posted by ひろこ at 13:19| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 声のアンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロのかなしみ

IMG_0768.jpg


歩くことができなくて、今や玄関が住処のクロ。
「アウ〜」と一声鳴くと、玄関扉のところまで這って行って隅っこに身を寄せてオシッコをしています。
ホントは、歩いていってお外でしたいんだよね・・・
「アウ〜」と鳴く声は、歩いていけない自分へのかなしみの声なんでしょう。
よく、わかってるんだよね。
わかってるから、かなしいんだよね。。。




posted by ひろこ at 01:00| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クロネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

表敬訪問

昨日は豊田市役所にて、合唱団のアンサンブルコンテスト3団体金賞受賞のご報告のため、表敬訪問を行いました。
豊田市少年少女合唱団は市の公的な活動団体であるため、このような席を設けていただくことがあります。
今回の結果報告の後、鈴木市長様から、「受験や就職活動でお忙しいことでしょうが、身体に気をつけて練習に励んでください。」と、メンバーにあたたかいお声をかけていただきました。
その模様が、今日14日(金)の夕方6:30から3回、明日15日(土)午前午後と6回、ひまわりネットワークの「豊田ナウ」の中で放送されます。今朝の中日新聞三河版にも掲載される予定です。


posted by ひろこ at 07:00| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

ミントチョコ

IMG_0754.jpg


ご主人の転勤でシカゴに行っていたリリアスのくまちゃんが、今春帰国して、リリアス復帰されました〜かわいい

おみやげでいただいたFRANGOのミントチョコです。くまちゃんありがと〜♪
これはチョコレート自体にミントの味が入っているもので、ミントのキャンディーにチョコがコーティングしてあるものとは違います。
ミントチョコは苦手な方も多いかと思いますが、私は好きなんですよね〜。
サーティーワンでも、パイナップルナッツの次に好きなのがチョコレートミントのアイスです。
なぜ好きなのか、自分でもわからないけれど、好きなものは好きなんですよ・・・ね黒ハート

シカゴといえば、愛知万博の時にジョイントしたシカゴチルドレンズクワイアーはすごかったなー。
総勢90名の、ド迫力の高校生の混声合唱団で・・・どこがチルドレンやねん?・・・と団をお迎えした時に圧倒されてしまいました。(その時のお写真はコチラに少し掲載されています。)
高校生って言っても、アメリカの高校生はスーパービッグサイズで、背丈も横も私の倍くらいはありそうな雰囲気でしたから。。。
お昼に出したマックのハンバーガーなんか、一口って感じで・・・^^;アメリカ人サイズでないといけなかったのね。。。
歌い始めたら皆ブロードウェイミュージカルの歌い手さんみたいで・・・自信を持って音楽を我が物にしている若者集団でした。
世界には素敵なコーラスがたくさんあるんでしょうね。
また外国の合唱団と交流できるといいなぁ。

さあ、今日はこれから先日のアンコン結果のご報告のため、豊田市役所に出向きます。ケーブルテレビの取材もあるそうです。


posted by ひろこ at 11:35| 岐阜 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

美声の習慣

IMG_0738.jpg


おはようございます!
雨上がりのいいお天気ですね晴れ今日も1日働きますよ〜〜♪

昨日さざんかの練習の始めに、一足早く「Happy Birthday dear ひろこちゃ〜〜ん♪」と、お祝いをしていただきましたかわいい
本当の誕生日はあと2週間先なのですが、月の練習初めにその月のお誕生日のメンバーさんのお祝いをまとめてする慣例で、5月生まれの私も一緒に。
「ひろこちゃ〜〜〜ん」と大勢の素敵なお姉さまに歌ってもらって、母の日でも貰えなかった黄色いカーネーションをいただいて、I’m so Happy!!
ありがとうございました〜〜黒ハート

私の目標は、90歳になってもきれいな声で歌っていられることです。・・・となると、ちょうど後半に折り返したところですね^^;。
先日の坂本先生のレッスンで、歌う声(裏声)で話す、ということをとてもユーモアたっぷりにお話されていましたが、まさに!
スマイルで87歳で歌っていらっしゃる大溝さんは、いまだにソプラノの美声を保っていらっしゃって、話し声も上品で柔らかな裏声です。
「もうあちこちボロボロでねぇ。どうしようもないんですよ。オホホホホ・・・」と、謙虚でかわいらしいお方なのですが、雨ニモマケズ風ニモマケズ、毎週センスのよいファッションでタクシーに乗ってお稽古にいらっしゃいます。
たびたび休憩時間のおやつに、メンバーさんのために美味しいクッキーやケーキ、シュークリームなどの洋菓子を手作りしてきてくださいます。すごいパワーですよね。そしてまたこのお菓子が絶品なのです。
私のおばあちゃんが生きてたら今100歳ぐらいなのですが、田舎のおばあちゃんで、手作りスウィーツはあんころもちとかおはぎでした。その世代からしてみると、大溝さんはとてもハイカラさんなのでしょうね。

どうしたらキレイな声を保っていられるのか、以前に大溝さんにお聞きしたら、1日に何度も紅茶でうがいをされるということでした。
90歳近くまで美声を保っていらっしゃる方にはちゃんとそれなりの習慣があるのですね。ご自分の歌声を宝物としてきちんと喉を養生しておられるのです。スバラシイぴかぴか(新しい)

私が声をキープするために25年くらい続けている習慣は、大学時代の恩師から伝授したものですが、朝、起きた時にピアニッシモでハミングをできるだけ長くのばすことです。
合唱指導で声を乱暴に使ってしまった翌日などはうまく声帯が合わなくてこれができなかったりします。
そんな時はあんぽんたん!と反省して、できるだけサイレントで過ごすようにしています。

植物でも動物でも、長く元気に保つ、ほどよい習慣は大事ですよね。



posted by ひろこ at 09:17| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 声のアンチエイジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

4度目の奇跡

IMG_0709.jpg


GW直前に動けなくなり、介護が必要となったクロですが、ご覧の通り、自分でエサを食べられるまで復活しました!
今回ばかりは絶望的・・・と家族全員覚悟を決めていましたが・・・なんと生命力の強い犬でしょう!
水や食べ物にも無反応というのが2日くらい続いて、今回ばかりは復活はムリだろうと思っていたのに・・・今では朝夕、半生タイプのドッグフードと缶詰のエサを半々にして与えています。これが本当にお気に入りらしくペロリとたいらげてしまいます。

クロは去年の7月、一昨年の9月、3年前の12月と、これまで3回危篤状態に陥りながら復活し、今回は4度目、しかも17歳10ヶ月という高齢犬です。
よくぞここまで元気になったものだとクロを讃えてやりたいです。



posted by ひろこ at 20:10| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | クロネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

あいまい母音

昨日は合唱団のヴォイストレーナーとして全国的に名高い坂本かおる先生による中学生のためのレッスンを名古屋に聴講に行ってきました。
とてもナチュラルで楽しく音楽的な声と雰囲気を、どのような生徒さんを前にしても作られるご指導は、さすが全国で様々なケースと向かい合っておられるだけの名医さんだな、と大変勉強になりました。

午前中、今年のNコン課題曲「アイ・ラヴ」のレッスンで、<family><lover>の英語の発音であいまい母音の箇所を指摘されていました。
丁度前日の豊田の練習で、新しい英語の曲の発音をやり、あいまい母音をしつこくやった翌日でしたので、同じ気持ちで、先生がどう直されるのか興味深く聴いていました。

外国語の面白さは母音の種類の豊かさにも表れていますよね。
「a」でも、はっきり「a」と発音するものもあれば、あいまい母音のように弱くぼかした発音するものがあったり、中間母音や二重母音など、日本語よりも口腔内の奥や前、舌を豊かに使います。
これらを的確に発音できると、良い喉の開きが自然に作られるんじゃないでしょうかね。
外国語の曲をかっこいいと思われるまでの上質のサウンドにするには、発音はおざなりにできませんね。

いろいろ共感させていただくことがいっぱいのレッスンで良いエッセンスを得られた1日でした。
坂本先生はじめ、勉強会を企画されている先生方に感謝です♪


IMG_0707.jpg

一昨日、マイ・ヴィッツは走行距離20万キロを突破!
まだまだ乗りますよ〜車(セダン)



posted by ひろこ at 00:22| 岐阜 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 合唱・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

介護の甲斐あって・・・

IMG_0684.jpg


クロです。
連休中ずっといいお天気に恵まれましたね。
それなのに、この家の人たちは動けないボクに付き合ってGWを過ごしてくれました。
お陰で、今日か明日か、と最期の時を覚悟していた家族の予想外に、生き延びているボクです。
連休初めに買ってもらった「リリーフ」18枚を全て使い切ってしまったので、ママさんは今日ドラッグストアで新しいオムツを買ってきてくれました。
ママさんは、お店で犬用紙オムツというのを発見したらしい。
それは、ちゃんとシッポを出す穴が開いていて、小型犬からLLサイズまで揃っていたんだって。
で、ママさんはそれを買おうと思ったけど、人間様のオムツの倍以上の値段がしたので、ブブ〜〜むかっ(怒り) それはやめて、スーパービッグサイズの子供用のオムツを買ってきたよ(^^;)。
オムツのおしりのところにチョキチョキはさみで切り目を入れて、ボクのシッポを出したんだ。ジャストサイズで、ピッタリフィット!
どう?サマになってる?

IMG_0685.jpg


どうもこの家の人たちは、ボクの介護を遊びのように楽しんでいるらしい(^^;)。。。

あ、そうそう、ボクの弟「める」も元気だよ〜。
エサが美味しくて2週間で来た時の倍の大きさになっちゃったらしいよ・・・(^^;)

IMG_0673.jpg




posted by ひろこ at 16:42| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クロネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大竹しのぶさん

「大竹しのぶ 50歳からの私」という昨夜のNHKのドキュメンタリー番組、ご覧になりましたか?

天才女優の生きた言葉の中に、いっぱいヒントをいただいた気がします。

舞台で、他の役者さんが声を嗄らしてしまうようなシーンでも大竹さんは声が嗄れないというお話は歌にも共通するなと思いました。
・・・みんな、大きな声を出そうとするから嗄れるんでしょ。自分はその台詞の感情で声が自然に出ているから嗄れないんだ・・・っていうの、本当に納得でした。

合唱でも歌でも、歌いすぎるというか、声を「出す」意識が強くなってしまうと余分な力も入るし、外見だけの音楽になっている場合が多かったりします。
歌うということは、その言葉・音楽の本質や意味・感情を捉えて演ずる、ということでもあると思います。中身があっての声こそ、真に訴える力を持つ歌になるんでしょうね。

「こんぺいとう」のお話も、おもしろかったですね〜。。。
才能のある人が好き。でも自分と結婚すると「こんぺいとう」の角がとれて丸くなって、仕事が面白くなくなってしまうから魅力を感じなくなる・・・私が悪いんでしょうね・・・って。
きっと大竹さんの場合、ご自分も「こんぺいとう」でありたいんだと思います。そして、才能ある相手にも「こんぺいとう」であってほしいと願う。。。

大竹しのぶさん、自然体で素敵に輝く50代。
憧れますね。


posted by ひろこ at 08:01| 岐阜 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

まるでボールのような夕日

636-1.jpg


伊勢湾に沈む夕日です。
知多半島豊浜のマルハ前の海岸で撮影しました。
こんな立体的な夕日を見たのは生まれて初めてかもしれない。。。
本当に大きな球体が、宇宙の果物のように見えました。


IMG_0633.jpg



posted by ひろこ at 06:33| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネイチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

何を見つめて・・・

IMG_0565.jpg


爽やかな5月の休日、いかがお過ごしですか?
ギリギリに生きているクロ。何を見つめているんでしょう。
 
私は今年はモロモロの予定を取りやめ、めずらしく家でゆっくり過ごしています。もちろん、長男クロのお世話のためです。
CDを聴いたり、片付けをしたり、楽譜の勉強をしたり・・・
いい休日を過ごしています。こういう時間は大切ですね。クロからの贈り物かな♪


IMG_0567.jpg

寝たきりオムツ生活にもだいぶ慣れてきました。
今でも朝夕と、フランクフルトを2本ずつペロリとたいらげます。
食欲だけは衰えないのが我家の家系・・・?


IMG_0575.jpg

100均でゲットしたこのボトルを口の横から入れて水を飲ませています。
これだとまだたくさんお水が飲めるんだよ。




posted by ひろこ at 10:50| 岐阜 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | クロネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。